フェリス女学院大学読書運動プロジェクト朗読チームの学生、卒業生が2月17日(土)に朗読会「ゆるやかなつながりのなかで~自分をみつめるとき~」を開催



 フェリス女学院大学(神奈川県横浜市/学長:荒井真)読書運動プロジェクト朗読チームの学生、卒業生が2月17日(土)に朗読会「ゆるやかなつながりのなかで~自分をみつめるとき~」を開催します。事前予約は必要ありません。参加費:無料です。




 神奈川近代文学館での朗読会は、今回で12回目を迎えます。読書運動プロジェクトの朗読チームの学生とOGが、彩り豊かな名作をお届けします。声だけで表現される作品の魅力をお楽しみください。


タイトル
「ゆるやかなつながりのなかで~自分をみつめるとき~」

内容
【演目】
 ・宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」
 ・きむらゆういち 作・あべ弘士 絵 『あらしのよるに』シリーズより
 「あらしのよるに」「あるはれたひに」
 ・山本周五郎「鼓くらべ」
【出演】
 読書運動プロジェクト朗読チーム
 すずの音(朗読チームOGグループ)
【指導】
 鈴木千秋(朗読家)

開催日
 2024年2月17日(土) 14:00~16:30(開場13:30)

会場
 神奈川近代文学館ホール
 〒231-0862 横浜市中区山手町110
 港の見える丘公園内(みなとみらい線 元町・中華街駅 6番出口(アメリカ山公園口)徒歩10分)
 TEL:045-622-6666
 https://www.kanabun.or.jp/

対象
 一般の方

申込方法
 事前予約:不要、途中入退場:自由

参加費
 無料

主催
 フェリス女学院大学附属図書館 読書運動プロジェクト
共催
 神奈川近代文学館/公益財団法人神奈川文学振興会

お問合せ先
朗読会に関する問い合わせ先
 フェリス女学院大学附属図書館事務室
 【事前】TEL:045-812-6999  【当日】TEL:045-622-6666
  E-mail: r_library@ferris.ac.jp

読書運動プロジェクトとは

2002年より開始。図書館を拠点として、「読書」を個人的な経験にとどまらず他者と共有・発信していく活動を学生および教職員により展開しています。
 主な活動は、学生によるテーマ展示や選書、大学祭での図書館イベント実施、朗読会の開催、本にまつわる学内コンテスト(本のPOP、詩・小説・戯曲)の実施など。

■学生団体紹介! 読プロってなに?
 https://www.instagram.com/p/CynOrPXx2sU/?img_index=1
■フェリス女学院大学附属図書館公式Webサイト>読書運動プロジェクト
 https://www.library.ferris.ac.jp/reading-project/
■読書運動プロジェクトリーフレット
 https://www.library.ferris.ac.jp/documents/reading-project/activity-introduction-leaflet.pdf
■読書体験の魅力を共有し、新たな本に出会う機会を創出する読書運動プロジェクト
 2022年10月21日
 https://magazine.ferris.ac.jp/20221021/17101/
■読書運動プロジェクト活動報告 ~2023春~
 2023年5月11日
 https://magazine.ferris.ac.jp/20230511/18045/
■フェリス女学院大学附属図書館公式Webサイト>企画展示
 https://www.library.ferris.ac.jp/exhibition

参考
■大学公式Webサイト https://www.ferris.ac.jp/
■大学公式Instagram https://www.instagram.com/ferrisuniv/



▼本件に関する問い合わせ先
広報課
荒井(薫)、荒井(萌)
住所:〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-9624
FAX:045-812-8395
メール:kikaku@ferris.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
フェリス女学院大学
ホームページ
http://www.ferris.ac.jp/
代表者
荒井 真
上場
非上場
所在地
〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
連絡先
045-812-8211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所