大分の立命館アジア太平洋大学(APU)で、第15回アジア太平洋カンファレンスを開催 -- 海外20カ国以上の機関から過去最多の330名を超える発表者が来学



本カンファレンスは、教員と学生の半数が外国籍、日英二言語教育を実践するAPUらしく国際的なもので、国内大学主催の英語で実施される社会科学系の学術会議としても最大規模です。今年度のテーマは、「変わりゆくローカルな地平をのぞむグローバルな眺望」。成長を続けるアジア太平洋地域で起こる様々な問題をグローバルな視点で捉え、持続可能な未来のために知識を終結し、考え、提言を行う場とすることを目的としています。




 本カンファレンスは、立命館アジア太平洋研究センター(RCAPS)主催で2003年から始まりました。
 今年は、60の分科会(研究者発表47、学生発表13)とラウンドテーブル(意見交換)を予定し、20カ国以上の機関から、過去最多の330名を超える発表者を見込んでいます。参加者の所属も、国内は東京大学、九州大学、海外はフィリピン大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、シンガポール国立大学など80を超える大学などからです。60の分科会のうち、日本語で行われるものは6、日英混合で行われるものは2、その他52は英語での実施となります。

 発表内容は、教育、国際関係、観光、言語教育、国際ビジネス、アジア太平洋学など幅広いため、教育関係者だけでなくこれらのテーマにご関心のある一般の皆様にもご参加いただけます。

日 時: 2017年11月11日(土) 9:30 - 20:00、 12日(日) 9:30 - 15:45
場 所: 立命館アジア太平洋大学 
  H202教室(H棟2階) 開会式、基調講演、閉会式
  D201 - D214教室(D棟2階) 分科会
   ※入退場自由
言 語: 英語 (一部日本語分科会を開催) ※同時通訳無
対 象: 学生、研究者、一般の方
参加費: 聴講は無料
  ただし、レセプション(夕食)にご参加の場合、3,000円のお支払が必要となります。
事前申込: 聴講・レセプションともに、以下のサイトより事前に参加申込をしてください。

 スケジュールなどの詳細は、 http://www.apu.ac.jp/rcaps/page/content0113.html をご覧ください。


【基調講演】 
講演者: 立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部 水谷章教授(前特命全権大使 モザンビーク国駐箚)
日 時: 11月11日(土)【1日目】 9:45 - 10:45
場 所: 立命館アジア太平洋大学 H202教室
言 語: 英語

テーマ: 歴史と心情から見た「グローバリゼーション」と「ローカリゼーション」
「グローバリゼーション」は明確な定義なく使われることが多い言葉だが、その内容が世界的な潮流であることは広く認知されてきている。しかし人間は未知のものに対して恐怖を抱く。それは、未知なる未来への恐怖である。そのためしばしば我々はこうした潮流とそれにより生ずる諸現象への反作用も経験する。それら反作用は時に「保護主義」、あるいは「地方中心主義」と称される。果たしてそれらを二者択一の関係にあると捉えるべきなのだろうか?歴史的反省も踏まえて留意点が整理されるべきであろう。

【お薦めの分科会】
11月11日【1日目】
・Japanese studies: Challenges and opportunities(和訳:日本研究-挑戦と機会)実施言語:英語
・グローバル社会をめぐる文理の対話 日本語
・Security in East Asia (I)(東アジアの安全保障) 英語
・東アジアにおける陸上交通路研究の展望 日本語
・Educational and cultural diversity(教育と文化的多様性)英語
・New directions in business and finance(ビジネスと経済の新たな動向)英語

11月12日【2日目】
・Contributions from the Pacific Island countries to the era of the Asia Pacific(太平洋島嶼国からのアジア太平洋時代への貢献)英語
・Tourism from experience to industry(体験型の観光から産業型の観光まで)英語
・Multicultural learning in the Center for Language Education(言語教育センターにおける多文化の学び)日英混合

※その他の分科会については、添付をご覧ください。
HP( http://www.apu.ac.jp/rcaps/page/content0113.html )にも掲載しています。


▼本件に関するお問い合わせ
 立命館アジア太平洋大学 リサーチ・オフィス RCAPS事務局
 Email: apconf@apu.ac.jp

▼取材のお申込み
 立命館アジア太平洋大学 学長室(広報)
 担当:加藤、宮腰
 Tel: 0977-78-1114 
 携帯: 090-5473-3803
 Email: r-apu@apu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
立命館アジア太平洋大学
ホームページ
http://www.apu.ac.jp/
代表者
是永 駿
上場
所在地
〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+