相模女子大学・相模女子大学短期大学部 金子修介客員教授が監督した『信虎』がマドリード国際映画祭2022において「外国語映画部門 最優秀監督」を受賞しました



相模女子大学・相模女子大学短期大学部 金子修介客員教授が監督した『信虎』がマドリード国際映画祭2022において「外国語映画部門 最優秀監督」を受賞しました




 相模女子大学・相模女子大学短期大学部(神奈川県相模原市南区、 学長・田畑雅英)の客員教授である金子修介監督の映画『信虎』が、 マドリード国際映画祭2022において、「外国語映画部門 最優秀監督」を受賞しました。 2022年7月23日、スペインでマドリード国際映画祭の授賞式が行われ、5部門にノミネートされていた映画「信虎」(海外タイトル: Nobutora-Samurai Tiger)が、「外国語映画部門 最優秀監督」と「ベスト・コスチューム」の 2部門を受賞しました。
 今回の「最優秀監督」の受賞は、金子修介監督と宮下玄覇共同監督の共同受賞となります。 金子修介客員教授は、平成『ガメラ』シリーズ(1995~1999)や 『あずみ 2』(2005)、『デスノート』(2006)など多くのヒット作を監督として手掛けており、 2010年~2015年に本学客員教授、2015年~2020年に本法人教育・文化顧問を務め、2022年より本学客員教授に就任されました。これまでも、本学と公益財団法人相模原市民文化財団との共催企画「シネマ&トーク」を中心にご活躍されています。
 今回受賞した映画『信虎』は、有名な武将、武田信玄の父・武田信虎の生き様を描いた時代劇映画で、2021年10月に公開されました。武田信虎の晩年から武田家の滅亡までが描かれてお り、織田信長や上杉謙信も登場し、当時の時代背景の様子が細かく再現された作品です。

▼本件に関する問い合わせ先
学園事務部総務課
黒井 由美
住所:神奈川県相模原市南区文京2-1-1
TEL:042-742-1411
FAX:042-749-6500
メール:soumu@mail2.sagami-wu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
相模女子大学
ホームページ
http://www.sagami-wu.ac.jp/
代表者
田畑 雅英
上場
非上場
所在地
〒252-0383 神奈川県相模原市南区文京2-1-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所