大東文化大学が新タグライン「真ん中に文化がある。」を発表 -- 大学紹介ムービーもホームページで公開開始



大東文化大学(東京都板橋区)はこのたび、創立100周年(2023年)に向けた大学のブランド価値向上の取り組みのひとつとして、新たにタグライン「真ん中に文化がある。」とステートメントを発表した。同大はこれまで募集広報の観点から、さまざまな場面や推し進めていく情報にあわせてキャッチコピーを発表してきたが、全学をあげてのステートメントやタグラインの公表は今回が初めて。あわせてタグラインを表現した新しい大学紹介ムービーを公開開始した。




 大東文化大学は2023年の創立100周年に向け、百周年記念事業準備委員会を設置。同委員会を中心に、創立100周年やその先の2033年以降を見据えたビジョンと広報戦略の構想につなげていく「100周年+10ブランドプロジェクト」を2018年度より進めている。

 このプロジェクトにおいて同大はタグライン「真ん中に文化がある。」とステートメントを策定した。大学としての在り様が問われる時代に「次代に向けてどのような価値を生み、貢献していきたいのか?」を端的に表現し、発信することで、社会からの理解や期待、支援の獲得を目指していく。

■新タグライン
 「真ん中に文化がある。」

■新ステートメント
 真ん中に文化がある。

 大東文化大学は、創立以来、
 漢学をはじめとする様々な文化との出会いを通じて
 社会を豊かにすることを目指してきました。
 伝統的な文化を敬い、新たに生まれる文化を歓迎する。
 多様な価値観を受け入れるこの姿勢は、
 現代社会における協働・共生をかなえる原動力となります。
 その力が活躍できる舞台は、
 地域から日本へ、さらには世界へと広がっていくでしょう。
 文化と向き合って100年。今まで以上に
 地域・領域・時代を超えた多彩な文化が交差し、出会う場へ。
 今日も新しい価値が生まれている。
 その真ん中には、いつも、大東文化大学がいます。

 大東文化大学

■「真ん中に文化がある。」に込めた想い
 大東文化大学はその名前にあるとおり、創立から主に東洋の「文化」を教授・研究することを通じて、その振興を図ると共に、道義の確立や新しい文化の創造を目指してきました。本学が創立の核とした「文化」は、中国古典に言う「文治教化」(学問で人を導く)に通じる広い教養を意味します。
 今日、「文化」には多様な意味が含まれています。社会の発展を意味する「文明開化」、さらに衣食住だけでなく、政治や経済、芸術、科学、道徳など物心両面で進化をとげた「生活様式」としての文化・・・。
 大東文化大学では、学ぶ人それぞれが培ってきた教養としての「文化」を核としながら、地域・領域・時代を超えた多彩な文化と出会うことが「学び」に新しい価値をもたらすと考えています。その「学び」は、さらに広い教養をもたらし、己の価値観を磨き、豊かな人格を育てていくでしょう。それは、変化が激しく、多様な人々と協働・共生していく社会に求められる力とも言えます。

 タグライン「真ん中に文化がある。」は、大東文化大学''ならでは''の「文化」を起点にした「学び」を端的に表現したものです。
 100周年に向けて積極的にその価値を高め、拡げる活動に取り組んでいきます。

◆今回、本学が制定した新タグライン「真ん中に文化がある。」に関連して、大東文化大学の学びを分かりやすく紹介するムービーを公開している。
 映像は「地域・領域・時代」というあらゆる文化の立体的な研究・交流を目指す大学の姿を象徴的に表現したショートムービーと、その学びの魅力と自身の成長を学生自らが語るインタビューで構成。「文化」を学ぶことへの関心、学びたい気持ちを高める内容になっている。

公開アドレス
http://www.daito.ac.jp/class/university/details_28058.html?utm_source=presscenter&utm_medium=press&utm_campaign=pressimage 

▼本件に関する問い合わせ先 
 大東文化大学総合企画室 
 TEL:03-5399-7308
 E-mail:kikaku@ic.daito.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大東文化大学
ホームページ
http://www.daito.ac.jp/
代表者
門脇 廣文
上場
未上場
所在地
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所