メタバース上のVRイベント「バーチャルマーケット2022」に出展

ヤマハ発動機株式会社は、8月13日(土)から28日(日)の期間、メタバース上で開催される世界最大規模の展示会「バーチャルマーケット2022 Summer」(主催:株式会社HIKKY)へ、電動アシスト自転車3モデルを出展し、VRワールド内を移動できる無料のシェアライドサービスを提供します。

来場者は、バーチャル空間上で「YPJ-MT Pro」「PAS CITY-C」「PAS CITY-V」といったヤマハ電動アシスト自転車を走行体験いただき、乗る楽しみや製品の魅力を感じて頂くことができます。
また、会場にはアンケート・リンクを設置し、ご回答いただいた方全員に、三輪スクーター「トリシティ125」をモチーフに“擬トラ化”したキャラクター「トラシティ125 by あみぐるみ」3Dモデルを差し上げます。




<出展モデル概要>
■「YPJ-MT Pro」
スポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」のフラッグシップモデルとして、“Fun and Exciting unusual experience~楽しくて刺激的な非日常体験~”をコンセプトに、「乗りこなす楽しみ」「マウンテンバイク特化のアシスト性能」「ユニークデザイン」ポイントに開発をした、オフロード向けスポーツ電動アシスト自転車です。

https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/ypj/ypj-mt-pro/




■「PAS CITY-C」
軽量コンパクトかつスタイリッシュな車体で人気の20インチモデルです。カジュアルなデザインで街乗りや通勤シーンにマッチします。
https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/lineup/city-c/




■「PAS CITY-V」
通勤や街乗りなどのシーンで使いやすい上質感のあるデザインを備え、気軽にスポーティな走行感覚を楽しむことのできる24インチ、コンパクトモデルです。
https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/lineup/city-v/





■「トラシティ125 by あみぐるみ」
ニャイケンからつづくキャラシリーズの第3弾として登場した「トラシティ125」は、前2輪スクーター「トリシティ125」をモチーフに、擬トラ化したキャラクターです。


【バーチャルマーケット(通称Vket)について】
メタバース上にある会場で、アバターなどの3Dアイテムやリアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる世界最大のVRイベント。2018年より開催する、日本はもとより世界中から100万人を超す来場者を誇りギネス世界記録™にも認定※された、メタバースの先駆け的イベントです。商品売買の他にも会場内で乗り物に乗ったり、映画を観たり、音楽ライブに参加するなど、バーチャル空間ならではの”体験”も提供。さらに来場者間で音声によるコミュニケーションが可能で、現実世界で一緒に街を巡っているかのような臨場感が楽しめます。
昨年、ヤマハ発動機は、業界初の「VRシェアライドサービス」を提供し、R1とMOTOROiDをご試乗体験いただきました。



本件に関するお問合わせ先
クリエイティブ本部プロダクトデザイン部PRD3グループ
TEL:0538-32-2482

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ヤマハ発動機株式会社
ホームページ
https://www.yamaha-motor.co.jp/
代表者
日髙 祥博
資本金
8,597,300 万円
上場
東証プライム
所在地
〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
連絡先
0538-32-1115

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所