ヘルスケア産業の台日協力を推進する最良のプラットフォーム 11月2日「台湾シルバー&ヘルスケア産業オンライン商談会」開催

〜 オンラインで台湾サプライヤーと直接顔を見て商談 〜

台湾貿易センターは、2021年11月2日(火)に「台湾シルバー&ヘルスケア産業オンライン商談会」に開催いたします。商談会にはシルバーケアやヘルスケア関連の商品やソリューションを提供する台湾企業が数多く参加します。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今後最も期待される産業の一つとなっているバイオ医薬産業や、医療とヘルスケアの融合によって構築されるビッグヘルス産業など、いままさに成長を遂げている分野の台湾の優良企業とオンラインで商談が行えます。

日本の高齢化率は世界第2位で、国民の平均年齢は年々上昇しています。これに加えて新型コロナウイルスが高齢人口に与える高いリスクが、シルバーケアやヘルスケアの大きなニーズを生み出しています。この商談会を通して、ヘルスケア産業の分野で台湾と日本の協力関係をより深めたいと願っています。ヘルスケア産業で台湾企業と協力することに興味をお持ちの日本の皆様のご参加を心よりお待ちしています。台湾と手を携えて、無限の商機を持つビッグヘルス市場を開拓しましょう!


◆台湾シルバー&ヘルスケア産業オンライン商談会 開催概要
メイン商談日:2021年11月2日(火)

※上記日程が難しい場合は、2021年10月18日(月)~11月12日(金)間でご都合のよい日程にて調整いたします。
言語:日本語
場所:ご自宅または御社
製品一覧:https://taiwan-pavilion.com/ElderlycareJP
お申し込み:https://taitra.surveycake.biz/s/RWl6e

※参加無料・事前登録必須となります。上記リンクより事前申し込みをお願いします。


今回の商談会に参加するのは、いずれも台湾を代表する企業です。ご紹介する商品は主に、介護施設での使用を想定したプロフェショナル用製品と、個人用にカスタマイズされた在宅医療用品の大きく2つに分けることができます。
目玉となるのは華碩(ASUS)が提供するポータブルエコーとウォッチ型活動量計や、美思(COGNITO HEALTH)のスマート介護ベッドシステム、医揚(ONYX)の医療用パソコンとモニター、元皓のデジタル補聴器、台同(TAITUNG)の医療用ストレッチャー、海麦斯(HI-MAX)の昇降式介護テーブル、今茂(JIMMAO)の空気清浄機などです。

以下に主な参加企業をご紹介します。

#華碩 (ASUS)
https://iot.asus.com/industries/healthcare/
世界的に有名なハイテク企業です。電子製品のソフトウエア及びハードウエアの生産で盤石な基礎を築き上げた後、医療製品の研究・開発に参入しました。最新の軽量化ポータブルエコーは万全の機能を持ちながら操作が簡単で、場所を選ばずどこでも使用でき、直ちにエコー検査を行うことができます。

#美思科技 (COGNITO HEALTH)
https://www.cognitohealth.com/
 

台湾の医療産業を代表するスタートアップです。自社開発したアルゴリズムによって構築したスマート介護ベッドシステムは、介護者がベッドから転落したり、床ずれができたりするのを予防することができ、患者の安全を高めると同時に、医療スタッフがリモートでも監視・管理するのに便利な商品です。この商品はすでに米国、台湾の医療機関や介護施設などで導入されています。


#医揚科技(ONYX)
http://www.onyx-healthcare.com/index_en.php

台湾の有名な医療用パソコンメーカーです。海外の著名な医療ハード機器大手を多く顧客に持ちます。自社ブランドのハイスペック医療用パソコンとモニターは、マルチタッチ式パネルを搭載し、簡単に操作することができます。複雑な作業を簡素化し、遠隔監視と医療介護管理をサポートします。また、AI医療に応用することも可能です。


#海麦斯 (HI-MAX)
https://jp.hi-max.com.tw/index.php

HI-MAXは、数十年以上にわたる機構設計及び生産の経験を持ち、デザインの良い製品や、家具に関するプロフェッショナルソリューションを提供しております。高品質な家具は見た目だけでなく、構造設計、機能性などもとても重要なことです。昇降可能な介護テーブルは、使用する人と環境の空間を考慮して開発された便利な介護家具です。
滲出液を吸収して白色に変化してゲルを形成し、痂皮を作らずに湿潤環境を保つことができます。


#元皓 (DIGISINE ENERGYTECH)
https://www.digisineproducts.com/ja/
 

イノベーティブな商品開発を専門に行う企業です。同社が生産する補聴器は、音声をデジタル化して複雑な信号処理を行うもので、音質がクリアになり、操作も簡単です。雑音を低減するノイズリダクションの機能が、使用上の快適度を向上させています。


─────────────────────────────────────────────
中華民国経済部国際貿易局について
─────────────────────────────────────────────
中華民国経済部(日本の経済産業省に相当)の国際貿易局(BOFT)は外国貿易と経済協力に関連する政策と規定の実施を担っています。1969年1月に設立されたBOFTの役割と位置づけは、変化し続ける世界の経済と貿易環境のニーズを満たすべく定期的に調整されてきました。BOFTは国内外における数々の貿易関連プロモーションプロジェクト・イベントにおいて中華民国対外貿易発展協会(日本での名称は台湾貿易センター、略称TAITRA)を指導し、協力しています。数十年に渡りTAITRAと緊密な連携を保っているBOFTは、ビジネス、貿易及び投資に関連する重要な政府プロジェクトを今後も引き続きTAITRAに委託し、あらゆる面から台湾の海外プロモーションを行っていきます。

─────────────────────────────────────────────
台湾貿易センター(TAITRA)について
─────────────────────────────────────────────
1970年に台湾の対外貿易促進を目的に、台湾政府と業界団体の支援により設立された非営利団体です。本部は台北にあり、台湾国内5箇所の事務所(桃園、新竹、台中、台南、高雄)と世界各地にある63の海外事務所をネットワーク化し、総勢1,300名以上のスタッフが台湾企業の国際競争力の強化、海外企業のビジネスマッチング、世界市場への進出をサポートしています。TAITRAは毎年、台湾で年間約40の国際専門見本市を主催する他、TWTC台北国際展示ホール、TWTC南港国際展示ホール、TICC台北国際会議センターなどの施設を運営しています。1973年に東京で日本事務所を設立以来、台日パートナーシップの強化を目指し、数多くの見本市へ出展するなど、日本・台湾間の貿易振興を図っております。また日本企業に対し、台湾からの調達及び台湾への投資、台湾で開催される国際専門見本市への参観及び出展誘致などを行っております。現在、台湾貿易センターは日本国内に3箇所の事務所(東京、大阪、福岡)を設けております。https://fukuoka.taiwantrade.com/

本件に関するお問合わせ先
台湾貿易センター福岡事務所(Taiwan Trade Center, Fukuoka)担当:池内
TEL:092-472-7461 / FAX:092-472-7463
E-mail:fukuoka@taitra.org.tw

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
台湾貿易センター
ホームページ
https://tokyo.taiwantrade.com/
代表者
黄 志芳
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-10澤田麹町ビル3階
連絡先
03-3514-4700

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所