SAS、市場調査レポートでデータ品質ツール分野のリーダーに選出

~ガートナー社調査:実行能力とビジョンの完全性において「SAS(R) Data Management」テクノロジーが高評価~

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、米国調査会社ガートナー社の最新レポート「データ品質ツールのマジック・クアドラント(Magic Quadrant for Data Quality Tools)」(*)において、同分野のリーダーに位置付けられました。ガートナーはSASの「SAS(R) Data Quality」を含む「SAS(R) Data Management」のテクノロジーについて、機能性、統合機能、操作性、カスタマーサポート、および製品ロードマップを含む一連の項目について評価しました。

ガートナーは同レポートの中で、「リーダーに位置する企業は、プロファイリング、構文解析、標準化、マッチング、検証、およびリソースの豊富さなどのすべてのデータ品質機能において優れています。リーダー企業は顧客以外のデータ品質の課題や、エンタープライズ・レベルのデータ品質実現などの市場のトレンドに対する明確な理解とビジョンを有しています。また、リーダー企業は、グローバル市場において確固たるプレゼンスも確立しています」と述べています。

SASの上席副社長 兼 CMO(最高マーケティング責任者)のジム・デイビス(Jim Davis)は、「データ品質ツールを含むSASのData Managementテクノロジーは、長年にわたってIT部門と業務部門の双方を対象に設計されたインターフェイスと、すべてのデータ形式に対応したエンジンを提供してきました。最新バージョンではさらに、Teradata環境内へのデータ品質機能の組み込みを含め、高度なビッグデータ機能も追加されています。このような機能強化は、さまざまなビッグデータのソースへのアクセスを必要とするユーザーの種類が多岐にわたることを考慮すれば極めて重要です」と述べています。

SAS Data Qualityは、データ統合、マスターデータ管理、イベント・ストリーム処理、データ・フェデレーション、およびデータ品質を含む、データ管理のあらゆる分野を対象として設計された、統合スイート製品のひとつです。2013年7月には「SAS(R) Data Integration」が、ガートナー社の調査によりデータ統合ツール分野のリーダーに選ばれています。

SASは2013年9月に、SAS Data Management製品群への新しいテクノロジー導入とアップグレードを発表しました。新しく追加されたテクノロジーには、データの移動を最小限に抑え、生データを利用可能な高品質のデータ資産に変換するため必要な時間を劇的に削減するIn-Databaseのデータ品質機能、および大量のデータを扱うリアルタイムの作業において、ストリーミングされるデータをシームレスにデータ管理プロセスに移行する「SAS(R) Event Stream Processing」のアップデートが含まれます。

前述のデイビスはさらに、「SASは大容量のデータ移行かトランザクション・レベルでのリアルタイム処理かにかかわらず、すべての角度からのデータ品質機能をユーザーに提供します。またビジネス・ユーザーはデータ階層や参照データ定義を設定し、ビジネス情報のコントロールをさらに高めることも可能です。DataFluxのスイート製品がSASのソフトウェアに完全に統合されたことにより、高品質のデータを基盤とするすべてのSASソリューションをさらに容易にご利用いただけるようになりました」と述べています。

* Gartner, Inc., Magic Quadrant for Data Quality Tools, Ted Friedman, October 7, 2013
ガートナーはガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジー・ユーザーに助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナーのリサーチ部門の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の65,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約240名(http://www.sas.com/

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2013年10月11日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
堀田 徹哉
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所