スペイン/リッツォ・ぺぺ ペナルヴェよりネイチャー&アート、カラフル&リゾートをテーマとした5コレクションを発売

2022年新作ファブリックス スペイン/リッツォ・ぺぺ ペナルヴェ 最新作
東京、大阪にて取り扱い開始

壁紙、インテリアファブリックス、インテリアアイテムの貿易および販売事業を展開する株式会社トミタ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:富田亙正)はスペインのラグジュアリーブランド、リッツォと姉妹ブランドであるぺぺ ペナルヴェの新作コレクション(デザイン34点、256点)を取り扱い開始致します。深みのある色彩と質感にこだわったシックでラグジュアリーなデザインを展開するリッツォより『LAND ART(ランドアート)』『BOREAL(ボレル)』、『CADAQUES(カダック)』、そしてカラフルでカジュアル、常にトレンドを取り入れたぺぺ ペナルヴェより『GAULA(ガウラ)』『TERRA(テラ)』コレクションが発表されました。共通する2022年のテーマは“自然と癒し”、そして機能性。 個性溢れるコレクションをトミタトーキョーと大阪ショールームにてご覧いただけます。


【LIZZO】
“自然はアートに影響を与えるものではなく、自然その物が芸術である。”という思想からシルク、リネン、コットン、ヴィスコースなど、様々な素材を組み合わせることで重厚感を創り出した『LAND ART(ランドアート)』。個性的なシアーカーテン生地を得意とするリッツォの新作『BOREAL(ボレル)』は定番のリネン、コットンなどの天然繊維に加え、コントラクト対応可能な難燃ポリエステル、水や紫外線に強いソリューションダイアクリルといった機能性に優れた薄物生地を発表しました。またブランド初となる屋外対応のファブリックコレクション『CADAQUES(カダック)』はスペイン北東部の美しい海岸リゾート、コスタ・ブラバでのスローライフをイメージし、素材にポリプロピレンとポリエステルを使用することで屋外や汚れが気になる屋内用張布地、カーテンに最適です。

写真左: 地図の等高線からインスピレーションを得た、しなやかなフォルムのデザイン『MARAIS(マライス/全5色/税込¥21,890/m)』は半光沢のジャカード織物です。 -『LANDART』収録
写真中央: コットンとリネンの柔らかい広幅生地『ALGAE(アルガエ/全3色/税込¥23,650/m)』はナチュラルなテクスチャーとカラー展開が特徴で全3色展開です。-『BOREAL』収録
写真右: 耐摩耗試験(マーチンデールテスト)32,000~100,000回をパスした機能に優れたファブリックスを収録するコレクション『CADAQUES(カダック)』。アンティークのタペストリーからインスピレーションを受けたSUQUET(スケット/手前クッション/全6色/税込¥23,760/m)』。コスタ・ブラバの荒々しいレリーフにインスパイアされてデザインした幾何学模様を地中海沿岸のカラーパレットを思わせる色調で表現した椅子張り生地『ESCALA(エスカラ/ソファ背面生地/全5色/税込¥32,010/m)』。



【PEPE PENALVER】
『GAULA(ガウラ)』はポルトガルの楽園マデイラ島の伝統文化、プリントシルク、籐家具や陶器の柄から色やデザインのインスピレーションを受けたコレクションです。マデイラ島よりさらに離れた大西洋の中央に位置するアゾレス諸島にてインスパイアをうけたシアーコレクション『TERRA(テラ)』。

写真左 : シグネチャーカラーの全4色展開で大胆な植物をモチーフに描かれた『PORTELA(ポルテラ/税込¥31,240/m)』。-『GAULA』収録
写真中央 : マデイラ島の海岸沿いの町ポルト・モニーズが発想の源『MONIZ(モニズ/全4色/税込¥31,240/m)』。-『GAULA』収録
写真右 : 植物のモチーフが重なり合ったシアーデザイン『AZORES(アゾレス/全3色/税込¥16,500/m)』。

※表示価格は2022 年6 月現在税込価格となります。




2001年にJose Angel Climent 氏により創設されたスペインのブランド。アヴァンギャルドな雰囲気から前衛的でスタイリッシュな雰囲気まで幅広いデザインを展開しています。テキスタイルとして常に高水準なデコレーションを保つことをコンセプトに掲げ、優雅で洗練されたスタイルを確立しています。


1964年にスペインで設立したブランド、PEPE PENALVER(ぺぺ ペナルヴェ)。スペインのテキスタイルブランドとしてユニークな商品の開発を行ってきました。クラシカルなスタイルを保ちながらも、常に新鮮かつ流行のファッショントレンドを取り入れ、豊かなテクスチャーや独自の美しいカラースキムによってクラシカルなエッセンスを失うことなく新たなデザインを生み出しています。





■ tomita TOKYO
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1・2F
JR東京駅八重洲南口より徒歩5分
東京メトロ銀座線京橋駅に直結8番出口

トミタのすべてが揃うショールーム tomita TOKYO は東京のランドマーク「京橋エドグラン」にあります。
日本の伝統素材と技を駆使したトミタオリジナル壁紙、44ブランドに及ぶ海外の壁紙、ファブリックス、モールディング、家具、ラグを、実際に見て触れて本物の質感をご体感いただけます。

■ 大阪ショールーム
大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-15 南御堂ビルディング South4F

【tomita TOKYO, 大阪ショールームの営業について】
営業時間:10:00~18:00 (月曜日-日曜日・祝日)【予約制】
*お客様の密集を避けるためご入場組数を制限しております。ご来店の際は前日までにご予約をお勧めいたします。
※ご来店当日、ご予約無しでお越しいただきましたお客様も制限組数を超えない場合はご入場いただけます。
*大阪ショールームにつきまして、日曜・祝日のみ、2週間前までにご予約願います。

ご来店予約・お問い合わせ先
東京:tomita TOKYO TEL.03-3273-7500
大阪:大阪ショールーム TEL.06-6281-8481


株式会社トミタについて
1923年(大正12年)東京・京橋に襖紙や掛け軸の表装に使用する布地を扱う企業として創業しました。「ひとりひとりのお客様に居心地の良い空間をご提供する事のお役に立つ」という理念は創業当時から一貫しています。現在は壁紙、インテリアファブリックス、家具、ラグ、インテリアアイテムの貿易及び販売事業を展開しています。取扱いブランド数は44ブランドにのぼります。

株式会社トミタ
東京都品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター6F A・B 〒141-0022
代表番号:03-5798-0081 FAX:03-5798-7488
事業所:東京本社・大阪事務所・福岡事務所・千葉商品センター
ショールーム:tomita TOKYO・大阪ショールーム





本件に関するお問合わせ先
tomita TOKYO (トミタトーキョー)住所:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1・2F
担当者:宮崎 TEL : 03-3273-7500 FAX : 03-3273-7551
MAIL : tomitatokyo@tominet.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社トミタ
ホームページ
https://www.tominet.co.jp/
代表者
富田 亙正
所在地
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19東京デザインセンター6F-A・B
連絡先
03-5798-0081

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所