武蔵大学のリリース一覧

【武蔵大学】三学部横断型ゼミナール・プロジェクトがオンラインで最終報告会を開催 -- 企業のCSR報告書を作成し、発表 --

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、2020年度前期「学部横断型課題解決プロジェクト」(通称:三学部横断型ゼミナール・プロジェクト)の最終報告会を7月11日(土)に開催いたします。2008年度に正規科目となってから、今年で13年目を迎える2020年度は前期・後期ともに1クラスずつ開...

武蔵大学が、国際教養学部(仮称)を2022年4月に設置構想中

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、2022年4月に国際教養学部(仮称)の設置を構想しています。本学は2022年の武蔵学園創立100周年に向けて、大学の目指す新しいビジョンを「異文化を理解し未来を創造する教養あるグローバル市民の育成」と定め、教育改革を進めています。これまでも、20...

学びをあきらめないで!約3億円の経済的支援、早くも奨学金給付完了しオンライン授業を継続

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、東京都の緊急事態宣言が解除された後も、学生が安全かつ安心して学びを継続できるように、今年度前学期は引き続きオンライン授業の継続を決定しました。先般、学修環境を整えるための支援として、在学生に対し一律5万円のオンライン授業支援特別奨学金を決めました...

【武蔵大学】就活を止めるな!オンライン講座で学生にエール、コロナ禍で変わる企業の採用面接と大学のキャリア支援

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)のキャリア支援センターは、5月14日(木)新4年生を対象としたオンライン講座を開催しました。世界各地で蔓延している新型コロナウイルス感染症の影響を受け、就職活動も変容する中、従来の対面での面接指導からWebでのオンライン指導へと大きく舵を切り、今回オ...

「ムサシテレビ」で学生が映像制作、大学紹介などを高校生や新入生らに向けて配信 -- 武蔵大学

社会実践プロジェクト*の一つ「武蔵テレビプロジェクト」(以下、ムサシテレビ)では、学生が制作した大学紹介などの映像を高校生らに向けて配信する取り組みを行っています。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止によるキャンパス閉鎖の影響により、大学見学に来られない高校生・受験生、また、入学後まだ一...

「武蔵大学オンライン授業支援特別奨学金」として、在学生に一律5万円を給付します

武蔵大学(東京都練馬区/学長山嵜哲哉)は、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、5月11日より実施するオンライン授業の学修環境を整えるための支援として、在学生に対し一律5万円の特別奨学金を給付することを決定いたしました。また、PC等の無償貸与や経済的支援も同時に推し進め、学生が安心して勉学に...

【武蔵大学】12年連続、今回も2作品がACジャパン広告学生賞を受賞!

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、社会実践プロジェクト*の一つ「ACプロジェクト」において学生が制作した作品を「ACジャパン広告学生賞」(主催:公益社団法人ACジャパン)へ毎年応募しています。2019年度は新聞広告部門において「メディア・リテラシー診療所~フィルターバブル編~」が...

学生による武蔵大学の魅力発信Webマガジン「きじキジ」が西武鉄道から逆取材されました

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、2013年より高校生や在学生を対象としたMusashi Web Magazine「きじキジ」を公開しています。武蔵大生によって構成された編集部が企画・編集をし、大学生活やキャンパスのある江古田にまつわるさまざまな情報を、形式にとらわれない自由なス...

【武蔵大学】図書館セミナー「グローバル化する東京 -- 移民からみる都市の姿」

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は3月9日(月)に、第17回武蔵大学図書館セミナーを開催します。「グローバル化する東京―移民からみる都市の姿」と題し、外国籍住民の増加とその実態を手がかりに、東京の都市構造について考えます。講師は人見泰弘 社会学部 准教授です。受講料は無料です。 武...

【武蔵大学】オリンピックの歴史、舞台裏に迫る! -- 第59回土曜講座「オリンピックの進化と素顔」2月22日(土)開催

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、一般および同窓生を対象とした第59回土曜講座を2月22日(土)に開催します。東京オリンピック・パラリンピックの開催まであと半年と迫ってまいりました。そこで今回は、オリンピック・パラリンピックをテーマに「オリンピックの進化と素顔」と題し、講演と対談...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所