【武蔵大学】『ゼミの武蔵』がリアルにわかる!武蔵ゼミブログ



武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、受験生や一般の方にむけた「ゼミブログ」を2007年度より公開しています。ゼミブログは、「経済学部」「人文学部」「社会学部」の各ゼミについては教員らがそれぞれ執筆し、3つの学部の学生が協働で取り組む「三学部横断ゼミ」については担当職員が投稿しています。各ゼミの活動内容や、学生と教員とのやりとりなど、ゼミのリアルな様子を伝えており、これまでに600本を超える記事を掲載しています(2019年2月現在)。




武蔵ゼミブログの特徴
■学部・学科ごとのゼミの特長を知ることができる!
 ゼミブログの内容は時期や研究テーマによってさまざま。具体的な取り組みをわかりやすく伝えることで新しい分野の研究に興味をもってもらい、武蔵のゼミのイメージを描くことができる内容となっています。


■最近のゼミブログ(2018年度の投稿記事より)

▼経済学部 「3大学で合同ゼミを行いました」 https://goo.gl/UpaZAH
 経済学部の古村ゼミでは、同志社大学の川口ゼミ、大阪大学の佐々木ゼミとの合同ゼミを開催しました。緊張した雰囲気でスタートしますが、だんだんと議論が活発になっていきます。

▼人文学部 「『最後の一文』が気になる」 https://goo.gl/mexDuJ
 ラストが気になる小説、として永井荷風の『名花』をとりあげます。最後の一文の解釈に議論が盛り上がります。

▼社会学部 「新雑誌創刊というハードル」 https://goo.gl/3E82HZ
 学生たちが雑誌の創刊準備号の制作に挑みます。マーケットの変化、お金を払ってまで見てもらえるものは何なのかを考えます。はたして、どのような雑誌が創刊されるのでしょうか。

▼三学部横断ゼミ 「『CSR報告書』ドラフト提出」 https://goo.gl/QeRgz5
 実際の企業のCSR報告書を三学部の学生が協働で作成する、三学部横断ゼミ。厳しい意見をもらいながら、報告書の作成をすすめます。

■ゼミ活動の年間の流れと学生の成長がわかる!
 時期ごとのゼミの活動内容がわかるほか、研究の集大成でもある「ゼミ対抗研究発表大会(経済学部)」、「卒業論文報告会(人文学部)」、「シャカリキフェスティバル(社会学部)」、「最終報告会(三学部横断ゼミ)」へ向けた ''過程''の部分も知ることができます。

▽武蔵大学全学部ゼミブログ  https://www.musashi.ac.jp/blog/

▽大学公式SNSから最新記事をチェック可能!各ブログの更新情報は大学公式SNSでも配信しています。
・Twitter https://twitter.com/musashiuniv
・Facebook https://www.facebook.com/MusashiUniversity/

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報室
西(にし)・齋藤(さいとう)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
武蔵大学
ホームページ
http://www.musashi.ac.jp/
代表者
山嵜 哲哉
上場
未上場
所在地
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1丁目26-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所