クアンタム社、独立系クリエイティブ・チーム向けに設計されたコンテンツ資産管理とコラボレーションのためのストレージH4000 Essentialを発表

大手コンテンツ制作会社や大手ブランドが採用しているStorNextおよびCatDVプラットフォームをオールインワン・アプライアンスで提供

日本クアンタムストレージ株式会社(東京都港区、カントリーマネージャ:瀧口昭彦、以下クアンタム社)は、H4000ストレージ・プラットフォームにQuantum CatDV™コンテンツ資産管理とQuantum StorNext™ 7共有ストレージ・ソフトウェアを統合したオールインワン・アプライアンスH4000 Essentialを発表しました。H4000 Essentialは、小規模なクリエイティブ・チーム向けに、高可用性共有ストレージとコンテンツ・インデックスの自動作成、コンテンツ検索、ワークフローによるコラボレーションを提供します。サポートに専門のITスキルを必要とせず、数分で運用を開始できるほか、コンテンツ管理とストレージを統合する独自の機能を備えているため、クリエイティブ・チームはコンテンツの検索に時間をとられることなく、コンテンツ制作により多くの時間を費やすことができるようになります。大手スタジオ、放送局、ポストプロダクション・ハウスで利用されているのと同じテクノロジーを世界中のクリエイティブ・チームが利用できるようになりました。

「新しいH4000 Essentialの注目すべき点は、CatDVとStorNextという2つのパワフルなプラットフォームを統合し、個別に構成・管理しワークフローを立ち上げる複雑さと時間をなくしたことです。H4000 Essentialは、新プロジェクトや新チームを支援する最速のソリューションであり、ストレージへの直接アクセス、現場からリモートでのコラボレーション、複数プロジェクトの同時管理、あるいはこれらすべてに対応できます。世界初、これらの最先端テクノロジーが世界中の小規模なクリエイティブ・グループの手に届くようになりました」と、Quantumクラウド・ソフトウェア&アナリティクス部門バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのDave Clackは述べています。

「Switch社は、コンテンツや企業の主要ブランドを対象とした迅速機敏なブランド・エクスペリエンス・エージェンシーです。私たちの仕事は、バーチャル・ハイブリッド・ミーティング、イベント、展示会、フィールド・マーケティングで、デジタルとブランド・マーケティングを橋渡しすることです。当社のチームでは常に複数のプロジェクトが進行しているので、迅速に成果をあげるには、H4000 Essentialのようなオールインワンのコンテンツ管理およびストレージ・ソリューションを持つことが重要です」と、Switch社の社長兼CEOのDarren Temple氏は述べています。

H4000 Essentialには、独立系クリエイティブ・チームのニーズに応えるよう設計された以下の機能が搭載されています。
  • コンパクトな2Uサーバーの48TBまたは96TBストレージ(Raw容量)からスタートし、追加ストレージの購入により最大384TBに拡張できる、StorNextコラボレーティブ共有ストレージ・システム
  • 高可用性デュアルコントローラー・アーキテクチャ
  • 迅速な立ち上げと運用開始を可能にする、プロフェッショナルのクリエイター向けに設計されたすぐに使える直感的なユーザー・エクスペリエンス
  • 顧客ネットワークとの25GbEネットワーク接続
  • StorNextとCatDVのアカウント作成の統一、StorNextを利用したSMBストレージ・ボリューム共有
  • 「ファイル・ツリー・ポーリング」を必要とせず、ファイルの取り込み、メタデータの抽出、プロキシとフィルムストリップの作成をトリガーするStorNext共有ストレージ運用
  • 自動処理によるコンテンツの取り込み、メタデータの抽出、プロキシ、サムネイル、フィルムストリップ作成
  • 全ユーザーがただちに利用できる、フォルダ構造に基づき自動的にコンテンツのカタログ作成とインデックスを作成
  • パフォーマンスに影響しかねないファイル・システムのポーリングを回避する効率性の高いStorNextとCatDVの統合
  • Adobe Premiere Pro CatDV Panelの使用を含め、最大10名の指名ユーザーが使用できるように構成されたQuantum CatDVをプレインストール
  • システムのプロアクティブなリモート監視に対応するQuantum Cloud-Based Analytics(CBA)ソフトウェア搭載
  • Backblaze B2クラウド・ストレージ対応のアーカイブ・プラグインを利用可能、またはS3互換ストレージを選択可能
アーカイブ・プラグインにより、プロジェクトが完了してクラウド・ストレージに移動してもCatDVの検索可能なカタログを拡張し、H4000 Essentialで必要に応じて迅速に呼び出せる強力な方法が利用可能となります。

「私たちは、機敏なクリエイティブ・チームが、簡単で柔軟性があり必要なときにすぐに利用できるクラウド・ストレージを利用できるよう支援することに力を注いでいます。H4000 Essentialのすばらしい機能群とBackblaze B2アーカイブ・プラグインの組み合わせはまさにうってつけです。お客様はUIが提供する強力なビジュアルカタログを通じて、Backblaze B2に保存したすべてのコンテンツの可視性を維持しながら、あらゆる規模でアーカイブを拡張・保護できます」と、Backblaze社セールス&パートナーシップ部門バイス・プレジデントのNilay Patel氏は述べています。

Exertis Broadcast社技術部門バイス・プレジデントのNick Smith氏は次のように述べています。「StorNextを利用した共有ストレージとQuantum CatDVを完全に構成・統合し、インスタンスを迅速に立ち上げて運用できることに感動を覚えました。H4000 Essentialは、当社の付加価値リセラーの全国ネットワーク全体で、世界クラスのツールをコンテンツ・チームに提供する強力な方法だと考えています。」

H4000 Essentialは販売を開始しています。価格等については弊社販売パートナーへお問合せください。4月23~27日にラスベガスで開催されるNAB Show(ブースN4109、N4106)において、H4000 Essentialのデモンストレーションを行う予定です。H4000 Essentialをはじめとする弊社のメディア&エンターテインメントおよび企業ビデオ向けソリューションの詳細についてはhttps://www.quantum.com/jp をご覧ください。


クアンタム社について
クアンタム社の技術とサービスは、お客様のデジタル・コンテンツのキャプチャ、作成、共有を支援し、且つ長期に渡って保存および保護します。データ・ライフサイクルのあらゆる段階に最適なソリューションを搭載したクアンタム社のプラットフォームは、高解像度ビデオ、画像、産業用IoTに、最速のパフォーマンスをご提供いたします。これが、世界中の大手エンターテインメント企業、プロスポーツチーム、研究機関、政府機関、大企業、クラウド・プロバイダーがクアンタム社のソリューションで世界を幸福に、安全に、スマートにしている理由です。詳細は https://www.quantum.com/jp を是非ご覧ください。


お問い合わせ
日本クアンタムストレージ株式会社(https://www.quantum.com/jp/
email: japan_info@quantum.com
Tel: 03-6890-3038(代表)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本クアンタムストレージ株式会社
ホームページ
https://www.quantum.com/JP/
代表者
マクドナルド・ グレゴリー・ジェー
資本金
4,000 万円
上場
海外市場
所在地
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7赤坂Kタワー4階
連絡先
03-6890-3038

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所