青山学院大学で「文化とマーケティング研究会『マーケティング学者は文化にどう接近するのか』」を11月22日に開催



文化の秋、青山学院大学総合文化政策学会・2019年度ACL(Aoyama Community Laboratory)研究プロジェクトでは、海外でのクールジャパン関連イベント、観光、文化を競争力としたマーケティング戦略といった視点から、「文化とマーケティング」研究会を2019年11月22日(金)に開催します。マーケティングや消費者行動の研究者が、文化の諸側面にアプローチした研究成果を報告し、文化とマーケティングの新たな地平を切り開く議論を展開します。




現在、世界各地で毎年200程度開催される「クールジャパン」系イベント。それがどのように形成され発展してきたのかを探ることによって、文化イベントのマーケティングの枠組みを考察します。そして、そのイベント会場で実施した来場者調査の結果は、観光分野のインバウンド戦略に大きな示唆をもたらすでしょう。さらに、文化を企業戦略の競争力(カルチャー・コンピタンス)として捉えなおすことにより、マーケティング戦略の新たな視座を提供します。是非ご期待ください。

【開催概要】
 日時:2019年11月22日(金)19:00~21:00 (18:30開場)
 場所:青山学院大学 青山キャンパス 17310教室(17号館3階)
 https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html

【プログラム】
 1. ジャパニーズ・ポップカルチャー・イベントの形成・発展メカニズム
  川又 啓子 青山学院大学 総合文化政策学部 教授
 2. 仏独旅行者のジャパニーズ・ポップカルチャーに対する情報探索行動:日本関連イベントにおける来場者調査の結果から
  中川 正悦郎 成城大学 経済学部 准教授
 3. 文化を競争力とするマーケティング:カルチャー・コンピタンスの競争原理
  三浦 俊彦 中央大学 商学部 教授
 4. カルチャー・コンピタンス・マーケティングにおける消費者行動原理
  田嶋 規雄 拓殖大学 商学部 教授

※報告者のプロフィールについては、添付のフライヤーをご覧ください。

【対象】
 民間企業、官公庁・自治体、研究者、学生、その他観光や文化戦略にご関心のある方

【参加費】
 無料(先着順、事前登録制)

【申込み方法】 
 参加ご希望の方は、以下のURLからお申込ください。 https://bit.ly/2VeLeYj
 ※詳細については、添付のフライヤーをご覧ください。

▼担当教員の川又啓子氏よりコメント
 「マーケティングとは企業の対市場活動であり、商品やサービスを市場に提供する方法である」というのが一般的なマーケティングの捉え方ですが、本研究プロジェクトでは、マーケティング・消費者行動を専門とする研究者が、さまざまな側面から文化にアプローチした研究成果を報告します。秋の夜長に是非ご参加ください。


▼内容に関する問い合わせ先
 青山学院大学 総合文化政策学会 事務局
 Email: sobun.gakkai.lec@gmail.com


▼取材に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL: 03-3409-8159
 URL: https://www.aoyama.ac.jp/companies/interview.html



【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
青山学院大学
ホームページ
http://www.aoyama.ac.jp/
代表者
三木 義一
上場
未上場
所在地
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所