コンパクトタイプのポット型浄水器《クリンスイ CP012》、1月22日より新発売

  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ

より持ちやすく、給水・注水しやすく進化! 高い浄水能力や収納性など人気ポイントはそのままに、お客様からの要望を反映

 三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁)のグループ会社である、浄水器、医療用水処理装置の販売を行う三菱レイヨン・クリンスイ株式会社(本社:東京都中央区、社長:池田宏樹 以下、当社)は、コンパクトタイプのポット型浄水器の新製品として、蓋を外さずにラクラク給水・注水がしやすく、取っ手がなくとも持ちやすいデザインを採用した《クリンスイ※1CP012》を1月22日(木)より全国にて新発売します。

 ≪クリンスイ CP012≫は、単身者や核家族世帯を中心に好評いただいているコンパクトタイプのポット型浄水器≪クリンスイ CP002≫の高い浄水能力や収納性はそのままに、より給水・注水をしやすく、また持ちやすさを改良、進化させた製品です。

 これまで当社小容量のポット型浄水器に対しては高い評価と共に、「給水時の蓋の取り外しの手間」、「蓋やリザーバータンクの取り付け方向の分かりやすさ」、「本体の持ちやすさ」についてさらなる改良を求める声をいただいています。
こうした要望を受け、よりお客様が使いやすいポット型浄水器をテーマに新製品を開発しました。改良点として蓋には注水フラップを採用、蓋の取り外しをせずに給水・注水ができるようになりました。また本体の洗浄やカートリッジ交換の際に1度取り外した蓋やリザーバータンクを取り付ける際、取り付け方向が正しい場合にのみ閉まる形状に改良しています。さらに持ち手のグリップ部分の溝を深くし、軽量化することで、女性でも持ちやすいデザインとなっています。

 一方で、クリンスイ最大の特長である、独自の中空糸膜技術により赤サビや雑菌など家庭用品品質表示法対象13物質の除去ができる、業界トップクラス※2の浄水能力や冷蔵庫のドアポケットに納まるコンパクトさといった特長はそのままに、家庭だけでなく、オフィスシーンでの活用にも便利な製品となっております。

 当社では、今後も使用シーンやお客様のニーズに合わせたポット型浄水器の開発に努めるとともに、安心して利用できる水の提供を通じて、豊かな生活の創造に貢献してまいります。

※1 「Cleansui」及び「クリンスイ」は、三菱レイヨン株式会社の登録商標です。
※2 2015年1月現在 家庭用品品質表示法に定められた13物質に限る

■《クリンスイ CP012》製品特長
(1)「注水フラップ」採用で、フタを外さずにラクラク給水・注水が可能
(2)カートリッジの交換時期がわかるカレンダーダイヤル
(3)冷蔵庫のドアポケットに入るコンパクトボディ
(4)持ちやすく改良した、スマートなスクエアデザイン
(5)使いやすい、三角形の注ぎ口
(6)従来モデルより約12%軽量化したクリンスイ最軽量モデル
(7)クリンスイ独自の中空糸膜フィルターでしっかり浄水・除菌を実現

■《クリンスイ CP012》製品概要
1.製品名、浄水部容量、希望小売価格
《クリンスイ CP012》 浄水部容量:0.9リットル: オープン価格
※共にカートリッジ1個付

・交換用カートリッジ
《CPC5W-NW》(2個入):オープン価格
※取換え時期の目安は3ヶ月(1日2リットル使用の場合)

1.販売展開
<販売開始時期>2015年1月22日(木)
<販売ルート>全国のスーパー、カメラ・家電量販店、ホームセンター、当社ホームページ(http://www.cleansui.jp/)など
<販売計画>初年度7万台

浄水器/医療用具の販売を中心に高機能水処理技術・製品関連市場で事業を展開しています。1984年に世界初の中空糸膜使用の家庭用浄水器として発売以来、市場拡大を続ける「クリンスイ」を中心に、拡大・多様化する浄水器および高機能水処理技術・製品関連市場におけるグローバルブランドの地位を確立していきます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三菱ケミカル・クリンスイ
ホームページ
http://cleansui.jp
代表者
木下 博之
資本金
15,000 万円
上場
未上場
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー10階
連絡先
03-6633-9000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所