大阪工業大学のリリース一覧

<3年連続>難関の弁理士試験に学部3年生が最年少で現役合格 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)知的財産学部3年の西村茉友さんが今年度の弁理士試験に全国最年少(20歳)で合格。本学では、3年連続で現役学生・最年少の合格者を輩出した。  知的財産学部では弁理士試験受験希望者への年間を通じた学習指導などのさまざまな支援体制強化策に2015年から取り組んで...

「第11回 お母さんのものづくり道場」を開催 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)ものづくりセンターは11月9日、技術立国日本の社会的課題である理科離れを防止するため、子供への影響力が大きいとされるお母さんを対象とした「第11回 お母さんのものづくり道場」を大宮キャンパスで開催する。  本イベントは、お母さんに''ものづくり''の楽しさ...

イノベーションデイズ2019「智と技術の見本市」を開催 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)は9月13日、梅田キャンパスで、工学部・ロボティクス&デザイン工学部・情報科学部・知的財産学部の全学科200件を超える研究・技術シーズを一挙に公開する大阪工業大学イノベーションデイズ2019「智と技術の見本市」を開催する。  本イベントは、本学の技術シーズ...

小学生に贈る''新しい学びの体験イベント''「第2回OITサマーキッズカレッジ」を開催 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)は8月24日、梅田キャンパスで小学生を対象に「第2回 OITサマーキッズカレッジ」(連携協力:大阪市北区)を開催する。今回は事前予約プログラム、自由参加プログラムの全26プログラムを用意。教員や学生が子供たちの豊かな発想を形にするサポートを行い、地域社会への貢献に...

データサイエンスを使ったアイデアソン・ハッカソン「Hirathon」で地域課題解決 8月7日にキックオフ -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)情報科学部と枚方市役所、北大阪商工会議所は8月7日にAIデータサイエンス的アプローチによる産官学の地域課題解決プロジェクト「Hirathon(ヒラソン)」(協賛:ソフトバンク株式会社)のキックオフミーティングを開催する。  本プロジェクトは、健康、人材不足...

国内最多クラス全96プログラム 子供科学体験イベント「工作・実験フェア2019」を開催 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)は8月10日、大宮キャンパスで小学生を対象とした「工作・実験フェア2019」を開催する。11回目の開催となる今回は同種イベントでは国内最多クラスの全96のプログラムを用意。参加費はすべて無料。毎年、事前予約が必要なプログラムの募集人数を大きく上回る申し込みがあり、...

導電性高分子P3HTの新たな能力を発見 光を当てると発熱する塗料へ応用 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)工学部応用化学科の藤井秀司教授、平井智康准教授らのグループが、太陽電池やトランジスタなどの材料として広く使われている導電性高分子であるポリ3-ヘキシルオフェン(P3HT)が光を熱に変換する新たな能力を持つことを発見した。P3HTが有機溶剤に溶けることから塗料として...

情報科学部とロボティクス&デザイン工学部が学部の特色を生かしたプログラミングワークショップを開催 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)情報科学部とロボティクス&デザイン工学部が、小中高生の論理的思考力や課題解決能力の育成を目的に、梅田キャンパスで各学部の特色を生かしたプログラミングワークショップを開催した。  情報科学部では、小学3年生以上を対象とした「ブロックで体験するプログラミング教...

大阪工業大学生が奈良県川上村のPRに協力 若者の感性を生かしたウェブコンテンツを制作

大阪工業大学(大阪市旭区)情報科学部情報メディア学科の3年生がPBL授業(課題解決型学習)の一環で、奈良県川上村の地域観光資源をPRするウェブコンテンツ計93作品を制作。同村から優秀作品として選出された作品は、同村の公式ホームページで公開され、PRコンテンツとして活用される。  こ...

大阪工業大学×コカ・コーラ ボトラーズジャパン 学生デザイン自動販売機を梅田キャンパスに設置

大阪工業大学(大阪市旭区)空間デザイン学科3年の青木優里香さんがラッピングデザインしたコカ・コーラ ボトラーズジャパンの自動販売機が本学梅田キャンパスOIT梅田タワー1階ギャラリーに設置され、12月7日にその除幕式を行った。同社が学生デザインのラッピング自動販売機を設置するのは関西では初。...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所