ソニー教育財団 第3回「全国幼児教育特別研修会」 参加者募集 講師に東京大学大学院教授 秋田 喜代美氏

ソニー教育財団は、8月24日(土)に開催する、幼児教育の質の向上を目指し、情熱ある保育者が学び合うための研修会への参加者36名を募集します


公益財団法人 ソニー教育財団(東京都、会長 盛田昌夫)は2019年8月24日(土)、ソニー本社(東京都港区)を会場に、全国の保育者を対象とした 「全国幼児教育特別研修会」 を開催します。この研修会は、幼児教育・保育の質の向上を目指し、「幼児期の発達に即した主体的・対話的で深い学びを目指して」をテーマに、全国から熱意ある保育者36名を募集するもので、今回で3回目の開催となります。

昨年度、新たな「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が施⾏され、乳幼児期の心と体の発達、保育環境、保育の内容そのものへの関心が非常に高まっています。当日は、各自の実践や意見を持ち寄り、仲間と共に考え、理解を深める保育者の学び合いの場となるよう、グループ協議や互いの課題を話し合うなど、さまざまな保育者向けプログラムをご用意しています。

講師は、東京大学大学院教授 秋田喜代美氏が務め、特別講演も予定しています。幼児教育・保育へ情熱を持って取り組まれている保育者、保育・教育関係者の皆さまからのご応募をお待ちしております。

=====================
第3回 「全国幼児教育特別研修会」 開催概要
=====================
1. 主題:「科学する心を育てる」
2. 研修テーマ:「幼児期の発達に即した主体的・対話的で深い学びを目指して」
3. 日時:2019年8月24日(土)12:40~16:00
4. 会場:ソニー株式会社 本社  東京都港区港南1-7-1       
 https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/Data/Map/
5. 講師:東京大学大学院教授 秋田 喜代美氏
 特別講演 演題:「『科学する心』が生み出す主体的・対話的で深い学び」
6. 対象:保育者、保育・教育関係者
7. 研修内容:グループ協議、講師による講演
8. 申込方法:ソニー教育財団Webサイトより申込書をダウンロードし、FAXにて送信
 申込書:http://www.sony-ef.or.jp/sef/program/etc/20190824.html
 FAX送信先: 03-3442-1035
9. 参加費:無料
10.申込期限:2019年7月22日(月)  ※定員36名になり次第締め切らせていただきます。

※参加者の一般公募は、8月23日(金)から24日(土)で開催する「全国幼児特別研修会」のうち、上記時間帯のみとなります。あらかじめご了承ください。

ソニーの創業者である井深大は、戦後間もない日本において、科学技術の振興こそが国の発展に繋がると考え、次世代を担う子どもたちへの理科教育に多大な関心を抱いていました。日本初のトランジスタラジオを発売し、会社経営が軌道に乗り始めたのを機に、1959年「ソニー小学校理科教育振興資金」の贈呈を始めました。この事業を継続的に発展させるため、1972年に「財団法人ソニー教育振興財団」を設立しました。その後、子どもたちの感性・創造性・主体性の育成を目指した「ソニー子ども科学教育プログラム」へと発展。50年以上もの間、創造的で先進的な取り組みを行う全国の学校、先生方を支援してきました。一方で、井深大の関心は幼児教育にも広がり、1969年に「財団法人幼児開発協会」を設立しました。幼児期の豊かな感性と創造性の育成を目指し、2002年から幼稚園・保育所・認定こども園を対象にした「ソニー幼児教育支援プログラム」を開始しました。2011年に「公益財団法人 ソニー教育財団」となり、幼児期から中学生までの「科学する心を育てる」こと、「科学が好きな子どもを育てる」ことを柱にした教育助成を行っています。

本件に関するお問合わせ先
公益財団法人ソニー教育財団 東京都品川区北品川4-2-1
Tel:03-3442-1005 Fax:03-3442-1035 
報道関係のお問い合わせに関して:広報 山下
研修会の内容に関して:幼児教育部 高木

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人 ソニー教育財団
ホームページ
https://www.sony-ef.or.jp/
代表者
盛田 昌夫
上場
未上場
所在地
〒140-0001 東京都品川区北品川4-2-1御殿山アネックス2号館
連絡先
03-3442-1005

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所