東洋大学がIRシンポジウム「リカレント教育の可能性」をオンライン開催。【無料/申込受付中】



東洋大学(東京都文京区/学長:矢口悦子)IR室は、2021年11月6日(土)に「リカレント教育の可能性」と題し、IRシンポジウムをオンラインにて開催します。現代社会のリカレント教育への要求はどこにあるのか、それに対して大学はどのような対応が可能なのか、またそれを実現するには何を必要するのか。いくつかの観点から論じてまいります。受講料は無料で、申込みは本文記載のフォームから受付中。




●リカレント教育の可能性
人生100 年時代、society5.0の到来による社会の変化を踏まえて、社会人を対象とする大学・大学院教育の重要性が指摘されてきました。これまでの東洋大学の歩みを顧みると、創立者・井上円了の目指した「余資なく、優暇なき者」のための「社会教育」と「開かれた大学」の理念を継承した様々な取り組みにより、日本の社会人教育の一翼を担ってまいりました。他方で、現代社会の社会人教育への要求は大きく変化しつつあります。大学・大学院教育において遠隔授業が普及する一方で、履修証明制度が本格化するなど、制度面での整備も進んでいます。その中で現代社会のリカレント教育への要求はどこにあるのか、それに対して大学はどのような対応が可能なのか、またそれを実現するには何を必要するのか。いくつかの観点から論じてまいります。


〔開催日時〕
2021年11月6日(土) 13:30~16:30

〔参加方法〕
本学公式Webサイト内のシンポジウム特設ページよりご視聴いただくオンライン開催になります。
下記URL(申込みフォーム)からお申込みください。
https://forms.gle/p6UBPqBkJa6ksY35A
参加費無料、どなたでもご参加いただけます。接続先情報は申込時にご登録いただいたメールアドレス宛にお送りします。
【申込期限:2021年11月3日(水)】


〔プログラム〕
・13:30~14:00 開会挨拶・講演
 東洋大学のリカレント教育とその課題
 矢口 悦子(東洋大学 学長・IR室長・文学部教授)

・14:00~14:30 基調講演
 リカレント教育の新局面
 金子 元久氏(筑波大学 特命教授、東京大学 名誉教授)

・14:30~14:35 休憩

・14:35~15:10 講演3
 産学連携によるリカレント教育の推進
 長谷川 知子氏(一般社団法人日本経済団体連合会 常務理事)

・15:10~15:35 講演4
 「実践知」を伝える東京電機大学のリカレント教育
 佐藤 太一氏(東京電機大学 学長補佐・工学部先端機械工学科教授)

・15:35~16:00 講演5
 学生調査からみた東洋大学の夜間部教育の意義
 劉 文君(東洋大学 IR室 教授)

・16:00~16:30 パネルディスカッション
 パネリスト:矢口 悦子、金子 元久氏、佐藤 太一氏、劉 文君


▼本シンポジウム掲載情報(東洋大学公式Webサイト)
 https://www.toyo.ac.jp/about/ir/symposium/

▼本シンポジウムに関する問い合わせ先
 東洋大学 IR室
 Mail: mlfdjimu@toyo.jp

▼報道関係の方による取材の問い合わせ先
 東洋大学総務部広報課
 TEL: 03-3945-7571
 Mail: mlkoho@toyo.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
東洋大学
ホームページ
http://www.toyo.ac.jp/
代表者
矢口 悦子
上場
未上場
所在地
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所