武蔵野大学はインテージホールディングス、帝国データバンクと産学連携に関する協定を締結しました



2019年4月、武蔵野大学(本部:東京都江東区、学長:西本 照真)は株式会社インテージホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)、株式会社帝国データバンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 信夫)と協定を締結しました。
本協定は、企業データの社会的活用ならびにデータサイエンス分野の人材育成を図ることで、データサイエンスを推進していくことを目的として締結したものです。






【目 的】
 企業データの社会的活用ならびに、データサイエンス分野の人材育成を図ることで、社会から求められているデータサイエンスを推進していくことが目的です。今後期待される連携内容として、教育に係る講義の実施、インターンシップの実施、共同研究の実施などを想定しています。
 協定締結により、それぞれが持つ人的・情報資源・ノウハウとの相乗効果を期待し、人材交流を通じた人材育成や共同研究を進めるとともに、データが生まれる現場に入り込んだ実践的な人材教育を推進し社会の発展に貢献することを目指します。



【締結企業と締結日】
 株式会社インテージホールディングス 2019年4月1日
 株式会社帝国データバンク 2019年4月5日

【株式会社帝国データバンクについて】
 創業:1900年3月
 URL:https://www.tdb.co.jp
 資本金:9,000万円
 売上高:514億円(2018年9月期)
 従業員数:3,300名(調査取材部門として1,700名)
 所在地:107-8680 東京都港区南青山2-5-20
 事業内容:企業信用調査をベースとした与信管理支援・マーケティング支援



【株式会社インテージホールディングスについて】
 創業:1960年3月
 URL:http://www.intageholdings.co.jp/
 資本金:23億7,870万円
 連結売上高:504億円(2018年3月期)
 連結従業員数:2,527人(2018年3月末時点)
 所在地:101-0022 東京都千代田区神田練塀町3番地 インテージ秋葉原ビル
 事業内容:マーケティング支援(消費財・サービス)事業、マーケティング支援(ヘルスケア)事業、ビジネスインテリジェンス事業

<関連リンク>
武蔵野大学データサイエンス学部
 https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/data_science/

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵野大学 企画部 企画・広報課
熊谷・菅原
住所:〒135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
TEL:03-5530-7403
FAX:03-5530-3818
メール:kouhou@musashino-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
武蔵野大学
ホームページ
http://www.musashino-u.ac.jp/
代表者
西本 照真
上場
未上場
所在地
〒135-8181 東京都江東区有明3-3-3

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所