レーザー光源を採用したデスクトップ型の短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4960/WXL4960NI」を新発売

~ 教室の大型提示装置として投写位置を制約しない教卓設置タイプ ~

 株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則 以下、リコー)は、レーザー光源を採用したデスクトップタイプの短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4960/RICOH PJ WXL4960NI」を2022年7月1日に発売します。
 「RICOH PJ WXL4960/RICOH PJ WXL4960NI」は、「RICOH PJ WX4241/RICOH PJ WX4241N」の後継機で、教室の大型提示装置としてふさわしいスペックと機能を搭載し、さらに使いやすくなりました。リコー独自の前面入力端子やオートエコモードを踏襲し教育現場に配慮した設計に加え、レーザー光源の採用によって明るく鮮明な画質、長寿命、利便性の向上を実現しました。教卓設置タイプで投写位置が制約されないため、板書を邪魔せず黒板を自在に使えます。さらに、USB Type-C®入力端子を装備し、今後ますます増加するとみられる、USB Type-C®出力のみの小型ノートPCに対応します。また、「RICOH PJ WXL4960NI」は電子ペンによるPC操作や書込みができる3種類のインタラクティブ機能を標準搭載しており、お客様が利用される環境にあわせてお選びいただけます。
 リコーは、デジタルデバイス・サービスの活用によるワークプレイスの変革を通じて、お客様のよりよい働き方の実現を支援してまいります。


仕様と機能
       
         RICOH PJ WXL4960          RICOH PJ WXL4960NI

<「RICOH PJ WXL4960/RICOH PJ WXL4960NI」の主な特徴>
1.先生の板書を優先し生徒の学ぶ環境に配慮した設計
  • 生徒がケーブルに引っかからないよう、電源を含むすべての入力端子を前面に配置しました。
  • 投写位置に制約されない教卓設置タイプで、板書を邪魔せず黒板を自在に使えます。
  • スピーカー(8w×2)は、音が自然に広がり聞こえやすいように、背面に配置にしました。
2.簡単に使いこなせるインタラクティブ機能※1
  • PCインタラクティブ機能
    PCと本機をケーブルで接続するだけで、電子ペンによるPC操作が可能です。とりわけ、DisplayPortTM ALTモードに対応したUSB Type-C®出力を装備したPCからは、映像と制御を1本のケーブルのみで接続できて便利です。
  • CollaVision※2インタラクティブ機能
    ネットワーク投影アプリケーションCollaVisionにて、投映・書込み・PC操作をワイヤレスで実現します。
  • PCレスインタラクティブ機能
    本体内臓のアプリケーションにより、手軽にメモや書き込みができます。

3.投映方法のバリエーション
  • USB Type-C®入力端子(DisplayPortTM ALTモードに対応)
    DisplayPortTM ALTモードに対応したUSB Type-C®入力端子を搭載したことで、紛失しやすいHDMI®変換アダプターを使わずUSB Type-C®ケーブル(別売)で直接続できて便利です。
  • ネットワーク投影※1
    専用アプリケーションソフトCollaVisionによるネットワーク経由での投映ができます。
  • ミラーリング※1
    Miracast®搭載で専用のアプリケーションをインストールせずともスマートフォンやタブレットから投影ができます。
  • メディアプレーヤー機能および電源タイマー※1
    USBメモリーに保存した静止画や動画をダイレクトに再生・投影することができます。メディアプレーヤー機能と電源タイマーを組み合わせて運用することで、簡易的なサイネージや映像演出に活用できます。

4.密閉型レーザー光学エンジンの採用
  • 80〜100型の投影に適した4,000lmの輝度と鮮明な画質で投影可能です。
  • 起動とシャットダウンが早く、準備や片付けの時間を短縮します。
  • 約20,000時間※3の長寿命のため、ランプ交換不要で、導入後の費用と手間がかかりません。
  • 光源切れのリスクが低いため、授業や会議を中断される心配がありません。
  • エアフィルターを必要としないため、長期間にわたりメンテナンスの手間を低減します。
 ※1 RICOH PJ WXL4960NIのみの機能です。
 ※2 Coretronic Corp. が提供するネットワーク投影アプリケーションです。

 ※3 出力光束(明るさ)が半減するまでの、使用時間の目安です。

 *USB Type-C®は、USB Implementers Forum, Inc.の商標です。
 *DLP®およびDLPロゴは、テキサス・インスツルメンツの登録商標です。
 *DisplayPortTMは、the Video Electronics Standard Association(VESA®)の米国およびその他の国の商標です。
 *HDMIは、HDMI Licensing, LLC. の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
 *Miracastは、Wi-Fi Allianceの商標です。
 *社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


| リコーグループについて |
リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2022年3月期グループ連結売上高1兆7,585億円)。

imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/
本件に関するお問合わせ先
≪報道関係のお問い合わせ先≫
株式会社リコー 広報室
TEL: 050-3814-2806
E-mail: koho@ricoh.co.jp

≪お客様のお問い合わせ先≫
リコーテクニカルコールセンター 
TEL:0120-892-111

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社リコー
ホームページ
https://jp.ricoh.com/
代表者
山下 良則
資本金
13,530,000 万円
上場
(旧)東証1部,東証プライム
所在地
〒143-8555 東京都大田区中馬込1丁目3-6
連絡先
03-3777-8111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所