デロイト トーマツが Dataikuと協業し、統合データサイエンスプラットフォームの導入を支援

顧客企業がAIおよびMLOpsを組織全体に取り入れ、ビジネスでの活用を最大化することを支援

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、グループCEO:木村研一、以下「デロイト トーマツ」)は、Everyday AIのプラットフォームを提供するDataiku Japan株式会社(東京都渋谷区、カントリーマネージャー:佐藤 豊、以下「Dataiku」)と協業し、企業が様々なデータを分析し、その結果を活用した機械学習モデルの運用管理まで行える統合データサイエンスプラットフォームであるDataiku(データイク)を提供します。両社は、顧客企業がAIおよびMLOps(機械学習の開発・運用サイクル)を組織全体に取り入れ、ビジネスでの活用を最大化することを支援します。

AIを用いたデータ利活用の阻害要因として、PoCから本番稼働・運用サイクルにスムーズに移行できないことや、ビジネス環境の変化により機械学習モデルが劣化することなどが挙げられます。これらの解決には、ビジネス要件に沿って機械学習モデルを継続的にアップデートしながら運用していくことや、そのためにビジネス部門のステークホルダー、技術領域が異なるデータサイエンティスト、インフラエンジニアなど様々な役割を持つ人たちがAIプロジェクトに関わり密接にコラボレーションすることが肝要です。

デロイト トーマツとDataikuは、顧客企業のAIプロジェクトに関わりのあるビジネス側、技術側の人たちが同時に使える統合データサイエンスプラットフォームを提供し、データ資産活用に必要なAIモデルの開発・運用・ガバナンスやMLOpsの導入を実現します。異なるツールを利用することで生じる情報やデータのサイロ化の回避などを通じて、データ資産のビジネスでの活用を最大化するとともに、End to Endでのガバナンスによる信頼性の向上を支援します。

本協業において、Dataikuはプラグインやコネクターを利用した、企業内の多種多様さまざまなデータソースとの迅速な連携が可能になる統合データサイエンスプラットフォームであるDataikuを提供します。このプラットフォームは、データ接続から、データ準備、モデル開発と検証、本番稼働化、運用管理・監視、モデル再構築といった一連のデータパイプラインのサイクルを、ひとつのプラットフォームで統制された状態で管理できるMLOps機能と仕組みを備えています。

デロイト トーマツは、Dataikuの導入のアドバイザリーサービスを提供し、データ分析基盤の構築支援、AI技術の本番活用、組織全体へのMLOpsの取り入れや、AI人材の育成支援に加えて、データマネジメント、データガバナンスの導入支援を行います。

さらにDataikuは、顧客企業の要望に応じ、統合データサイエンスプラットフォームとして対話型生成AIのような最新のテクノロジーが一元化された環境での取り込みや、統制された環境でのモデル開発や運用に適用可能な仕組みの提供が可能です。加えて、データ分析やモデルによる出力のリアルタイムでのダッシュボード化や、ビジネス部門がインタラクティブに利用できるWebアプリの開発および統制が可能な仕組みの提供もできます。

デロイト トーマツ グループ パートナー 森正弥
「日本においても、AI技術の活用は企業の生存戦略に必要不可欠なものとなっています。重要なポイントはいくつかありますが、とりわけビジネスのあらゆる領域で人とAIが協働し、共に成長するモデルを追求することによってはじめて、より大きなマーケットシェアと競争力のある収益の実現を目指すことができるでしょう。一つのサービス上でデータ分析に関わる全ての人が、データ分析やAIモデルの設計・構築を効率的、効果的かつアドホックに実施できるDataikuは人とAIの協働と成長のモデルを企業に導入・運用するための最適なプラットフォームです。Dataikuとの協業によりクライアント利益の最大化と持続的な成長に貢献できることを確信しています。」

デロイト トーマツ グループ パートナー 染谷豊浩
「この度はDataikuとの協業を発表できることを大変喜ばしく思います。競争が激化する現代のビジネスにおいて、AIは専門家だけが取り組むトピックではなくなりました。企業の競争力と収益性の改善には、全てのビジネスユーザーがAI活用を主導することが必要不可欠となっています。この活動を通じてAI技術の恩恵を全てのビジネスユーザーが享受できる環境を創り出すことを目指し、持続的な革新とクライアントの成功の追及をより一層高いレベルで実現していきます。」

DataikuJapan カントリーマネージャー 佐藤豊
「日本における組織レベルでのAI活用、MLOpsの導入は、諸外国と比べて大きく遅れています。Dataikuの2023年グローバルパートナーオブザイヤーであるデロイト トーマツとの日本市場における協業は新しい転換点と言えます。これにより、日本企業はグローバル基準のAI開発とMLOpsを組織レベルで実装し、データと従業員の融合により企業の創造力を解放し、ビジネス価値を最大化することができると確信しています。デロイト トーマツとの提携は、データと人材のシナジーを引き出すことで、日本市場において比類なき創造性とビジネス価値の最大化を実現するものと確信しています。」

Dataikuについて
DataikuはEveryday AIのためのプラットフォームであり、高度な分析から生成AIまで、データ専門家とビジネス専門家が日々の業務に共にAIを取り入れていくことを可能にします。彼らの協働により、あらゆる規模、あらゆる業界において、組織は新たなAIによる機能を設計、開発、展開できます。Dataikuを利用することで、従業員は並外れた力を発揮し、将来に向けて組織の原動力となるAIを生成することができます。
Dataikuは2013年の創業以来、Everyday AIの創業ビジョンを発展、成長させてきました。ニューヨークに本社を置き、世界中で1,000人以上の従業員を抱えるDataikuは、ForbesのCloud100、Data50、Inc. Best in Business、SnowflakeおよびDatabrickのAI/機械学習パートナー・オブ・ザ・イヤーに選出されるなど、業界で数々の評価を得ています。また、Great Place to Work™、Inc.、Forbes、Glassdoorの「最も働きがいのある企業」リストに常に名を連ねています。
Dataikuのblog、X(@dataiku) 、LinkedInも参照ください。

本件に関するお問合わせ先
<報道機関の方からの問い合わせ先>
デロイト トーマツ グループ 広報担当 菊池、内山
Tel: 03-6213-3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
デロイト トーマツ グループ
ホームページ
https://www2.deloitte.com/jp/ja.html
代表者
木村 研一
資本金
100,000 万円
上場
非上場
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3丸の内二重橋ビルディング
連絡先
03-6213-3210