アスクルの新しい統合マーケティング基盤刷新をSASとTISが支援

~一人ひとりの顧客をより深く理解しさらなる顧客サービス向上を実現~

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は、アスクル株式会社(本社:東京都江東区、社長:岩田彰一郎、以下 アスクル)が、顧客サービスのさらなる拡充を目的に行った“マーケティング基盤システム”に、SASの顧客分析ソリューション、「SAS(R) Customer Intelligence」(※1)の中核をなす「SAS(R) Marketing Automation」を採用したことを発表しました。今回のマーケティング基盤システムは、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)がシステム構築を担当しています。

オフィス用品の通信販売を手がける最大手企業であるアスクルは、一般のオフィスをはじめ、建設現場や飲食店などのBtoB、個人の顧客であるBtoCに対して、PCやスマートデバイスを利用し、インターネットやFAXなどを通じたワンストップでのショッピングサービスを提供しています。
このように様々な販売チャネルを持つアスクルですが、従来のシステムでは、顧客に関する情報が複数のシステムに散在し、データ抽出や分析を個別に行ない一元管理できていない点が課題となっていました。
そこで、それぞれのチャネルから集まる顧客の多様な声、購買行動を把握し、一元的に分析することで、顧客一人ひとりのニーズに応じた最適なアクションを実現するために、マーケティング基盤システムを刷新しました。

SAS Customer Intelligenceを活用した新マーケティング基盤システムの導入により、アスクルでは、システムごとに散在した情報を一元的に統合し、横断的な分析を行うことで、顧客購買行動のより深い理解と、より効果的なOne to Oneマーケティングの実現を目指します。この新しいマーケティング基盤システムは2013年6月から稼動しています。

今回の取り組みでTISとSASは、多様なオンライン、オフラインデータを統合したデータ分析基盤の構築、およびSAS Customer Intelligenceによる顧客分析に基づくメールマーケティング、Webチャネルへの配信までのオートメーション化に加えて、顧客分析作業のサポート、クラウドサービス上で稼働する外部システムとの連携開発を担当しました。

※1:SAS Customer Intelligenceは、高度な顧客分析により顧客理解を促進し、リアルタイムやマルチチャネルでの多種多様なキャンペーンの設計・実行・管理・効果検証、そしてマーケティング・アセットやワークフローの管理までを強力に支援する顧客分析ソリューションです。深い顧客理解に基づく顧客ごとのニーズや嗜好にあったパーソナライズ顧客対応の実現により、マーケティングROIの飛躍的な向上と顧客満足度の向上が期待できます。勘や推測に頼らず科学的に事実に基づいたマーケティングを実現し、顧客中心ビジネスの促進を強力に支援します。

<TISについて>
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご覧下さい。 
http://www.tis.co.jp/

TISでは、企業の“売る仕組みの改革”を支援するソリューションコンセプト『TECHMONOS(テクモノス)』を、リアル店舗とECを併せ持つ業態での店舗送客やコールセンターへの受電履歴やメール開封履歴、Webアクセス履歴を含めた顧客購買行動分析など、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合するオムニチャネルを推進する企業向けに展開しています。マーケティング基盤構築のためのサービス群としては、「SAS(R) Customer Intelligence」などの各種ソリューションを提供しています。詳細は以下をご覧下さい。 
http://www.tis.jp/service_solution/techmonos/
http://www.tis.jp/service_solution/SAS_MA/

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の70,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名(http://www.sas.com/

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
堀田 徹哉
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所