「Jリーグ マネジメントカップ2022」を発表  J1の1位は3年連続4度目の川崎フロンターレ

Jリーグ所属の全クラブをビジネスマネジメント面からランキング。J2ではアルビレックス新潟が3連覇、J3はいわきFCがリーグ初参入ながら1位!

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:木村研一 以下、デロイト トーマツ)のスポーツビジネスグループは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属するJ1、J2、J3の全クラブをビジネスマネジメントの側面から分析した、「Jリーグ マネジメントカップ2022」を発表します。
今回のランキングにおいて、J1の1位は川崎フロンターレ、2位は浦和レッズ、3位はFC東京に、J2の1位はアルビレックス新潟、2位はファジアーノ岡山、3位はモンテディオ山形に、J3の1位はいわきFC、2位は松本山雅FC、3位はFC今治となりました。

「Jリーグ マネジメントカップ」はスポーツビジネスのクラブのマネジメントにおいて、試合に勝つための「フィールドマネジメント(FM)」と同様に重要な、ビジネスとして収益を上げ事業拡大をするかという「ビジネスマネジメント(BM)」に焦点を当て、スポーツビジネスの一層の発展に向けて事業や経営といった観点からの関心と理解を広げることを目的にデロイト トーマツがまとめ毎年発表しているものです。今回で8回目となる「Jリーグ マネジメントカップ2022」では、2022年7月にJリーグから公表された58クラブの2022年の財務情報など公開情報をもとに、BMにおいて重要なテーマである「マーケティング」「経営効率」「経営戦略」「財務状況」の4つの視点で計12のKPIから分析しています。なお、ランキングはそれぞれのKPIをJ1、J2、J3のリーグごとに算出したものです。

「Jリーグ マネジメントカップ2022」の詳細については特設ページをご確認ください。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/consumer-and-industrial-products/articles/sb/j-league-management-cup.html

J1:川崎フロンターレが3年連続4度目の1位!
Jリーグ マネジメントカップ2022のJ1は川崎フロンターレが1位となりました。川崎はマーケティング分野、経営戦略分野で1位、経営効率分野で2位タイ、財務状況分野で3位となり、2位に11ポイントの差をつけて3年連続4度目の1位となりました。コロナ禍による入場制限が撤廃され、ファン・サポーターがスタジアムに戻ってきたことが追い風となり、平均入場者数、スタジアム集客率が大幅に改善し、集客率では全クラブで1位となる66.0%を記録しました。これにより、入場料収入が昨年から2倍以上増加してBM面に大きく寄与しています。
現在、地域密着を大切に地道に活動するクラブの代表格であり、FM面では常に上位争いを繰り広げています。さらに、アジアにおけるグローバル戦略としてアジアツアーやサッカースクール事業も開始し、ファンの裾野は日本のみならず世界へと広がり始めています。

J2:アルビレックス新潟が2位以下を大きく突き放し大差で3連覇!
J2の1位は昨年に引き続きアルビレックス新潟となりました。新潟はマーケティング分野、経営効率分野で1位、経営戦略分野で2位、財務状況分野で3位と全分野で好成績を収め、2位に45ポイントもの大差をつけて堂々の3連覇を果たしました。
声出し応援が段階的に可能になった2022年シーズンは、多くのファン・サポーターが声援で選手を後押ししました。Jリーグ有数の集客力を誇る新潟にとってファン・サポーターの存在は大きく、FM面でもJ2優勝を成し遂げました。加えて、BM面においても他のクラブを寄せ付けない圧倒的な強さを見せる結果となりました。特に物販収入は前期比42.4%増加してJ1平均をも超えており、ファン・サポーターとクラブが理想的な関係で結束している様子が見て取れます。ステージが上がりさらなる飛躍を目指すクラブがどのように前進していくのか、今後も注目です。

J3:いわきFCがJ3参入初年度で1位!
J3の1位はいわきFCとなりました。いわきはマーケティング分野で2位、経営効率分野で8位タイ、経営戦略分野で1位、財務状況分野で3位となり、J3昇格初年度にもかかわらず1位を獲得しました。
J3昇格というFM面での好材料をBM面に存分に生かし、大幅な増収を達成しています。加えて、売上原価をうまく抑えつつ売上高成長率45.8%を記録しています。現在、スポーツで社会価値を創造することを掲げ、J1基準を満たすスタジアム建設計画を進めています。いわき市をはじめ自治体や年齢、性別、職業を問わず多種多彩なメンバーによる検討が進められており、今後も地域とクラブで様々な相乗効果が期待できそうです。

ランキングの算出方法
マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況に対して、デロイト トーマツが独自のKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標)に基づいて項目別にランク付けを行い、そのランキングに応じたビジネスマネジメントポイントを付与していきます。各KPIは以下の通りです。
  • マーケティング:平均入場者数、スタジアム集客率、客単価
  • 経営効率:勝点1あたりチーム人件費、勝点1あたり入場料収入
  • 経営戦略:売上高・チーム人件費率、SNSフォロワー数、SNSフォロワー数増減率、グッズ関連利益額
  • 財務状況:売上高、売上高成長率、自己資本比率
上記KPIに基づいてディビジョン別にランキングに応じたポイントを付与(J1の第1位は18ポイント、J2の第1位は22ポイント、J3の第1位は18ポイントで、順位が1つ下がるごとに1ポイント減らす)

最終的に4つのステージの累計ポイントによってランキングする
BMポイントが同率の場合、マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の順で順位が上のクラブを上位クラブとする

デロイト トーマツのスポーツビジネスグループ(SBG)について
クラブやリーグ、協会等競技団体の経営基盤の強化から観客・ファンの獲得、収益を最大化する商品サービスの開発、スタジアムの建設・運営管理など、スポーツビジネスを成功させるために解決すべき課題は数多く存在します。デロイト トーマツ グループでは、財務会計、戦略、マーケティング・業務改革など、多様な分野のプロフェッショナルを擁し、スポーツビジネス領域におけるグローバルでの豊富な知見を活かしつつ、あらゆる面から事業支援を行う体制を整えています。
www.deloitte.com/jp/sports-business

デロイト トーマツ グループは、日本最大規模のプロフェッショナルサービスファームとして有する圧倒的な専門性・総合力と、データ・アナリティクスやデジタル・テクノロジーに関する最先端の実践的知見を融合することで、経済社会や産業の将来像を指し示し、その実現に必要とされる経営変革と社会イノベーションを加速させる「経済社会の変革のカタリスト」となることを目指しています。SBGの活動では、日本におけるスポーツビジネス領域での産業基盤の強化や、スポーツを核とした地域活性化モデルの構築などスポーツをハブとした「経済社会の変革のカタリスト」としての取り組みを推進しています。
本件に関するお問合わせ先
デロイト トーマツ グループ 広報担当 井村、菊池
Tel: 03-6213-3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
デロイト トーマツ グループ
ホームページ
https://www2.deloitte.com/jp/ja.html
代表者
木村 研一
資本金
100,000 万円
上場
非上場
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3丸の内二重橋ビルディング
連絡先
03-6213-3210