シェアNo.1(※)の後継機、モノクロA4プリンター「ECOSYS PA6000xシリーズ」を新発売

※ 出典: IDC Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker 2022 Q2 
2021年4月~2022年3月の国内市場における印刷速度45枚/分~69枚/分のスピードレンジにおいて。


京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:長井 孝)は、モノクロA4プリンター 「ECOSYS PA6000xシリーズ」の2機種を11月上旬に発売いたします。
「ECOSYS PA6000xシリーズ」は、2021年4月~2022年3月までの期間に国内で販売された、モノクロA4プリンター(印刷速度45枚 / 分~69枚 / 分)において出荷台数第1位(※1)を獲得したECOSYS P3160dn/P3145dnの後継機です。プリント枚数が多い基幹業務システムと親和性が高く、クラスNo.1の低ランニングコスト(※2)や、2系統のインターフェイスに同時接続ができるなど従来機能に加え、ネットワークケーブルの配線を不要とする無線LANでは5GHzの周波数帯に対応しました。また、オプションのストレージ(HD-18)にデータ上書きや暗号化機能を標準搭載し、お客様の大切な情報を安全に保護します。

※1 出典: IDC Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker 2022 Q2
  2021年4月~2022年3月の国内市場全ての四半期における印刷速度45枚/分~69枚/分のスピードレンジにおいて。
※2 2022年9月現在、31〜69ページ / 分(A4)のモノクロA4プリンターにおいて。


「ECOSYS PA6000xシリーズ」の特長
[1]独自の長寿命化技術によりクラスNo.1の低ランニングコストを実現
[2]オープンシステムとホストコンピューターにそれぞれ対応したPCLとエミュレーションを標準装備
[3]2系統のインターフェイスに同時接続が可能
[4]無線LAN 5GHzの周波数帯にオプション対応
[5]データセキュリティー機能を搭載した256GBのオプションストレージ
[6]A5ヨコサイズ印刷の高い生産性
[7]TPM(Trusted Platform Module)に対応しセキュリティーをオプションで強化
[8]プリントパフォーマンスアップ


[1]独自の長寿命化技術によりクラスNo.1の低ランニングコスト(※1)を実現
京セラ製のアモルファスシリコンドラムをはじめ、あらゆる部材の長寿命化を図りました。マシンライフまでの廃棄部品を削減することにより、クラスNo.1の低ランニングコスト(A4用紙1ページあたり0.6円(※2))を実現し、お客様のコスト軽減に大きく貢献します。
※1 2022年9月現在、31〜69ページ / 分(A4)のモノクロA4プリンターにおいて。
※2 トナー価格より算出。JIS X6931標準原稿換算。


[2]オープンシステムとホストコンピューターにそれぞれ対応したPCLとエミュレーションを標準装備
従来機同様にPCLをはじめ、IBM5577(※1)やNEC PC-PR201(※2)などのエミュレーションを標準装備しています。
※1 IBM5577は、IBM Corporationの商標です。
※2 NEC PC-PR201は、日本電気株式会社の商標です。


[3]2系統のインターフェイスに同時接続が可能
オプションでパラレル/有線LAN / 無線LAN/Wi-Fi Directインターフェイスのいずれかを追加でき、同時に接続が可能です。これにより複数のネットワークがある環境でもプリンターを集約することで導入コストを削減できます。

[4]無線LAN 5GHzの周波数帯にオプション対応(※)
無線LANが新たに5GHzの規格に対応し高速通信が可能となりました。これまでの対応規格はIEEE802.11 b / g / nでしたが、新たにIEEE802.11 a / ac にも対応しました。無線LANを活用すれば、LANケーブルの配線が不要になり、設置場所の制限を受けません。
※ オプション IB-37で対応

[5]データセキュリティー機能を搭載した256GBのオプションストレージ(※)
オプションストレージに、印刷後の残存データに上書きして元データを消去する上書き消去機能や、保存するデータを暗号化する機能を標準搭載。セキュリティーに関する機能を強化し、機密情報の安全性をより高めています。また、ストレージ容量も従来の32GBから256GBにアップしました。
※ オプション HD-18(256GB)で対応

[6]A5ヨコサイズ印刷の高い生産性
「ECOSYS PA6000xシリーズ」のA5ヨコサイズのプリントスピードは、請求書や薬剤情報提供書など小サイズの伝票出力に高い生産性を発揮します。

[7]TPM(Trusted Platform Module)に対応しセキュリティーをオプションで強化(※)
TPMとは、データの暗号化や復号化を行うハードウェアチップです。TPMチップに搭載された専用の記憶領域に保存したデータは、外部デバイスからアクセスできないため、機密情報を安全に保管することが可能です。
※ オプション UG-50で対応

[8]プリントパフォーマンスアップ
高速CPU(1.4GHz)を搭載した高性能コントローラーにより、画像処理速度は最大60%改善※。トータルで印刷パフォーマンスを向上させました。
※ モノクロA4プリンター ECOSYS P3160dn / P3145dnと比較
本件に関するお問合わせ先
京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課 06-6764-3515

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
ホームページ
https://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/
代表者
安藤 博教
資本金
1,200,000 万円
上場
非上場
所在地
〒540-8585 大阪府大阪市中央区玉造1丁目2番28号
連絡先
06-6764-3555

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所