ArubaはGartnerのマジック・クアドラントでリーダーとして位置付けられ、 「Critical Capabilities」レポートの6つすべてのユースケースで最高スコアを獲得

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(NYSE: HPE、米国カリフォルニア州サンタクララ、以下「Aruba」)は、Gartnerの有線および無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラントで初めて際立ったリーダーとして位置付けられました。さらに、ベンダー16社の各種ネットワーキング機能を6つのエンタープライズ・ユースケースで評価する同社の「Critical Capabilities」レポートにおいても、Arubaはすべてのユースケースで第1位を獲得し、すべてのユースケースで最高スコアを獲得した初めてのベンダーとなりました。



Gartnerは、このレポートの4回のエディションで初めてすべてのユースケースでArubaをCiscoの上位として評価し、Arubaを有線および無線LANアクセス分野の世界最高のネットワーキング・ベンダーとして位置付けました。レポートによれば、Arubaは市場で最も広範な有線および無線アクセス・レイヤー・ポートフォリオのひとつを備えており、Gartnerは、あらゆるキャンパス配備でArubaを検討することを世界の組織に示しています。

ArubaがGartnerのマジック・クアドラントで市場のリーダーとして位置付けられるのは、以前の無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラントを含めて今回で12回連続*となります。
*Arubaの12年間の位置付けには、HPE (Aruba)としての有線および無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラントでの3年間(2015~2017年)、Aruba Networksとしての同一マジック・クアドラントでの3年間(2012~2014年)と無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラントでの6年間(2006~2011年)が含まれます。

さらに、
  • ArubaのAirWaveとClearPassは、市場で最も包括的なソリューションのひとつであり続けています。
  • ガートナーは、ゲスト・アクセス、デバイス・プロファイリング、ポスチャ・アセスメント、オンボーディングといった多数の機能を提供するArubaのClearPassについてクライアントが高い満足度を報告していることを示しています。
  • Arubaの管理およびサービス・アプリケーション(AirWave、ClearPass、IMC、Meridian)によるALEやCiscoなどHPE以外のデバイスのサポートは、マルチベンダー環境のオーケストレーションを合理化し、重要な強みとして指摘されています
  • NiaraとRasa Networksの買収は、ネットワーク・トラフィックとセキュリティの監視機能の面でArubaを強化します。
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyについて
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyは、全世界のあらゆる規模の企業に次世代ネットワーク・ソリューションを提供する主要プロバイダです。モバイルに精通し、仕事やプライベートのあらゆる場面でクラウドベースのビジネス・アプリを活用する新世代の能力を企業が最大に引き出せるよう支援するITソリューションを提供しています。Arubaについての詳細は、http://www.arubanetworks.com/ja/をご覧ください。また、Airheads Social(http://community.arubanetworks.com)では、モビリティとAruba製品に関する最新の技術的討論を覧いただけます。

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
日本ヒューレット・パッカード株式会社 マーケティング 宮川、杉江
Email:aruba.marketing@hpe.com

広報代行 株式会社プラップジャパン 谷本、石谷
Email:aruba_pr@ml.prap.co.jp
TEL: 03-4570-3191

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ホームページ
http://www.arubanetworks.co.jp/
代表者
吉田 仁志
資本金
1,000 万円
上場
未上場
所在地
〒136-8711 東京都江東区大島2-2-1
連絡先
03-5749-8372

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所