千葉商科大学のリリース一覧

千葉商科大学「自然エネルギー100%大学」をめざす取り組み 環境目標2「電気+ガス」は2024年度達成に向け再挑戦!

本学(所在地:市川市国府台/学長:原科幸彦)は、2017年11月より電気とガスを含めたキャンパスの総エネルギー消費量に相当する再生可能エネルギーの発電により、「自然エネルギー100%大学」をめざす取り組みを進めてきた。 環境目標1「電気、すなわち消費電力に関する100%(RE100大学)」...

千葉商科大学オープンキャンパス特別プログラム 保護者と共に「未来に向け、何をすべきか」を考える(7/21(日)・28(日))

千葉商科大学(所在地:市川市国府台 学長:原科幸彦 略称:CUC)は、2025年度に本学の特長である「実学教育」を未来志向に発展させるため4学部6学科の新たな教育体制に改組する。7月21日(日)・28日(日)に実施する「オープンキャンパス2024」では、保護者を対象としたパネルディスカッシ...

千葉商科大学人間社会学部×京成ストア「Z世代プロデュース売場」を展開 リブレキッチン国府台店にて7月11日(木)開始

千葉商科大学人間社会学部(所在地:市川市国府台、学部長:伊藤康)と京成グループの京成ストア(本社:千葉県市川市、社長:東原光陽)はともに連携・協力し、2024年7月11日(木)より、リブレキッチン国府台店において「Z世代プロデュース売場」の展開を開始する。  最初の共同企画は「グミ...

千葉商科大学 フェアトレード大学の学生が企画するエシカルな1週間(7/1~5・一般参加可能)

千葉商科大学(所在地:市川市国府台 学長:原科幸彦 略称:CUC)では、7月1日(月)~5日(金)を「CUC ETHICAL DAYS 2024」と題し、エシカル消費啓発を目的とした本学学生によるイベントを実施する。学生だけでなく地域の方々へもエシカル消費への理解を深めてもらうイベントを多...

千葉商科大学サービス創造大賞2024 「困りごと」 と 「解決方法」を大募集!

千葉商科大学(学長:原科幸彦)サービス創造学部(学部長:石井泰幸)では、全国の高校生を対象に、企業がビジネスとして解決に乗り出したくなるような、多くの人が共感する「困りごと」のエピソードを募集する「サービス創造大賞2024」の応募受付を、7月1日(月)より開始する。  同大の「サー...

千葉商科大学 キャンパス産のはちみつを、いちかわごちそうマルシェで数量限定販売

千葉商科大学(所在地:市川市国府台/学長:原科幸彦/略称:CUC)のCUC100(ワンハンドレッド)ワイン・プロジェクトの学生が養蜂し今春採取した「国府台 bee Garden」はちみつの販売を開始した。7月13日(土)・27日(土)に開催されるいちかわごちそうマルシェで、養蜂に携わる学生...

千葉商科大学「第10回全国高校生環境スピーチコンテスト」開催

千葉商科大学(所在地:市川市国府台 学長:原科幸彦)では、全国の高校生を対象に「第10回全国高校生環境スピーチコンテスト」を開催する。  同大は、持続可能な社会づくりに貢献するため、自然エネルギー(再生可能エネルギー)の導入促進や、学生主導の省エネ活動に取り組んでいる。2019年に...

千葉商科大学 参加者満足度98%の「自分未来ゼミ」をオープンキャンパスで実施(6/16)

千葉商科大学(所在地:市川市国府台/学長:原科幸彦)は、2025年度に本学の特長である「実学教育」を未来志向に発展させるため、4学部6学科の新たな教育体制に改組する。  6月16日(日)実施の「オープンキャンパス2024」で、2025年度より全学部1年生の必修科目となる「自分未来ゼ...

学生ベンチャー食堂に「おむすび 結」オープン--大学と地域、人と人とを結ぶ--

千葉商科大学(所在地:市川市国府台 学長:原科幸彦)では、本学学生が経営する「学生ベンチャー食堂」に、新店舗「おむすび 結(ゆい)」がオープンした。 新規経営者は、サービス創造学部4年の土屋颯大(つちやふうた)さんだ。土屋さんは、学部のプロジェクトやゼミナールなどで地域の企業とコラ...

市原市×千葉商科大学×NTT東日本が産学官連携でメタバースの活用に関する検証を実施する

市原市(市長:小出 譲治)は、学校法人千葉学園 千葉商科大学(所在地:市川市、学長:原科 幸彦、以下「千葉商科大学」)および東日本電信電話株式会社 千葉支店(所在地:千葉市美浜区、執行役員千葉事業部長兼千葉支店長:境 麻千子、以下「NTT東日本」)と連携し、子育て世帯や高齢者など、時間や場...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所