チキンタツタがウルトラマンと初コラボ!2種のタツタ登場!帰ってきた「チキンタツタ」 新登場「シン・タツタ 宮崎名物チキン南蛮タルタル」

今年の「チキンタツタ(R)」は超うまい?!
4月20日(水)から5種のサイドメニューとドリンクとともに期間限定発売
タツタオリジナル歌詞の『帰ってきたウルトラマン』主題歌に注目!新TVCM 4月19日(火)より全国放映開始


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、長年お客様にご愛顧いただいている「チキンタツタ」をより楽しんでいただきたいとの想いから、映画『シン・ウルトラマン』の公開に合わせ、「ウルトラマン」と「チキンタツタ」のコラボ企画を実施し、「チキンタツタ」と新商品「シン・タツタ 宮崎名物チキン南蛮タルタル」の2種のバーガーを、4月20日(水)から全国のマクドナルド店舗にて期間限定で販売いたします。また、「タツタシリーズ」の登場に合わせ、新たに5種のサイドメニューとドリンクもラインアップし、バーガーとドリンクはウルトラマンオリジナルパッケージでご提供いたします。

「チキンタツタ」は、1991年に初登場し、30年以上販売されている人気商品です。昭和から現代まで愛され続けるヒーローの姿とともに、ロングセラー商品「チキンタツタ」シリーズをお楽しみいただきたいとの想いから、ウルトラマンシリーズを代表する『帰ってきたウルトラマン』と、5月13日(金)より公開する空想特撮映画『シン・ウルトラマン』とのコラボ企画が実現しました。

「チキンタツタ」は、ふんわりとした食感のオリジナルバンズに、生姜醤油の風味香るやわらかなチキンパティをシャキシャキの千切りキャベツ、クリーミーでちょっぴり辛味のあるソースとともにサンドした、長年愛され続けている味わいをお楽しみいただけます。
「シン・タツタ 宮崎名物チキン南蛮タルタル」は、チキンタツタを、宮崎名物チキン南蛮をイメージして仕上げました。生姜醤油の風味香るやわらかなチキンパティに具材感たっぷりの濃厚なタルタルソース、コク深い風味の米黒酢ソースを組み合わせた、まさに「シン」の名にふさわしい新しい味わいをご堪能いただけます。
さらに、ガーリックの旨みと、唐辛子と黒胡椒のスパイシーな風味が楽しめる「シャカシャカポテト(R) レッド&ブラック ダブルペッパー」、青森県産の「ふじりんご」のまろやかな甘みとさわやかな酸味が楽しめる炭酸ドリンク「マックフィズ(R) 青森県産ふじりんご(果汁1.3%)」「マックフロート(R) 青森県産ふじりんご(果汁1.3%)」、熊本県産のすいか果汁を使用した、ほんのり甘くさわやかな炭酸ドリンク「マックフィズ(R) 熊本県産すいか(果汁1.2%)」「マックフロート(R) 熊本県産すいか(果汁1.2%)」も登場。映画『シン・ウルトラマン』のウルトラマンのイラスト入りの限定カップと共にお楽しみください。
(※一部店舗では実施していない場合がございます。数に限りがございます。)

4月19日(火)から公開のTVCMは、『帰ってきたウルトラマン』主題歌の替え歌をBGMに、チキンタツタを待ち望む人たちの前にヒーローのごとく2つの期間限定商品が登場します。『帰ってきたウルトラマン』が放映された昭和時代を思わせるレトロな雰囲気の映像に、映画『シン・ウルトラマン』のシーンを組み合わせ、お子様から大人までお楽しみいただけるTVCMとなっています。このほか、Twitterキャンペーンなどの楽しい企画もあわせてお楽しみください。
 
マクドナルドは、変化する社会やお客様のニーズに柔軟に対応し、進化を続けます。そして、持続可能な社会の実現に向けて取り組みながら、「おいしさと笑顔を地域の皆さまに」ご提供してまいります。

ウルトラマン入りの静止画像(パッケージ・キービジュアル等)をご使用になる際は、
必ず下記の各種コピーライト表記を入れていただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
■コピーライト
帰ってきたウルトラマン:©円谷プロ
映画『シン・ウルトラマン』:©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

本件に関するお問合わせ先
マクドナルド公式ホームページ https://www.mcdonalds.co.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本マクドナルド株式会社
ホームページ
http://www.mcdonalds.co.jp/
代表者
日色 保
資本金
10,000 万円
上場
(旧)JASDAQ
所在地
〒163-1339 東京都東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー
連絡先
0120-010-916

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所