KOSE×ドン・キホーテ 『ヴィセ』 魔法のトーンアップパウダーを ドン・キホーテで限定発売

 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)と株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:吉田 直樹)は、両社による共同企画品のフェイスパウダー「ヴィセ リシェ トーンアップ ルースパウダー」(1品目1品種、ドン・キホーテ販売価格 税抜1,350円・税込1,485円)を、2021年8月21日より全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で発売します。

 両社の共同企画品としては第二弾となる「ヴィセ リシェ トーンアップ ルースパウダー」は、ベースメイクの仕上げや化粧直しに使用するだけで、肌を瞬時にトーンアップします。さらに、毛穴や凹凸をカバーし、透明感あふれる“生ツヤ肌”を叶える、ルースタイプ※1のフェイスパウダーです。若い世代のトレンドメイクをリードしてきたメイクアップブランド『ヴィセ』が、ドン・キホーテで化粧品を購入されているお客さまのニーズをもとに開発した、ドン・キホーテ限定発売商品です。
※1 プレスをした固形のタイプではなく、サラサラとした粉状のタイプ

 コロナ禍に伴う外出機会の減少などの生活様式の変化から、ベースメイクの方法は多様化傾向にあり、「化粧下地とフェイスパウダーだけ」など最低限のアイテムのみで簡単に仕上げる使用法も増えています。また、マスク着用の常態化によって、肌とマスクの摩擦に起因するくすみや乾燥に対処したいというニーズも高まっています。このようなニーズに応えるこの商品は、「トーンアップパウダー※2」、「毛穴カバーパウダー※3」、「美容液成分(保湿)※4」を配合しており、肌をワントーンアップさせ、毛穴を綺麗にカバーし、乾燥感のないしっとりなめらかな感触の肌に仕上げます。容器のデザインはルースパウダーのカラーとマッチする淡いラベンダー色を使用し、“魔法の軌跡のように”輝くグラフィックをデザイン。商品の世界観を効果的に伝え、より一層お楽しみいただけるよう、包装パッケージ[t1]にはユニコーンカラーをベースに容器と同じ輝くモチーフをちりばめました。
※2 ナイロン―12  ※3 シリカ  ※4 コラーゲン・スクワラン

 この共同企画品の第一弾としては、『ファシオ』より皮脂・テカリをコントロールするフェイスパウダー「ファシオ ノーセバム ミネラル ルースパウダー」を2020年4月16日に限定発売しています。商品デザインの可愛らしさ、塗布したときの肌のさらりとした感触と、メイクアップ効果の持ちのよさが多くのお客さまより支持されました。
 一方『ヴィセ』においては、トーンアップした明るい肌を叶える化粧下地「ヴィセ リシェ トーンアップ プライマー」が、2020年2月の発売以降、その顧客層を中心に高い支持を獲得していることから、ドン・キホーテのお客さまのニーズに応え、下地と合わせて使いやすいフェイスパウダーを限定発売することで、ドン・キホーテへの来客増加と新規顧客のさらなる獲得、『ヴィセ』愛用者の拡大を目指します。

◇ヴィセ ブランドサイト https://www.kose.co.jp/visee/


2021年8月21日発売  
『ヴィセ』 新商品 (1品目1品種)

商品名:ヴィセ リシェ トーンアップ ルースパウダー〈美容おしろい〉
【ドン・キホーテ限定発売】
特長:繊細な輝きのラベンダーカラーのヴェールで、瞬時に肌をトーンアップ。毛穴や凹凸をナチュラルにカバーし、透明感あふれる、“生ツヤ肌”が続きます。
容量:5g
ドン・キホーテ販売価格:税抜1,350円 税込1,485円


(参考資料:ヴィセリシェ トーンアッププライマー)
商品名:ヴィセ リシェ トーンアップ プライマー〈化粧下地〉
2020年2月16日発売
特長:つけた瞬間から明るく、毛穴のない透明感のある明るい肌に仕上げます。
容量:30g
参考小売価格:税抜1,000円 税込1,100円


※お客さまからの商品に関するお問い合わせは、株式会社コーセーお客様相談室0120-763-328でお受けしています。
本件に関するお問合わせ先
■報道関係の方からのお問合せ先 
株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス 広報室
【電話】0587-24-8011 【E-mail】pr@ppih.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
(株)PPIH
ホームページ
 
代表者
吉田 直樹
資本金
2,300,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒153-0042 東京都東京都目黒区青葉台2-19-10
連絡先
03-5725-7532

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所