⾚倉温泉スキー場「レストラン・ピステ」にて「いきなり!ステーキ」のメニュー提供開始

株式会社ペッパーフードサービス(本 社/東京都墨⽥区・代表取締役社⻑CEO/⼀瀬邦夫)は、株式会社鈴⽊商会(本社/東京都千代⽥区・代表取締役社⻑/鈴⽊⼀正)が経営する、「⾚倉温泉スキー場(新潟県妙⾼市)」にて、「いきなり!ステー キ」のメニューの販売を開始致します。

⾚倉温泉スキー場のヨーデル第 1 トリプルリフトの上にある、レストラン・ピステ にて「いきなり!ステーキ」の⼈気メニュー【ワイルドステーキ】と【ワイルドハン バーグ】、【ヤングカットステーキ】の 3 商品を提供いたします。 
                    
今回の企画は、「スキー場でもゆっくりとステーキを召し上がっていただきたい」 という両社の想いが合致し、また今後のインバウンド需要も⾒越して実施に⾄りまし た。

「いきなり!ステーキ」の店舗で使⽤している、電磁調理器(特許取得済)を レストランに設置して、同様のメニュー提供を可能にしております。
また、ライスと サラダの他、⾚倉温泉スキー場限定の「特製スープ」を共通のセットとして、ご⽤意 しております。

レストラン・ピステでは、今シーズンより弊社スキー場のレストランでは初めてと なる「事前予約制」を導⼊し、⼩さなお⼦様がいるご家族でも気兼ねなく、ゆっくり と⾷事をお楽しみいただけます。

ぜひこの機会にスキー場で「いきなり!ステーキ」をお召し上がりくださいませ。

【詳細】 ■提供場所:⾚倉温泉スキー場 「レストラン・ピステ」
【営業時間】9:00〜16:00(お⾷事時間 10:30〜15:30)
【席数】100 席
■「いきなり!ステーキ」提供メニュー/価格(税込):
①ワイルドステーキ 300g 2,500 円
②ワイルドハンバーグ 300g 1,800 円
③ヤングカットステーキ 300g 2,000 円
共通セット:特製スープ・サラダ・ライス
■お問合せ:0255-87-2828

【⾚倉温泉スキー場】 ⾚倉温泉スキー場は、1958 年 12 ⽉に⾚倉熊堂スキー場として開業いたしました。 妙 ⾼⼭の裾野に広がるビッグゲレンデは、リフト 14 基・コース 17 本があり、⾮圧雪 のパウダースノーや、ワイドな緩斜⾯の初⼼者向けゲレンデもございます。また広⼤ なゲレンデには、6 つの特⾊あるレストランがあり、それぞれのゲレンデでお⾷事を お楽しみ頂けます。ゲレンデの麓は⾚倉温泉街があり、開湯(江⼾時代⽂化 13 年) 200 年の歴史、⾚倉温泉は昭和⾵情漂う、⽼舗の温泉宿が軒を連ねます。
▼2021 年-2022 年シーズン概要
▼ 営業期間:2021 年 12 ⽉ 12 ⽇(⼟)〜2022 年 4 ⽉ 3 ⽇(⽇) 営業時間:8:30〜17:00 ナイター営業:7:00〜22:00(12/25(⼟)〜3/21(⽉・祝) コース数:17 本リフト数:14 基 最⼤斜度:43 度 最⻑滑⾛距離:3,000m
アクセス:上信越⾃動⾞道「妙⾼⾼原 I.C」より⾞で約 8 分
                                         
 
【株式会社鈴⽊商会】 1943 年に創業以来、鈴⽊商会グループは 70 余年以上に渉り⽇本の重要な観光資源であるス キー場をはじめ、魅⼒ある観光地における宿泊施設やテーマパーク等の経営・ 運営を⼿掛け てまいりました。 スキー場は 1959 年開業の⾚倉温泉スキー場(新潟・妙⾼⾼原)をはじめ、群⾺、⻑野、⼭ 形、岩⼿、北海道にも展開しております。 また広島、和歌⼭、⿅児島、静岡ではホテル、和歌⼭では⽔族館を運営しております。鈴⽊ 商会グループは、多くのお客様にご来場いただき、雇⽤創出による経済活性化と共に、それ ぞれの地域・地元に貢献してまいります。さらに古くから醸成された各地⽅独⾃の⽂化や歴 史、グローバルに価値のある世界⽂化、⾃然遺産、⽣命⼒溢れる海洋、美しく雄⼤な⼭岳な どの「Culture & Nature」を活かし、お客様に⼼ゆくまで豊かな「Only One」のリゾート ライフをお楽しみいただけるよう願っております。
【WEB: https://suzukishokai.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社ペッパーフードサービス
ホームページ
https://www.pepper-fs.co.jp/
代表者
一瀬 邦夫
資本金
353,800 万円
上場
東証1部
所在地
〒130-0012 東京都墨田区太平4-1-3オリナスタワー17F
連絡先
03-3625-9250

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所