ハッピーセット(R)の購入で病気と闘う子供とその家族の支援につながる 「家族の日」、11月21日(日)「マックハッピーデー」 実施!

マックフライポテト(R)Lサイズ募金付きクーポンもご用意、さらに広がる支援の輪


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、重い病気と闘う子供とその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」支援を目的としたチャリティ活動「マックハッピーデー」を11月21日(日)に全国のマクドナルド店舗にて実施いたします。

「マックハッピーデー」は、全国のマクドナルドでハッピーセットのご購入1つにつき50円を、マクドナルド※1が「ドナルド・マクドナルド・ハウス(以下、DMH)」を運営するドナルド・マクドナルド・ハウス財団(以下、DMHC)に寄付させていただくチャリティ活動です。今年は、マックフライポテトLサイズ200円(190円+10円募金)※2もマクドナルド公式アプリで配信いたします。
また、11月21日(日)の「マックハッピーデー」と同日に、DMHC支援を目的とした「チャリティラン&ウォーク※3」(チャリティリレーラン実行委員会主催)が開催されます。当日は、キャンペーン全体をDMHCのテーマカラーである"ブルー"で統一し、店舗・お客様・チャリティラン&ウォーク参加者の方たちの病気と闘う子供とその家族のための想いをつなげる活動にしてまいります。ぜひ多くの皆さまに、共に助け合うより良い社会を目指す本チャリティ活動へのご理解ご賛同をいただき、ご参加をお願いできますと幸いです。

日本マクドナルドでは、2017年より全国のマクドナルドで「マックハッピーデー」を実施しており、今年で5回目となります。昨年も多くの皆さまにご参加をいただき、募金総額62,614,993円※4を寄付させていただくことができました。
しかし、長引く新型コロナウイルス感染症が、入院中の子供たちを取り巻く環境にも大きな影響を与えています。感染対策のために家族の面会も制限され、日々不安な思いを抱きながら病気と闘う子供たちと、付き添う時間を奪われているご家族がいます。このような状況下で、さらにハウスの存在意義は高まっています。ご家族が一緒に過ごし、笑顔になれる時間を増やすため、マクドナルドは引き続きDMHC支援を行ってまいります。

マクドナルドが社会貢献において一番大事にしていること。それは、未来を担うすべての子供たちが笑顔になること。その一環として“病気と闘う子供たちの笑顔”を支援しています。マクドナルドではこれからも、より豊かなお食事の時間を過ごしていただける商品のご提供とともに、このような活動を通して社会に貢献する取り組みを進めてまいります。

※1 日本マクドナルド(株)またはマクドナルドフランチャイズ法人
※2 マックフライポテトLサイズ募金付きクーポンを使用し、マックフライポテトLサイズお買い上げ1つにつき10円をマクドナルドが「ドナルド・マクドナルド・ハウス財団」に寄付。11月21日(日)14:00以降使用可能なクーポン。
※3 「チャリティラン&ウォーク」への参加募集は締め切っております。
※4 日本マクドナルド(株)またはマクドナルドフランチャイズ法人からの寄付と、お客様からお寄せいただいたキャンペーン期間中(2020年11月1日(日)〜11月30日(月)30日間)の募金を合わせた総額です。

本件に関するお問合わせ先
マクドナルド公式ホームページ https://www.mcdonalds.co.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本マクドナルド株式会社
ホームページ
http://www.mcdonalds.co.jp/
代表者
日色 保
資本金
10,000 万円
上場
JASDAQ
所在地
〒163-1339 東京都東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー
連絡先
0120-010-916

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所