米国発の自動調理販売機Yo-Kai Expressで初の専門店プロデュース

一風堂のラーメン2種発売!24時間いつでも90秒でアツアツ本格ラーメン

株式会社力の源ホールディングス(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:河原成美)傘下の「力の源カンパニー」が運営するラーメン店「一風堂」が開発に携わったラーメン2種が、2022年9月1日(木)より、米国シリコンバレー発の自動調理販売機「Yo-Kai Express」(ヨーカイ エクスプレス)の新商品として販売されます。
「Yo-Kai Express」は「Yo-Kai Express Inc.」(創業者・CEO:Andy Lin)の提供する自販機型の自動調理ソリューションで、熱々に調理した食事を24時間コンタクトレスで販売します。食品は丼に入った形状で筐体内に冷凍保存されており、メニューごとに設定された最適な調理を経て最短90秒で出来上がります。2022年9月現在、日本では東京都内の2ヵ所にラーメン専用の「Yo-Kai Express」が設置されていますが、今後主要な駅や空港などあらゆる施設に展開していきます。

「Yo-Kai Express」が飲食ブランドと協業して新しい商品を発売するのは今回が初めてです。この度発売する商品は、「一風堂 博多とんこつラーメン」と「IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン」の2種類で、どちらも「Yo-Kai Express」での販売のために一風堂創業者・河原成美と商品開発メンバーにより特別に開発されました。店舗での調理とは全く異なる条件下でも一風堂らしい味わいを表現すべく、食材の手配から製造まで、すべて自社グループ内で行っています。また、現在も麺の硬さが選べる機能や、替玉の商品化を視野に共同開発を進めています。

「Yo-Kai Express」は補充時の清掃やメンテナンスを行う以外はすべて無人営業で、24時間いつでもすばやく熱々のラーメンが食べられることから、早朝や深夜の利用者を中心に注目を集めています。また、当社としても、高速道路PAや病院、大学など通常の店舗での営業が難しい場所でもニーズに応えられることに期待しています。「食を通して新しい価値を創造する」「変わらないために、変わり続ける」を理念とする一風堂は今後もラーメン業界の先駆者として、持続可能な社会の実現のために、変わりゆく生活者のニーズを先取りしながら新しい食のライフスタイルを提案してまいります。
一風堂 博多とんこつラーメン
IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン
===========================
Yo-Kai Express Inc.
2016年に創業したシリコンバレー発フードテックベンチャー。創業者でCEOのAndy Lin氏は、日本で見たうどんなどの自動調理販売機から着想し、「Yo-Kai Express」を独自に開発しました。米国内では空港、ホテル、病院、企業、大学、会議場、複合居住施設など、約50ヵ所に「Yo-Kai Express」を設置しており、これまでに20万食以上の提供実績があります。「Yo-Kai」の名は日本語の妖怪に由来し、どんな場所でもいつでも人々を楽しませたいという想いが込められています。
===========================

■販売概要 ※2022年9月1日時点
●Yo-Kaiオリジナル(各税込790円):鶏Yuzu Shio、東京Shoyu、札幌Spicy Miso、九州Tonkotsu
●一風堂プロデュース(各税込980円):一風堂 博多とんこつラーメン、IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン

【販売場所】
①羽田空港第2ターミナル1階自販機レストラン内 ②首都高 高速11号台場線上り 芝浦パーキングエリア

【決済方法】
キャッシュレスのみ(交通系ICカード、クレジットカード、電子マネー、QR決済)
本件に関するお問合わせ先
pr@chikaranomoto.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社力の源ホールディングス
ホームページ
https://www.chikaranomoto.com/
代表者
河原 成美
資本金
130,831 万円
上場
東証プライム
所在地
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-13-144階
連絡先
092-762-4445

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所