第12回「科学する心」を見つけよう フォトコンテスト 12月3日(月)よりインターネット受付開始(ソニー教育財団)

保護者が撮影した子どもたちの気づきや感動の姿の写真 作品募集ー12月3日(月)よりインターネット受付開始

公益財団法人 ソニー教育財団(会長:盛田昌夫)は、第12回「科学する心」を見つけよう フォトコンテストの郵送受付に加え、12月3日(月)よりインターネット受付を開始いたします。

本コンテストは、保護者が撮影した「0歳から6歳以下の子ども」の気づき、感動や探求の姿の写真を募集するもので、今年で12回目を迎えます。何気ない日常や遊びの中で、何かを感じたり、夢中になって繰り返したりする子どもの姿を見つけてみませんか?

昨年度の入選作品はこちらから: http://www.sony-ef.or.jp/sef/contest/gallery/

ソニー教育財団では、子どもたちが幼児期から人や自然、ものとのさまざまな関わりを通して、思いやりの心や豊かな感性、創造性の芽生えを育むことを「”科学する心”を育てる」と表現し、大切に考えています。本コンテストを通じ、「子どもが何に心を動かされているのか」を保護者が見つめることで、子どもとの絆をより深めていただけることを期待しています。

【第12回「科学する心」を見つけよう フォトコンテスト 応募要項】
■募集期間
 2018年7月2日(月)~2019年2月28日(木)※消印有効
■内容 
子どもの「科学する心」が伝わる姿を保護者が撮影した写真とコメント(生活や遊びの中での気づき、感動や探求の場面をご応募ください)
■対象
 被写体:就学前の0歳から6歳以下の子ども(2019年3月末時点)
 撮影者:被写体の保護者、または保護者から許諾を得た親族
■作品規定
 ○子どもの「科学する心」が伝わる写真
 郵送: L版サイズ(裏面に応募者氏名をご記入ください)
 インターネット: JPEG形式、ファイルサイズ10MB以内
 ○写真タイトル(15字以内)
 ○写真コメント(50字以内)― 子どもの「ことば」や写真で伝えたいこと
  ※1家族1応募1作品まで、未発表の作品に限ります。
  ※コラージュや合成等の組写真は不可、複数応募は無効です。
■応募方法 
 郵送:
 指定用紙をホームページよりダウンロードし、写真とともに郵送してください。
 インターネット:
 ホームページに掲載する「応募フォーム」より送信してください。

※詳しくは、ソニー教育財団のホームページをご覧ください。
http://www.sony-ef.or.jp/sef/contest/guide.html

■発表・賞品
 2019年4月下旬 ホームページで発表後、入選者に賞品を発送します。
 ◇科学する心賞(1作品):ソニー製HDデジタルビデオカメラ またはデジタル一眼カメラ
 ◇いきいき賞(7作品程度):ソニー製デジタルスチルカメラ
 ◇きらり賞:アルミ製フォトフレーム

■お問い合わせ・書類送付先
公益財団法人 ソニー教育財団 
「科学する心」を見つけようフォトコンテスト係
〒140-0001東京都品川区北品川4-2-1御殿山アネックス2号館
TEL:03-3442-1005

ソニー創業者である井深 大は、日本の将来の発展を支える子どもたちが科学に関心をもち、科学を好きになるには、小・中学校における理科教育が最も重要であると考えました。会社名をソニーへと変更した翌年の1959年に、学校への支援「ソニー理科教育振興資金」贈呈事業を始めました。一方で、井深大は「人間の能力は“ 環境”によって作られる」との考えから、幼児教育の大切さを訴え、1969年に「財団法人幼児開発協会」を設立。2001年には、2つの財団を統合して「財団法人 ソニー教育財団」となり、幼児教育支援プログラムを開始し、幼稚園・保育所・認定こども園への支援も行っています。2011年に公益財団法人に移行し、現在に至ります。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人 ソニー教育財団
ホームページ
https://www.sony-ef.or.jp/
代表者
盛田 昌夫
上場
未上場
所在地
〒140-0001 東京都品川区北品川4-2-1御殿山アネックス2号館
連絡先
03-3442-1005

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所