福岡県警察が運転免許申請手続きの多言語化対応に向け字幕表示システム「Cotopat」を導入

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:長井 孝、以下:当社)は、話した言葉をリアルタイムに認識して文字や図解、翻訳を表示するシステム Cotopatの開発と販売を通して、コミュニケーションの円滑化に貢献し、誰ひとり取り残されない共生社会の実現に向け取り組んでいます。このたび、福岡県警察の自動車運転免許試験場4施設(福岡、北九州、筑豊、筑後)に「Cotopat Screen」をご採用いただき、運用が開始されたことをお知らせいたします。

2024年4月1日からドライバーの時間外労働規制が強化され、物流の2024年問題として、労働力不足が懸念されています。そうした背景もあり、外国人労働者の受け入れ拡大に向け、在留資格「特定技能」に自動車運送業の追加が閣議決定されました。さらに、警察庁では、タクシーやバスを運転できる第二種運転免許の学科試験について、20言語に対応した試験問題例を全国の警察に配布しており、日本語を母国語としない外国人ドライバー起用の機運が高まっています。

そのような社会動向もあり、福岡県警察では、運転免許申請手続きの多言語化対応に向け、免許試験場に来場される外国人への対応強化を検討されている中、話した言葉がリアルタイムに翻訳されスクリーンに表示される点と、134種類の言語への翻訳に対応している点を評価いただき、当社の字幕表示システム「Cotopat Screen」 をご採用いただきました。主に外国人の運転免許申請手続きを対応する窓口で活用されております。

同警察では、外国人に対応される際、言葉の壁から意思疎通が図りにくくコミュニケーションに時間がかかるという課題がありました。「Cotopat Screen」を導入することで、外国人との意思疎通が円滑になり、コミュニケーションの短縮化につながることをご期待いただいております。

さまざまな場面で起こる「意思疎通できない」という課題を解消し、言葉の壁を越えた円滑なコミュニケーションを提供する 「Cotopat Screen」が、同警察の多言語化対応をサポートしてまいります。




■Cotopat公式ページ
https://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/products/ict-service/communication/cotopat/

※ニュースリリースに掲載されている情報は発表日現在のものです。
 ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
本件に関するお問合わせ先
京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課 森田(携帯:070-7406-6371 会社直通:06-6764-3515)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
ホームページ
https://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/
代表者
安藤 博教
資本金
1,200,000 万円
上場
非上場
所在地
〒540-8585 大阪府大阪市中央区玉造1丁目2番28号
連絡先
06-6764-3555