あおぞらESGフレームワークローンに基づくポジティブ・インパクト・ファイナンスの実行について

あおぞらESGフレームワークローンに基づく
ポジティブ・インパクト・ファイナンスの実行について

 株式会社あおぞら銀行(代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):谷川 啓、本店:東京都千代田区、以下「当行」)は、大栄不動産株式会社(代表取締役社長:石村 等、本社:東京都中央区、以下「大栄不動産」)に対して、あおぞらESGフレームワークローンに基づくポジティブ・インパクト・ファイナンス(以下、本ローン)を本日実行しました。

 ポジティブ・インパクト・ファイナンス(以下「PIF」)は、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEPFI)が策定したポジティブ・インパクト金融原則(以下PIF原則)及び同実施ガイドラインに基づき、企業活動が環境・社会・経済にどのようなインパクト(影響)を与えるかを包括的に分析・評価し、ポジティブなインパクトの進展・拡大ないしはネガティブなインパクトの緩和・抑制を継続的に支援することを目的としたファイナンスです。

 「あおぞらESGフレームワークローン」は、2022年6月1日付で株式会社格付投資情報センターより国際的な原則等に整合的である旨のセカンドオピニオンを取得した、お客様のサステナブルな取組みを支援する制度です。また、2023年6月1日には、「あおぞらポジティブ・インパクト・ファイナンス」として、当行の PIF評価実施体制がPIF 原則に適合している旨のセカンドオピニオンを取得しました。

 大栄不動産は「社会に貢献し、お客さまに必要とされる存在であり続ける」との経営理念の下、「チームの力で、よりよい未来を -100年企業へ、その先へ-」というサステナビリティ・ビジョンを掲げ、不動産のプロフェッショナルとして、事業を通じて、大栄不動産らしいさまざまな新機軸を創造し、社会と暮らしの、持続的可能なよりよい未来の実現を目指しています。また、2050年の100周年に向けて、地域・社会・お客さまとの「相利共生」を目指し、「優れたチームワーク」と「豊かな経験」で、ステークホルダーとともにさまざまな活動に挑戦しています。

 本ローンは、持続可能な社会の実現に向けた大栄不動産の取組みを支援することを目的としております。

 当行は、2023 年5 月 17 日に公表した新中期経営計画「AOZORA2025」(2023~2025 年度)において、重点項目のひとつとして「あおぞらサステナビリティの推進」を掲げています。今後もサステナブルファイナンスに取り組むお客様への支援を通じて、社会的課題の解決に向けた対応を促進してまいります。

【本ローンの概要】
借入人:大栄不動産株式会社様
実行額:10億円
実行日:2024年1月25日
貸付人:株式会社あおぞら銀行

【PIFにて掲げる目標およびKPI】
以 上

本件に関するお問合わせ先
経営企画部 広報室 神保 03-6752-1217

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社あおぞら銀行
ホームページ
 
代表者
谷川 啓
資本金
10,000,000 万円
上場
東証プライム
所在地
〒102-8660 東京都千代田区麹町6-1-1
連絡先
03-6752-1111