血漿中の181位リン酸化タウ蛋白を測定する、全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルス」用の試薬開発に向けたAlzheimer’s Drug Discovery Foundationからの資金援助

 当社の連結子会社である富士レビオ・ホールディングス株式会社(代表取締役社長:石川 剛生、本社:東京都新宿区)傘下のFujirebio Europe N.V.(CEO: Christiaan De Wilde、所在地:ベルギー ヘント)は、このたび、全自動化学発光酵素免疫測定システムである「ルミパルス G1200」および「ルミパルス G600Ⅱ」で使用する、血漿中の181位リン酸化タウ蛋白を測定する検査試薬(以下「本試薬」)開発のために、Alzheimer's Drug Discovery Foundation " https://www.alzdiscovery.org/research-and-grants/diagnostics-accelerator "(以下「ADDF」)から資金援助を受ける契約をADDFと締結しましたのでお知らせします。

 181位リン酸化タウ蛋白は、アルツハイマー病との関連が指摘されているバイオマーカーのひとつであり、現在、脳脊髄液中の同蛋白を測定する「ルミパルス G1200」および「ルミパルス G600Ⅱ」専用の検査試薬が発売されています。全自動測定システムを用いた本試薬の開発に成功した場合、血漿中の同蛋白の測定がより簡便となることが期待されます。

 富士レビオグループは、本試薬の開発を加速させるとともに、幅広く血液を用いた認知症バイオマーカーの開発に取り組んでまいります。

以上
本件に関するお問合わせ先
<メディア関連の方>
 広報/サステナビリティ部 広報課  TEL:03-6279-0884 e-mail:pr@hugp.com
<投資家・アナリストの方>
 IR/SR部 TEL:03-5909-3337 e-mail:ir@hugp.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
H.U.グループホールディングス株式会社
ホームページ
https://www.hugp.com/
代表者
竹内 成和
資本金
9,113,000,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒163-0408 東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル8F
連絡先
03-5909-3335

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所