麻布大学いのちの博物館ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」



いのちの博物館では、博物館ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」を開催いたします。




 麻布大学いのちの博物館では12月14日(土)、ワークショップ「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」を開催します。午後1時から3時まで。参加無料。申し込み締め切りは12月13日(金)まで。先着20人。


 フクロウはネズミを食べることに特化した猛禽類です。麻布大学では八ヶ岳の地元の八ヶ岳自然クラブと共同で、フクロウの食べ物を調べるために、人工巣に残されたネズミの骨を取り出して、ネズミの種類を調べています。イベントでは骨の基礎を学びながら、分析を行います。興味のある人は参加してください。

 参加申込み・お問合せは博物館HP、または同館042-850-2520へご連絡ください。



▼本件に関する問い合わせ先
麻布大学いのちの博物館
TEL:042-850-2520


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
麻布大学
ホームページ
https://www.azabu-u.ac.jp/
代表者
浅利 昌男
上場
未上場
所在地
〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1丁目17-71
連絡先
042-754-7111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所