【今ちゃんの「実は・・・」】全身抹茶女子が幻のぜいたく裏メニューをオーダー!!

「今ちゃんの『実は・・・』」
12月1日(水)夜11時17分~ ABCテレビ
(関西地区で放送)

焼肉だけじゃない“鶴橋”の知られざる名店を発掘! 
至福の“ひとり参鶏湯”が楽しめる日本初の専門店とは? 

好きなモノを突き詰める超上級マニアがたどり着いた至高の“奥義”を武将様&ゴエ爺がリポート!




サバンナがリポートするのは「銭湯中心の環状線No.1グルメタウン決定戦!」。視聴者から寄せられた情報をもとにJR大阪環状線各駅周辺の名店を巡り、一番グルメな駅はどこなのか?を決定する一大グルメプロジェクトの第3弾! 今回は「女性が激オシ!ウラ鶴橋の隠れ家グルメは実は…」と題し、“鶴橋”の知る人ぞ知る名店を訪ねる。“焼肉の街”として知られる鶴橋だが、実は焼肉以外のジャンルを極める注目の専門店もいっぱい! その中から厳選した、女性がオススメする隠れ家な激ウマ店とは?

 
1軒目は、日本初の“ひとりで食べるスタイル”の参鶏湯を提供する専門店。かのミシュランガイドに何度も掲載されている韓国料理店の姉妹店で、人気の参鶏湯の味はそのままに、よりリーズナブルなお値段で味わえるという。推薦人の女性の「めちゃくちゃおいしいんです!」という激オシを受け、お店にやってきたサバンナ。独自のレシピが生み出す至福のモチモチ食感に高橋は「ここの参鶏湯、日本一うまいんちゃう?」と感動! 

2軒目は、地元の人に愛され続けている創業74年の魚料理専門店。お父さんとお母さん、元気な娘さんが切り盛りする家族経営のアットホームなお店の売りは、水産業を営むお兄さんから直接届く鮮度バツグンの魚! 推薦人のイチオシは、新鮮な魚介のおいしさが堪能できる“ホタルイカの石焼き”で…。「うまい! うますぎる!」と高橋も夢中に! 石の上でホタルイカが踊る自慢の逸品に、スタジオの今田らも大興奮!!


「クイズ!○○マニアがたどり着いた最終奥義は 実は…でござる」は、戦国の世からやってきた“武将様”ことミサイルマン・岩部と、浅越ゴエ扮する家臣の“ゴエ爺”がリポートする新企画! 好きなモノによって人生まで変えてしまった“超上級マニア”を訪ね、こだわりに満ちた暮らしぶりを拝見する。そして、その果てにたどり着いた至高の“最終奥義”をクイズ形式で紹介!

 
記念すべき1人目のマニアさんに対面するべく、2人が向かったのは京都。橋のたもとに佇む、服やカバン、アクセサリーにいたるまで緑色でまとめた「全身グリーン」の女性に面食らい…。彼女こそが、何よりも抹茶を愛し、抹茶のグリーンにまみれて暮らす“抹茶マニア”の抹茶きな子さん! これまでに食べた抹茶グルメが7000食を超える彼女がオススメする抹茶スポット、宇治市の『辻利兵衛本店』に武将様&ゴエ爺もお供することに。こだわりの抹茶スイーツが人気のこちらには、マニアにはたまらない1万円超えの贅沢裏メニューがあるといい…。初めて口にしたきな子さんが感激のあまり涙!? この6年間、誰も口にしたことがないという幻の逸品が姿を現す! さて、そんなきな子さんが到達した最終奥義は、マニアならではの料理術。大量の抹茶を投入し、抹茶色に染め上げてしまった子どもが好きなあのメニューとは?

 
2人目は、大阪市阿倍野区でたこ焼き店を営む鴨田俊さん。大阪で製造されている地ソースにとことん惚れ込んでいる“地ソースマニア”の彼が作るたこ焼きは「ソースが主役」。ソースの味を楽しんでもらうためにあえて定番の材料を除く「旨み減らし」の極意とは? また、地ソースを知り尽くす鴨田さんが到達した味の最終奥義“ソースを加えると格段にうまくなる意外な飲み物”を公開。思わぬマッチングに武将様も「驚きのうまさ!」と衝撃を受ける!

その他の写真






「今ちゃんの『実は・・・』」
12月1日(水) 夜11時17分~ ABCテレビ(関西地区で放送)
※TVer・Gyao!で見逃し配信(TVerはマイリスト登録をどうぞ!)

【司会】今田耕司
【出演】月亭八方、未知やすえ、小籔千豊
    サバンナ(八木・高橋)、シャンプーハット(恋さん・てつじ)、
    浅越ゴエ、ダイアン(ユースケ・津田)ほか
本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
朝日放送テレビ株式会社
ホームページ
https://www.asahi.co.jp/
代表者
山本 晋也
資本金
10,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1丁目1番30号
連絡先
06-6458-5321

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所