新潟の代表といえばやはりあの人、あのキャラ!新潟県⺠100⼈に聞きました「新潟の代表」編

新潟※(コメジルシ)プロジェクト 「新潟コメジルシ総研」 県民アンケート結果

新潟県では、県民の皆様から本県の魅力をもっと自信を持って発信・表現していただける意識や機運を育てていくことを目的として、新潟※(コメジルシ)プロジェクトに取り組んでいます。
このプロジェクトの一環として「新潟コメジルシ総研」と題し100人の県民の声をもとに様々な角度から「期待どおりの新潟県」や「思いもよらない新潟県」を紹介します。
第3回目の今回は、「新潟の代表」をテーマとしたアンケート結果を公開します。
●「新潟の代表」編 主な調査結果トピックス
 ・新潟出⾝の有名⼈といえば?という質問で、「⼩林幸⼦」が最も多くの票を集めた
 ・新潟県のゆるキャラといえば?という質問で、「レルヒさん」が最も多くの票を集めた
 ・県外の⼈に贈りたい県産品は?という質問で、「⽇本酒」が最も多くの票を集めた
 ・新潟を代表する⽇本酒の銘柄は?という質問で、「⼋海⼭」が最も多くの票を集めた

●アンケート結果

Q1.新潟出⾝の有名⼈といえば?

 →新潟代表は、ラスボス感がすごいあのお⽅
 新潟出⾝の有名⼈といえば?という質問で圧倒的に票を集めたのは新潟市出⾝の⼩林幸⼦さんです。
2位の⽥中⾓栄さん、3位の渡辺謙さんという⼤御所にダブルスコア以上の差をつけての堂々の1位で
す。
理由としては、「紅⽩歌合戦に出続け今もラスボスとしてご活躍されているから」といった回答が
多数あり、紅⽩歌合戦への出場と、「ラスボス」感のある派⼿な⾐装が記憶に残っているようです。
また、「新潟をアピールしているから」という回答も複数あり、新潟の歩く広告塔として広く県内
でも認知されているようです。

Q2.新潟県のゆるキャラといえば?
 →1位はもちろん、元祖スキー男のあの⼈!
新潟県のゆるキャラといえば?という質問で、こちらも圧倒的な得票数で1位になったのは「レル
ヒさん」でした。モデルとなったのは、新潟の地で⽇本初のスキーを教え、⻑野、北海道にも伝え
た実在の⼈物、テオドール・フォン・レルヒさんです。理由としては、「⼤きくて⽬⽴つ」「インパ
クトがある」というコメントが多く⾒られ、⼩林幸⼦さんと同様、外⾒のインパクトが⼤きな要因
となっているようです。商品のパッケージやTwitterで⾒かけるという声もありました。
2位は新潟県宣伝課⻑のトッキッキ、3位は笹団⼦がモチーフのササダンゴンという結果でした。

Q3.県外の人に贈りたい県産品は?
 →新潟県⺠が贈りたいものは、やはり⽇本酒!
「新潟の⾷⽂化編」でも触れたようにおコメが⼤好きな新潟県⺠ですが、県外の⼈に贈りたい県産
品は?という質問では、お⽶を押しのけ⽇本酒が1位となりました。毎年違う銘柄のお酒を贈ること
ができるというのは、現在87蔵と⽇本酒蔵数⽇本⼀を誇る新潟県ならではの特徴と⾔えるでしょう。
2位のお⽶以降も⾷べ物が上がっており、唯⼀6位に洋⾷器・調理器具がランクインしています。
⾷どころ新潟では、季節のおいしいものを贈る⼈が多いようです。

Q4.新潟を代表する⽇本酒の銘柄は?
 →接戦を制したのは、県外でも⼈気の⼋海⼭!
⽇本⼀の酒どころ、新潟を代表する⽇本酒として1位となったのは「⼋海⼭」でした。理由として
は、2位、3位も同様に「県外でよく⾒かける」という声が多く上がっており、全国的な知名度やブ
ランド⼒を重視している
ことが分かります。
⼀⽅、⾃⾝の好みや味を挙げる⽅は少なく、控えめな新潟の県⺠性が⾒える結果となりました。


●使用データ
調査対象 新潟県内在住及び新潟県出⾝者、10代〜60代計100名(有効回答数)
調査期間 2021年7⽉19⽇(⽉)〜8⽉17⽇(⽕) 29⽇間
調査⽅法 インターネットアンケート
回答者属性 下記のとおり


新潟コメジルシ総研 概要
新潟県に関する話題について、新潟県民(出身者を含む)100人を対象にアンケート調査し、結果をもとに新潟県を紹介するもの。

●「新潟コメジルシ総研」設⽴にあたってのご挨拶
新潟県⺠が、新潟の魅⼒を再発⾒し、発信している「新潟※(コメジルシ)プロジェクト」。
その⼀環として、新潟県⺠が考える新潟県の姿を明らかにすべく、この度「新潟コメジルシ総研」を設⽴しました!そして、所⻑に任命されたのがぼく、「コメジルシ」です!
コメジルシ総研では、県⺠の⽅々へのアンケートを通じ⾒えてきた新潟の魅⼒や特徴、県⺠性などを定期的に発信していくので、ぜひご注⽬ください!


【コメジルシくんって?】
オス。5歳(人間の年齢で30歳くらい)。新潟のいいところ(米印)を世界に広めていくのが
仕事。いつか新潟のコメンテーターになる夢を叶えるために、今日も新潟愛全開で生きていく。

●調査概要
新潟コメジルシ総研は、新潟県に関する様々な疑問について、新潟県⺠100⼈(県外在住の新潟県出
⾝者も含む)を対象にアンケート調査を実施しました。
調査結果は下記のスケジュールにて順次公開予定です。

第1回「新潟の地域性」編「新潟県は何地⽅?」等:10月18日公開済
第2回「新潟の⾷⽂化」編「新潟県⺠のコメのおともといえば?」等:10月29日公開済
第3回「新潟の代表」編「新潟出⾝の有名⼈といえば?」等:本リリース
第4回「新潟の観光」編「おすすめしたい新潟の⾵景・絶景は?」等:11⽉中旬予定
第5回「新潟の県⺠性」編「新潟の県⺠性をひと⾔でいい表すと?」等:11⽉下旬予定
本件に関するお問合わせ先
新潟県知事政策局広報広聴課 広報係 佐藤・太田(麻)
TEL 025-280-5014
E-mail ngt000120@pref.niigata.lg.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
新潟県
ホームページ
https://www.pref.niigata.lg.jp/
代表者
花角 英世
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1
連絡先
025-285-5511

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所