ClouderaとHortonworksが合併を発表/次世代データプラットフォームのリーダーが誕生

― 業界初のエンタープライズデータクラウドを提供 ―

本プレスリリースは、10月3日に米国で発表されたプリスリリースの抄訳です。
米国リリース原文: https://jp.hortonworks.com/press-releases/cloudera-hortonworks-announce-merger-create-worlds-leading-next-generation-data-platform-deliver-industrys-first-enterprise-data-cloud/


2018年10月3日、パロアルト、カリフォルニア および サンタクララ、カリフォルニア ― Cloudera, Inc.(NYSE:CLDR)とHortonworks, Inc.(Nasdaq:HDP)は本日、両社間ですべての株式の等価での合併の最終契約を締結したことを発表しました。両社の取締役会により全会一致で承認されたこの取引は、マルチクラウド、オンプレミス、エッジをカバーする世界有数の次世代データプラットフォームプロバイダーを創出します。この合併により、ハイブリッドクラウドのデータ管理の業界標準が確立され、顧客による採用、コミュニティの開発およびパートナーとのエンゲージメントが加速されます。

Clouderaの最高経営責任者(CEO)のトム・ライリー(Tom Reilly)は次のように述べています。「両社のビジネスは非常に補完し合うものであり、戦略的なものです。Hortonworksのエンド・ツー・エンド データ管理への投資とClouderaのデータウェアハウジングおよびマシンラーニングへの投資を合算することにより、業界初のエンタープライズデータクラウドの提供がエッジからAI分野にまで実現されます。このビジョンは、企業の成功を狙ったデジタルトランスフォーメーションの追求における両社のコミットメントを深めます」

「この強力な合併は、当社の株主にとって価値を創造し、顧客、パートナー、従業員、オープンソースコミュニティが、両社の合併によって強化されたオファリング、大規模かつコスト競争力の向上などの利益を得ることを可能にします。」とHortonworksの最高経営責任者(CEO)であるロブ ベアデンは述べています。「両社が一緒になることで、我々はストリーミングやIoT、データ管理、データウェアハウジング、機械学習/AI、ハイブリッド
クラウド市場で成長し、競争力強化を続けることが可能になります。重要なのは、我々は顧客がデータの価値を生かすことができるような、より広範な製品の提供が可能になることです」

合併契約の条件に基づき、Cloudera株主は合併会社の持分の約60%を所有し、Hortonworks株主は約40%を所有します。 Hortonworksの株主は、2018年10月1日までの両社の価格の10日間の平均為替レートに基づき、Hortonworks株式の1株あたりClouderaの普通株式1.305株を取得する予定です。これらの会社の合算株価資産(マーケットバリュー)は、2018年10月2日の終値に基づくと52億ドルとなります。

ハイライト
・業界初のエンタープライズデータクラウドの提供と、大規模でリソースが強化された次世代データプラットフォームリーダーが確立されます。そしてパブリッククラウドの使いやすさと弾力性をデータセンターからエッジ、その間のあらゆる場所に提供します
・優れた統一プラットフォームを作成し、
エッジからAIまでの業界標準を確立し、顧客、パートナー、コミュニティに実質的な利益をもたらします
・IoT、ストリーミング、データウェアハウス、ハイブリッドクラウド、機械学習/ AIの市場開発を促進し、革新を促進します
・Hortonworks DataFlowおよびCloudera Data Science Workbenchを含む相互補完的な製品で市場機会を拡大します
・パブリッククラウドベンダーおよびシステムインテグレータとのパートナーシップを強化します
・大幅な財務的ベネフィットを生み出し、利益率・マージンの改善が期待されます
・約7億2000万ドルの売上高の会社となります
・2,500以上の顧客数を有します
・ARR 100,000ドル以上の顧客が800社以上となります
・ARR 100万ドル以上の顧客が120社以上となります
・1億2,500万ドルを超える年間コスト削減シ
ナジーが期待できます
・2020年における1億5,000万ドル以上のキャッシュフローが期待できます
・5億ドル以上のキャッシュ、負債なしという状況となります

経営陣および取締役会
合併完了後、Clouderaの最高経営責任者(CEO)であるトム ライリー(Tom Reilly)が最高経営責任者(CEO)を務めます。 Hortonworksの最高執行責任者(COO)、スコット ディビッドソン(Scott Davidson)は最高執行責任者(COO)を務めます。Hortonworksのアルン C. マーフィー(Arun C. Murthy)が最高製品責任者(CPO)を務めます。Clouderaの最高財務責任者、ジム フランコーラ(Jim Frankola)は、最高財務責任者(CFO)を務める予定です。Hortonworksの最高経営責任者(CEO)のロブ ベアデン(Rob Bearden)は取締役会に参加する予定です。現在のCloudera理事会メンバーのマーティー コール(Marty Cole)は取締役会会長に就任する予定です。新
会社の取締役会は、当初は9人の取締役で構成されます。ベアデンを含む4名の取締役が、Hortonworksの既存取締役会から構成される予定です。ライリーを含む5名の取締役が、Clouderaの既存の取締役会から構成される予定です。10人目の取締役は、合併後の取締役会によって選出されます。

取締役会の過半数のメンバーは、ニューヨーク証券取引所の基準に基づいて独立的な立場となります。

承認と完了
この合併は、ClouderaおよびHortonworksの株主承認、米国の独占禁止措置およびその他の慣習的な決算条件に基づきます。ClouderaおよびHortonworksの取締役および執行役員ならびに関連会社は、それぞれ、取引に有利な株式を投票することに合意しています。両社は、2019年の第1四半期にこの合併を完了する予定です。


Hortonworks、Powering the Future of Data、HDP、HDFはHortonworks, Inc.と米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。
詳細はwww.hortonworks.comにアクセスしてください。その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の登録商標または商標です。

Hortonworksは、エンタープライズ向けにオープンなデータプラットフォームを開発、販売、サポートする業界をリードするイノベーターです。お客様は流れているデータ(data-in-motion)や蓄積されたデータ(data-at-rest)などのあらゆるデータから、判断・行動のための情報を活用する次世代のデータアプリケーションを開発できます。HortonworksはApache Hadoop、Spark、NiFiのようなオープンソースコミュニティで、イノベーションをもたらしています。1800以上のパートナーと共に、Hortonworksは経験と、トレーニングやサービスを提供し、あらゆる業界のお客様に対してビジネスの変革を支援します。

本件に関するお問合わせ先
ホートンワークスジャパン株式会社
マーケティング 藤嶋
info-jp@hortonworks.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ホートンワークスジャパン株式会社
ホームページ
https://jp.hortonworks.com/
代表者
廣川 裕司
上場
海外市場
所在地
〒100-6162 東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー3階
連絡先
03-6205-3286

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+