立命館アジア太平洋大学(APU) × 仏ビジネススクールNEOMA(ネオマ)、新たなダブルディグリープログラムを2020年度に始動!



立命館アジア太平洋大学(APU)の国際経営学部(APM)は、2019年12月25日(水)に、フランスのNEOMAビジネススクール(NBS)とダブルディグリー・プログラムに関する協定を締結しました。本協定は、APMとして初のダブルディグリー・プログラムとなり、学生へ新たな学習機会を提供できるようになります。NEOMAは、経営学分野の国際認証トリプルクラウン(AACSB、EQUIS、AMBA)を保持し、日本の大学とのダブルディグリー・プログラムの実施は初めてです。





 このプログラムでは、APUとNBS、それぞれの大学に約2年間ずつ正規在籍し、両大学で展開する世界水準の教育カリキュラムで学びます。卒業時には、APUの国際経営学部の学士(経営学)に加えて、NBSの学士(Bachelor of International Business Management)を同時に取得します。
 長期間の留学経験が卒業後の高い評価に繋がるだけでなく、異なる教育システムで学ぶことで、世界に通用する多角的視野と教養、思考力を身に付けることを目指します。
 APUにおける最長の留学期間を誇るこの留学プログラムでは、4年間の大学生活の全てにわたってグローバルな学びを経験することができます。APUの学生には、一定のフランス語学習の機会も担保されており、3言語(日・英・仏)の習得も可能となります。
 第1期生の派遣は、2020年9月にスタートし、対象は2019年9月・2020年4月の入学者となります。1期生の募集は、2020年2月頃を予定しています。
 なお、NBSとの同プログラムでは今回の協定に基づき、本学への学費納入のみでNBSの学位取得が可能であり、NBSへ別途学費納入は不要です。

【ダブルディグリー・プログラムの特徴とメリット】
・4年間で、2つの大学から学位を取得できる
・日本の大学に在籍したまま、海外の大学に正規生として留学することができる
・学費の支払いは、いずれかの大学へのみとなる
・長期で留学するため、留学先の文化や言語を学ぶことができる

【NEOMAビジネススクール(NBS)】
 NBSは、パリから電車で45分のシャンパーニュ地方にキャンパスを構え、既に経営学分野で最も権威ある3つの国際認証(AACSB、AMBA、EQUIS)を取得しており、国際的な評価の高い大学です。100ヶ国以上の学生が集い、フランス外からの外国籍教員が半数以上を占め、6万人以上の卒業生を輩出しているなど、APUとの共通点を多く持っています。

【APUの既存ダブルディグリー・プログラム】
 APUでは現在、セント・エドワーズ大学(米国)、ザルツブルク応用科学大学(オーストリア)、慶熙大学(韓国)とダブルディグリー・プログラムを展開しています。派遣学生は4年間を通じて、APUに対してのみ学費を支払います。単位認定は、各大学の規定に基づき行います。これまで、合計29名がこれらのプログラムに参加し、11名の卒業生を輩出しています。

【ダブルディグリー・プログラムを実施している国内他大学例】
 慶応義塾大学(経済学部・商学部)、早稲田大学、同志社大学(法学部・理工学部)、立命館大学、北海道大学など、多数。国内の国公立私立に関わらず、さまざまな大学で同様のプログラムを実施しています。


▼本件に関する問い合わせ先
学長室(広報)
松本、ジョーンズ、大滝
住所:大分県別府市十文字原1-1
TEL:0977-78-1114
FAX:0977-78-1108
メール:r-apu@apu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
立命館アジア太平洋大学
ホームページ
http://www.apu.ac.jp/
代表者
出口 治明
上場
未上場
所在地
〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所