【ユーハイム × 甲南女子大学】神戸地産素材を使った''焼きたて米粉バウムクーヘン''を大学祭で販売--産学連携で神戸スイーツの魅力伝える



 甲南女子大学 医療栄養学部(神戸市東灘区)は、株式会社ユーハイム(神戸市中央区)と神戸市が推進する「神戸スイーツの魅力発信を通じた地域振興」をめざす取り組みに参画しています。この取り組みの一環として、学生たちは管理栄養士養成課程での学びや若者視点を生かして、同社が開発したバウムクーヘンAI職人「THEO(テオ)」を活用したメニュー考案とプロモーション活動に初挑戦しました。学生考案のメニューは、10月28日(土)・29日(日)に開催する大学祭で一般販売されます。当日は「THEO(テオ)」を搭載したフードトラックが学内に登場し、焼きたてをお楽しみいただけます。




【本件のポイント】
(1)「スイーツのまち神戸」の魅力発信をテーマにした産学連携活動
 ユーハイムは神戸市と「スイーツの魅力発信を通じた産業振興」に関する事業連携協定を締結しています。連携内容の一つである「スイーツを通した人材育成に関すること」として、2023年5月から甲南女子大学との取り組みが開始しました。コロナ禍を経て4年ぶりの通常開催となる大学祭「よつば祭 2023」での一般販売に向けて、ユーハイムと医療栄養学部の学生16名が共同で商品の考案、プロモーション活動を展開しています。



(2)医療栄養学部生が考案した、オリジナル神戸スイーツ「南女(なんじょ)バウム」
 若年層に神戸スイーツの魅力を伝えることを目的に、ターゲットは10~20歳代の女性に設定。管理栄養士養成課程で学ぶ''医療栄養学部生にしかできないバウムクーヘン''をコンセプトにメニュー考案に取り組みました。数ある神戸地産素材のなかでも、「THEO(テオ)」が焼いたバウムクーヘンと合う素材をセレクト。ユーハイムとともに試作を重ね、大学祭で販売するオリジナルコラボ商品が完成しました。商品は2種類。手作りいちじくジャムバウム、手作りぶどうジャム&クリームチーズのバウム、~ホワイトチョコを使った~濃厚きな粉バウムの3種を串ざしにした「よくばり南女バウム」と、ノンフライヤーで揚げた米粉のバウムクーヘンをコーンスープにディップして食べる「ディップする南女バウム~コーンスープ~」です。


(3)神戸市産米粉で作る、焼きたてバウムクーヘン
 「THEO(テオ)」が焼くバウムクーヘンには、通常、小麦粉を使用するなか、「南女バウム」では、小麦粉を神戸市産の米粉におきかえて作っています。''医療に強い''管理栄養士をめざす医療栄養学部生にとって、小麦アレルギーを持つ方々にも美味しいバウムクーヘンを食べてもらうことは重要な課題の一つです。ほのかな甘みとしっとりとした食感で、どのトッピングにも合うバウムクーヘンに仕上げました。




■■■ 商品ラインナップ ■■■


(1)「よくばり南女バウム」|価格:350円(税込)
  手作りいちじくジャム、手作りぶどうジャム&クリームチーズ、〜ホワイトチョコを使った〜濃厚きな粉の3種類のトッピングを1本で楽しむことができます。「色々なトッピングを少しずつ食べたい」「串ざしで食べやすく」「SNSでシェアしたくなるような見た目」など、ターゲットである10~20歳代の女性に向けて、大学生が意見を出し合いながら考えました。



▶︎ 販売ロスのいちじくをおいしく食べる、手作りいちじくジャムバウム
 旬を迎えた神戸市産のいちじくを使用した学生が手作りしたジャムを添えました。神戸市西区は兵庫県下最大の産地であり、朝採りの新鮮な完熟いちじくを食べることができるのは、産地と消費地が近い神戸ならではのことです。熟練の生産者が収穫をギリギリまで待ち完熟の状態で販売するため、いちじくの足が早く、天候によっては販売ロスになってしまうこともあります。そのため今回の取り組みでは、ユーハイムがJA兵庫六甲「六甲のめぐみ」から、天候の影響で販売ロスになったいちじくを買い取り、使用しています。食物繊維、ミネラルを多く含み、とろけるような柔らかさと濃厚な甘みが特徴です。


▶︎ 甘酸っぱさが絶品、手作りぶどうジャム&クリームチーズのバウム
 神戸市産のぶどうを使って学生が手作りしたジャムとクリームチーズを組み合わせました。神戸市ではピオーネやベリーA、シャインマスカットなどの品種が栽培されています。またワイン用ブドウとして、シャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培され国産の神戸ワインとして人気です。あえて果肉を残し、甘めに仕上げたぶどうジャムと、さっぱりとしたクリームチーズで少し大人の味わいに仕上げました。



▶︎ 和と洋のコラボレーション、〜ホワイトチョコを使った~濃厚きな粉バウム
 ホワイトチョコレートを混ぜたきな粉をコーティングしたバウムクーヘンに仕上げました。「畑の肉」といわれるほど、たんぱく質が豊富である大豆を原料としたきな粉は、ビタミン、ミネラルなどの栄養素に加え、大豆イソフラボンといったポリフェノールが含まれています。粉末にすることで大豆の栄養を丸ごと摂取し消化吸収にも優れています。 きな粉の香ばしい風味と甘いホワイトチョコレート、「和」と「洋」を組み合わせた新しいバウムクーヘンです。



(2)バウムクーヘンの概念を覆す、「ディップする南女バウム〜コーンスープ〜」|価格:400円(税込)
 米粉のバウムクーヘンをノンフライヤーで揚げ、フリットにして串にさし、温かいコーンスープにディップして食べる新感覚バウムクーヘンです。「THEO(テオ)」で焼いたできたてのバウムクーヘンをノンフライヤーで揚げたフリットは、外はサクッと中はしっとりと仕上げています。






■■■ 販売概要 ■■■


甲南女子大学 大学祭「よつば祭 2023」で一般販売

●日時
2023年10月28日(土)10時00分〜16時00分
2023年10月29日(日)10時00分〜16時00分
※無くなり次第終了

●場所
甲南女子大学(兵庫県神戸市東灘区森北町6-2-23)
〜「THEO(テオ)」を搭載したフードトラックにて販売〜


●販売商品
・「よくばり南女バウム」販売価格:350円(税込)
(手作りいちじくジャムバウム、手作りぶどうジャム&クリームチーズのバウム、〜ホワイトチョコを使った〜濃厚きな粉バウム)
・「ディップする南女バウム~コーンスープ~」販売価格:400円(税込)



●主催・企画
甲南女子大学 医療栄養学部、株式会社ユーハイム


<参考>
■ 甲南女子大学 医療栄養学部
 2018年4月に開設。「栄養で救える生命(いのち)がある」をスローガンに、近年さまざまな分野での活躍が期待されている''医療に強い管理栄養士''を養成しています。管理栄養士の資格取得に必要な栄養学に関する科目はもちろん、医療や疾病を理解するための科目、さまざまな専門職と協力する方法を学ぶカリキュラムが特徴です。卒業生は管理栄養士として、医療機関をはじめ、企業、学校、福祉施設など、多様なフィールドで活躍しています。

■ 株式会社ユーハイム
 1909年創業、神戸に本社を置く洋菓子メーカーです。創業者は日本で最初にバウムクーヘンを焼きあげたドイツ人菓子職人カール・ユーハイム。バウムクーヘンやビスケットなど様々な洋菓子を全国242 店舗で展開しています。「純正な素材、自然な味わい」をテーマに、創業者のモノづくりを熟練の職人が引き継ぎ、今に伝えています。今年2月27日に神戸市と事業連携協定を締結しました。バウムクーヘンAI 職人「THEO(テオ)」をはじめ、次世代につなげるお菓子づくりにも取り組んでいます。




<関連リンク>
▼甲南女子大学 医療栄養学部
https://www.konan-wu.ac.jp/dept_grad/dept_cnad/cnad/


▼甲南女子大学 医療栄養学部 Instagram
https://www.instagram.com/kwu_iryoueiyou/


▼甲南女子大学 大学祭「よつば祭 2023」
https://www.konan-wu.ac.jp/news/detail.php?id=3763


▼ユーハイム公式HP
https://www.juchheim.co.jp



▼ THEO(テオ)公式HP
https://theo-foodtechers.com



▼本件に関する問い合わせ先
事務局 広報課
住所:〒658-0001 兵庫県神戸市東灘区森北町6-2-23
TEL:078-413-3130
メール:koho@konan-wu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
甲南女子大学
ホームページ
https://www.konan-wu.ac.jp/
代表者
秋元 典子
資本金
0 万円
上場
非上場
所在地
〒658-0001 兵庫県神戸市東灘区森北町6-2-23
連絡先
078-431-0391