ドローン搭載5.7GHz帯無線機で4K生映像の5km伝送に成功【株式会社光電製作所・東京工業大学・工学院大学】



株式会社光電製作所(東京都大田区、代表取締役社長:荒田慎太郎)開発部、東京工業大学(東京都目黒区、学長:益一哉)工学院電気電子系 阪口啓教授ら研究グループ、工学院大学(東京都新宿区/八王子市、学長:伊藤慎一郎)工学部機械システム工学科 羽田靖史准教授ら研究グループの3機関共同研究で取り組んでいる総務省委託研究『5.7GHz帯における高効率周波数利用技術の研究開発』におけるフィールド実験において、高度約100mで飛行するドローンから送出した4K(2160/60p)生映像の5km伝送ほかに成功した。




研究の背景と経緯
 ドローンの活用は急速に進展しつつあり、目視外飛行や自動運行時の安全確保、効率的な警備、被災地などの情報収集への活用のためにも、より高精細な生映像のリアルタイムな無線伝送が求められている。また、増え続ける周波数需要を踏まえ、使用無線周波数帯域は狭帯域で、複数機器での同時運用ができうることが求められる。そのような背景の下、総務省では5.7GHz帯「無人移動体伝送システム」として制度化された計105MHzの帯域を使用し、
・最大5km遠方のドローンから超高精細4K映像のリアルタイム伝送
・最大10台のドローンを同一エリア内で同時使用可能
の実現を目的とした委託研究『5.7GHz帯における高効率周波数利用技術の研究開発』を2019年に公募し、3機関共同研究として採択を得て取り組んできた。

研究成果
 このたび、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールド付近海岸の指定エリアに研究試作機を持ち込んでフィールド実験を実施し、試作無線機を搭載したドローンを制限高度150m未満で飛行させての通信実験を行い、5.7GHz帯「無人移動体伝送システム」で定義された帯域幅10MHzのチャネルを用いての4K生映像の5km伝送、同じ10MHzのチャネルを用いてあるドローンからの映像伝送と異なるドローンへの制御データの同時伝送、帯域的に重複が懸念される無線LAN機器の検出・干渉回避手段の検証、5km先の地上高150mからでも通信品質を確保するアンテナ特性・追尾機構の検証などを実施し、目標とする性能を満足できることを確認した。

今後の展開
 現状は機能試作機での個々の機能確認が行えた段階ではあるが、今後、機器の安定性、システム操作性の向上を図るとともに、ドローン搭載を踏まえてのサイズ、質量、コストの削減を図り、早期実用化を目指す。


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 工学院大学 広報課
担当:堀口・森川
TEL:03-3340-1498
メール:gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
工学院大学
ホームページ
http://www.kogakuin.ac.jp/
代表者
伊藤 慎一郎
上場
非上場
所在地
〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所