世界の幸せをカタチにする武蔵野大学が2024年 日本初となる「ウェルビーイング学部」を開設 --学部長にはウェルビーイング研究の第一人者・前野 隆司教授が就任--



武蔵野大学(東京都江東区、学長:西本 照真)は2024年4月、13番目となる新学部「ウェルビーイング※1学部」を武蔵野キャンパスに開設します(設置構想中)。
日本初となる本学部では、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科前野 隆司教授を学部長に迎え、科学や技術の最先端の知見や成果も取り入れた学際的なアプローチによって、幸せ・生きがい・安心・福祉・健康・平和など、人々と世界のウェルビーイングをデザインし、創造していく人材を育成します。






【本件のポイント】
● 「ウェルビーイング」を冠した学部の開設は日本初、学位「学士(ウェルビーイング)=Bachelor of Well-being」を取得可能
● 学部長にはウェルビーイング研究の第一人者である前野 隆司教授が就任予定
●「世界の幸せをカタチにする。」をブランドステートメントに掲げる武蔵野大学が法人創立100周年の年に、一人ひとりの多様な幸せと社会全体の幸せを実現していくための新学部を開設
●『THE WELL-BEING WEEK 2023』※2において、西本学長と前野教授が「世界の幸せをカタチにするには」をテーマに対談


【ウェルビーイング学部の概要】
名称:ウェルビーイング学部 ウェルビーイング学科
定員:入学定員80名 2年次編入学定員10名 (収容定員350名)
授与する学位:学士(ウェルビーイング)
専任教員:16名
開設時期:令和6年(2024年)4月1日
設置場所:武蔵野大学武蔵野キャンパス(東京都西東京市一丁目1番20号)




【ウェルビーイング学部の特長】
ウェルビーイングを実践するためには、幸せ・生きがい・安心・福祉・健康・平和など、一人ひとりウェルビーイングについての社会学・心理学的知見や、新たに創造的なデザインを行うための工学的手法・デザイン学的手法を学ぶことが必要です。こうした幅広い学術領域の習得に加えて、自然・地域・企業・世界でのフィールド・スタディーズから得られた体験的知見と創造的実践力を統合させることで、ウェルビーイングデザイナーを育成し、輩出するカリキュラムを構築しています。

''地球ぜんぶ''を舞台として学び、議論し、実践するカリキュラム
●世界がキャンパス
ウェルビーイング学・ポジティブ心理学等を得意とする海外研究者との連携、短期留学ができる

●日本がキャンパス
全国各地域(沖縄から北海道まで)と連携し、自然体験や地域課題解決実習ができる

●企業がキャンパス
ウェルビーイングに関心が高い企業、医療福祉施設、自治体等で創造的な実習ができる




【コメント】
■前野 隆司 教授 (学部長就任予定/慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科)
いよいよ、世界中の人々のウェルビーイング向上を創造的に担う、世界で初めての学部「ウェルビーイング学部」を立ち上げます。「ウェルビーイング」は時代の転換点をより良く生きるための重要なキーワードです。この新しい価値観を共有し、世界が抱える大きな課題に向き合おうとするチャレンジ精神あふれる学生の皆さんとともに、未来を創造していくことを心から楽しみにしています。また同時に、私たちのこのチャレンジを契機として、国内外にウェルビーイング学の潮流がこれまで以上に広がっていく未来を想像して、今からワクワクしています。

武蔵野大学「ウェルビーイング学部」の開設にあたっては、私のこれまでの経験を総動員して、ウェルビーイングの基礎を体験的に学び、実践できるカリキュラムを創り上げました。記者発表会ではこれらをご紹介しつつ、新学部のビジョンをお伝えできればと思っています。




【記者発表会について】
新学部の開設を記念し2023年4月に記者発表会を行います(※日程・会場調整中)。
タイトル:「ウェルビーイング学部」開設に関する記者発表会
開催日時:令和5年(2023年) 4月 開催予定 ※日程調整中
会場:武蔵野大学 武蔵野キャンパス(仮)
登壇:(学長) 西本 照真 (学部長就任予定) 前野 隆司
内容:学長挨拶、学部紹介、トークセッション、フォトセッション、質疑応答等
備考:・記者発表会の日時・申込等については、決定次第改めてご案内いたします。
   ・会場、内容等は変更の可能性があります。


※1:ウェルビーイングとは
ウェルビーイング(Well-being)とは、身体・精神・社会といったあらゆる面において良好な状態、すなわち幸福であることを表す概念です。身体が良好な状態にあるだけでなく、精神的にも社会的にも満たされていることを言います。
もともとは、1946年にWHO(世界保健機関)が示した、「健康」の以下の定義の中に登場した言葉です。
''健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態であることをいいます。(日本WHO協会訳)''
厚生労働省では''「ウェル・ビーイング」とは、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念。''と定義しており、より多くの人が生き生きと活躍できる社会の実現を掲げています。



また令和5年3月の中央教育審議会「次期教育振興基本計画について(答申)」においては、''(1)多様な個人それぞれの幸せや生きがいを感じるとともに、地域や社会が幸せや豊かさを感じられるものとなるための教育の在り方、(2)幸福感、学校や地域でのつながり、利他性、協働性、自己肯定感、自己実現等が含まれ、協調的要素と獲得的要素を調和的・一体的に育む''という方向性が示され、''教育を通じて日本社会に根差したウェルビーイングの向上を図っていくことが求められる。''としています。

※2:THE WELL-BEING WEEK 2023とは
毎年3月20日「国際幸福デー」に合わせて実施されてきた、「ウェルビーイング」に関する日本最大級のイベント「shiawaseシンポジウム」(過去6回開催)。今年はこのシンポジウムの名称を「THE WELL-BEING WEEK 2023」~心と身体と社会のこれからを考える~ として、3月19日(日)~25日(土)の1週間に拡大して開催し、西本学長と前野教授が「世界の幸せをカタチにするには」をテーマに対談を行います。
◇主催:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 ウェルビーイングリサーチラボ
    武蔵野大学 しあわせ研究所
◇実幸委員会 共同実幸委員長:前野 隆司・西本 照真


【関連リンク】
■武蔵野大学ウェルビーイング学部 WEBサイト:https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/well-being/
■THE WELL-BEING WEEK 2023 WEBサイト:https://well-being-week.com/




【武蔵野大学について】
1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に名称変更。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数13,000人超の総合大学に発展。2019年に国内私立大学初のデータサイエンス学部を開設。2021年に国内初のアントレプレナーシップ学部を開設し、「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせる。2023年には国内初のサステナビリティ学科を開設する。2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。
武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp

▼本件に関する問い合わせ先
広報課
足立・大山・右原・上別府
住所:〒135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
TEL:03-5530-7403
FAX:03-5530-3818
メール:kouhou@musashino-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
武蔵野大学
ホームページ
http://www.musashino-u.ac.jp/
代表者
西本 照真
上場
非上場
所在地
〒135-8181 東京都江東区有明3-3-3

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所