【武蔵大学】PDP4期生10名がロンドン大学の学位を取得!!



グローバル教育を推進する武蔵大学(東京都練馬区/学長:高橋徳行)では、2015年度よりロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)を実施しています。PDPは、武蔵大学に通いながらロンドン大学の学位が取得できる国際プログラムで、本学が日本で初めて導入しました。4期生においては10名がロンドン大学の学位を取得し、プログラム開始以来順調に成果を上げています。
なお、このプログラムは経済学部から2022年4月に開設した国際教養学部経済経営学専攻に移行し、定員を拡大してさらに多くの学生が学位取得を目指しています。




■ロンドン大学学位取得者実績推移
 ページ下部の表をご覧ください。


■厳しいプログラムだからこそ、確実に大きく成長する
 PDP履修生はさまざまな高校から集まっていますが、多くは一般的な進学校出身者です。厳しいプログラムを4年間継続して学ぶことがとても重要であり、それが大きな成長へとつながります。
・出身高校例:都立富士、都立桜町、都立小平、静岡県立静岡東、ルネサンス(通信制)、千葉県立佐倉、埼玉県立所沢北 ほか

■世界に広がるチャンス―学位取得者の進路実績例
 アクセンチュア、イプソス、インフォシス リミテッド、クロス・マーケティンググループ、SUBARU、トラント、トレンドマイクロ、名古屋大学 大学院、日本ビジネスシステムズ、プリンシパル、楽天グループ、Parsons School of Design、University of Southampton ほか

■PDP4期生ロンドン大学学位取得者の声「コンプレックスをばねに。PDPで得た2つの学位と自信。」
 私は高校時代から英語が苦手で、大学受験でも英語に苦労しました。武蔵大学合格後にPDPの存在を知り、4年間の大学生活で英語を克服したい、そして将来グローバルに活躍したいという思いから、PDP履修を決めました。
 授業はすべて英語で、内容は専門性の高い経済経営学です。最初のうちは授業内容を理解するのにも苦労しました。毎日の予習復習は当然のこととして求められます。日々の学習は大変ですが、PDPは少人数のため授業中に質問しやすく、履修生同士も距離が近いため、互いに教えあえる環境は大きな利点でした。

 就職活動はロンドン大学の試験の時期と重なっており、最も大変だったことの1つです。不安になることもありましたが、面接でPDPの話をすると興味をもっていただけることが多く、自信を持って就職活動に臨むことができました。苦手だった英語もTOEICのスコアを入学時から200点以上伸ばし、第一志望の就職先に内定をいただけました。武蔵大学とロンドン大学、2つの大学の学位を取得したことはもちろんですが、なによりも4年間PDPをやりとげ、英語に対する苦手意識を払拭できたことが大きな自信になっています。今後はさらに英語力を磨き、将来は海外の事業にも携わりたいと考えています。
(PDP4期生 都立日比谷高等学校出身、 内定先:楽天グループ)

■その他のPDP卒業生はこちらから
 https://www.musashi.ac.jp/faculty/liberalarts/em/career/message.html


▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報部
西(にし)・齋藤(さいとう)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
武蔵大学
ホームページ
http://www.musashi.ac.jp/
代表者
高橋 徳行
上場
非上場
所在地
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1丁目26-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所