クアンタム社、監視ワークロード向けハイパーコンバージド・インフラストラクチャのマーケット・リーダーであるPivot3の監視ポートフォリオ部門を買収

今回の買収により、クアンタムのグローバルな顧客基盤と市場展開を拡大すると同時に、ビデオ監視、エコシステム・ソリューション、分析アプリケーションに関する優れた技術者を獲得

Quantum Corporation(NASDAQ:QMCO)及び日本クアンタムストレージ株式会社(東京都港区、カントリーマネージャ:瀧口昭彦、以下クアンタム社)は本日、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)のパイオニアであり、セキュリティおよび監視市場向けインテリジェント・ソフトウェア・ソリューションのリーディング・カンパニーであるPivot3のビデオ監視ポートフォリオ部門の買収に合意したことを発表しました。この買収により、ビデオ監視アプライアンス、ネットワーク・ビデオ・レコーダー(NVR)、管理アプリケーションの多様なポートフォリオ、およびスケールアウト・ハイパーコンバージド・ソフトウェアプラットフォームを取得し、これらすべてをQuantum VS-Series製品ポートフォリオの製品として提供することになります。クアンタムの現在のNVRサーバー群、StorNext™ファイル・システム、ActiveScale™オブジェクト・ストレージに、Pivot3の製品が追加されたことで、小規模から数ペタバイトの展開に及ぶ包括的な監視およびセキュリティ製品のポートフォリオが完成します。

会長兼CEOのJamie Lernerは次のように述べています。「監視カメラは地球上で最大のデータ生成元であり、Pivot3は他社に先駆けて監視記録にハイパーコンバージド・ソフトウェアを使用することにより、この分野のリーディング・カンパニーとしての地位を確立しました。この度の買収は、クアンタムの変革における大きな一歩であり、数十億ドル規模のビデオ監視市場における重要プレーヤーとしての地位を確固たるものにし、グローバルな顧客基盤、販売チャネル、監視産業に特化した技術的専門知識を拡大するものです。」

<買収の概要>
  • 買収価格は現金および株式で合計約890万ドルです。
  • 買収により2022年会計年度の残りの期間を通じてEBITDAはわずかに増加すると予測されています。
  • Quantum VS-Seriesシリーズのポートフォリオで提供されるハードウェアおよびソフトウェア製品によりビデオ監視ポートフォリオを拡張します。
  • ビデオ監視市場における品質、ワールドクラスのサービスとサポート、成熟したサプライ・チェーンに対する定評に基づく買収です。
  • 分散ストレージ、データ配置、イレイジャー・コーディング、ストレージのサービス品質に関する中核的な知的財産を取得することになります。
  • 空港、公共交通機関、カジノ、教育機関、スマートシティーなど、世界で最も要求の厳しいミッション・クリティカルな展開を行っている500社を超える監視製品の顧客基盤を新たに獲得し、グローバルな顧客基盤を拡大します。
  • エンジニアリング部門、製品部門、販売部門に、ビデオ監視ソリューションに関する深い専門知識を持つ優れた従業員を追加します。
Lernerは次のように付け加えています。「Pivot3の監視製品の顧客とパートナーをクアンタムに迎えることをうれしく思います。弊社は、顧客とパートナーがこの度の製品移管を通じて優れたサービスとサポートを確実に受けられるようにすることをお約束します。また、実績あるPivot3製品群とクアンタムの知的財産およびビデオの専門知識に基づく、革新的で魅力的なロードマップを計画しています。このロードマップを共有できることをうれしく思います。今週のISC West(米国・ラスベガスにて開催)をスタートとし、数日から数週間のうちにお知らせすることとなります。」

クアンタムのストラテジック・マーケット営業部門バイス・プレジデントのCurt Wittichは、次のように述べています。「弊社では、最初のキャプチャから期限切れまで、ビデオ監視データのライフサイクル全体を管理することが極めて重要であると考えており、Pivot3をクアンタムのポートフォリオに追加することで、あらゆる規模と範囲のセキュリティ・プロジェクトに対応する弊社の能力が拡張されます。従来、監視にはプライマリ・ビデオ・ストレージのみに対応する「汎用的」な製品が使用されていましたが、カメラの高画質化と保存期間の長期化に伴い、ビデオのライフサイクルのさまざまな段階に応じて異なるソリューションが求められています。これらのソリューションは、エントリーレベルのVMSサーバーから、数ペタバイトを数年間保管するためのクラウドやテープ・ストレージにまで及びます。クアンタムのポートフォリオはライフサイクル全体をカバーし、最適なビデオ配置、アクセシビリティ、コスト効率を実現します。」

クアンタムに入社する新規従業員は、ジェネラル・マネージャーのRoss Fujiiが率いるストラテジック・マーケット・ビジネス・ユニットの指揮下に置かれます。営業はCurt Wittichが担当します。

買収は慣習的な終了条件に従い、両当事者は2021年7月22日までの完了を予定しています。

<その他資料>
クアンタムのビデオ監視ポートフォリオの詳細については、VS-Seriesポートフォリオのページhttps://www.quantum.com/ja/products/video-surveillance/ をご覧ください。

Quantum VS-HCI Series(旧Pivot3 Surveillance Series)の詳細については、VS-HCI Series製品ページhttps://www.quantum.com/en/products/video-surveillance/vs-hci/ をご覧ください。


クアンタム社について
クアンタム社の技術とサービスは、お客様のデジタル・コンテンツのキャプチャ、作成、共有を支援し、且つ長期に渡って保存および保護します。データ・ライフサイクルのあらゆる段階に最適なソリューションを搭載したクアンタム社のプラットフォームは、高解像度ビデオ、画像、産業用IoTに、最速のパフォーマンスをご提供いたします。これが、世界中の大手エンターテインメント企業、プロスポーツチーム、研究機関、政府機関、大企業、クラウド・プロバイダーがクアンタム社のソリューションで世界を幸福に、安全に、スマートにしている理由です。詳細はhttps://www.quantum.com/jp を是非ご覧ください。
本件に関するお問合わせ先
日本クアンタムストレージ株式会社(https://www.quantum.com/jp/
email: japan_info@quantum.com
Tel: 03-6890-3038(代表)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本クアンタムストレージ株式会社
ホームページ
https://www.quantum.com/JP/
代表者
マクドナルド・ グレゴリー・ジェー
資本金
4,000 万円
上場
海外市場
所在地
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7赤坂Kタワー4階
連絡先
03-6890-3038

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所