【京都産業大学】うつ・不安症モデルマウスにおいて、情動行動と連動する尿中代謝産物を発見 -- マウスの心が尿でわかる --



京都産業大学生命科学研究科 加藤啓子教授と藤田明子研究助教らの研究グループは、うつ・不安症モデルマウスにおいて、尿に排出される代謝産物が情動行動に反映されることを発見した。本研究の成果は、2020年2月21日付で国際学術論文誌『PLOS ONE』に公開された。




 精神疾患に含まれる「うつ・不安症」は、近年世界的に患者が増加し、精神疾患を発症する分子機構の解明は重要な課題となっている。不安行動や恐怖記憶といった情動行動が、生体の最終代謝産物に与える影響は、これまで明らかではなかった。

 京都産業大学生命科学研究科 加藤啓子教授と藤田明子研究助教らの研究グループは、生体の代謝変化を反映し、生体を傷つけずに得られる尿に着目し、様々な化学物質の種類を含む揮発性有機化合物(VOCs)を解析した。その結果、尿中の6種のVOCsの量が、不安の指標である驚愕反応行動と相関のあることが証明された。さらに、情動行動の一つである社会性行動(雄マウスの雌マウスとの出会い)が、尿中に排出する代謝産物である「ファルネセン」というフェロモンの量と連動した。以上により、マウスの情動行動(オスの驚愕反応や社会性行動)が、生体の代謝に影響をおよぼすことを明らかにした。


むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学



[関連リンク]
・本研究の概要および詳細
 https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20200302_400a_news.html
・側頭葉てんかんモデルマウスを用いた、新規の尿中揮発性有機化合物・バイオマーカーを発見(2019.7.25)
 https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20190722_345_release_ira01.html
・京都産業大学生命科学部先端生命化学科 加藤啓子教授
 https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/ls/kato-keiko.html

▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 広報部
住所:〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1411
FAX:075-705-1987
メール:kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
京都産業大学
ホームページ
http://www.kyoto-su.ac.jp/
代表者
大城 光正
上場
所在地
〒603-8555 京都府京都市北区上賀茂本山

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所