MaxLinear社の線形化とCree社のGaN SiCパワーアンプ上の組み合わせで、新しい超広帯域5Gに効率的に電力を供給

新しいGaN on SiC線形化ソリューションにより、5G基地局はモバイルユーザー向けのより高速なデータ通信をサポートできるようになります

カリフォルニア州カールスバッド/ノースカロライナ州ダーラム -Media OutReach-2021年7月14日 –MaxLinear, Inc.(https://www.maxlinear.com/ ) (NYSE:MXL)、無線周波数(RF)、アナログ、デジタル、および混合信号集積回路の大手プロバイダー、およびCree, Inc.(NASDAQ:CREE)、Wolfspeedの事業を通じてシリコンカーバイド(SiC)技術の世界的リーダーであるCREEは、MaxLinear社の超広帯域線形化ソリューション(MaxLin)とCree社のWolfspeed(R)窒化ガリウム(GaN)をSiCミッドバンドパワーアンプに組み合わせた際の画期的なパフォーマンスを発表しました。新しいソリューションは、5G基地局のワイヤレス容量を増やし、より多くのユーザーを同時にサポートし、データ送信の速度を向上させます。


効果的な線形化を備えたSiC on GaNは電力、熱、コストの大幅な削減により、より効率的なワイヤレス伝送によって5Gの展開を加速します。Cree社の高効率GaN on SiCパワーアンプとMaxLinear社によって実装された非常に効果的な線形化ソリューションを組み合わせることによる電力節約は、5Gが必要とする大規模MIMO無線では数百ワットの節約につながります。

「当社のGaN on SiCパワーアンプは、新しくリリースされた5Gスペクトルで、非常に小さなフォームファクタで非常に広い瞬間帯域幅で高効率を実現するように設計されています。」Cree | WolfspeedのRF担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるGerhard Wolf氏は,「MaxLinear社のソリューションと連携することで、このテクノロジーは卓越した直線性パフォーマンスを達成する大きな前進となり、ワイヤレスプロバイダーは優れたパフォーマンスとサービスをモバイルユーザーに提供することができます。」

新しいソリューションは、業界の大きな課題に取り組んでいます。合理的なサイズ、重量、電力を維持しながら、64x64や32x32などの5G大規模MIMOアレイを備えた無線ユニットを実装することです。新5Gスペクトルは、より高い搬送周波数とより広い帯域幅を備えており、無線ユニットの高い電力効率を達成することはより困難になります。

MaxLinear社WirelessTechnologies&IPのバイスプレジデントであるHelen Kim氏は、次のように述べています。「当社は5G無線の大きな課題を解決しようとしています。お客様にコストと電力を相応に増やすことなく、ミッドバンド5G容量を提供する方法を見つける必要があります。当社の広帯域で電力効率の高い線形化ソリューションと低電力400MHzトランシーバーは、大規模MIMOアレイによって放散される熱を大幅に削減し、スリムで低コストな無線ソリューションを実現します。」

MaxLinear社のソリューションであるGaN on SiCを使用すると、米国の5Gスペクトル(3.7〜3.98 GHz)をサポートする280 MHzチャネルと、アジア・欧州の5Gミッドバンドスペクトル(3.4〜3.8 GHz)をサポートする400MHzチャネルの画期的な線形化パフォーマンスが実現します。Cree社のWS1A3940パワーアンプは瞬間帯域幅280MHz、平均出力電力39.5dBmで約50%の効率を達成し、MaxLinear社のMxL1600トランシーバーは983MSPSのサンプリングレートを提供し、MaxLinは線形性を> 20dB改善して、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP)および連邦通信委員会(FCC)の要件に余裕を持って上回ります。MaxLinは、Wolfspeed WS1A3640パワーアンプにより、400MHzの瞬間帯域幅で20dBを超える線形化の改善も示しています。

Cree社のWS1A3940およびWS1A3640 GaN on SiCパワーアンプモジュール、MaxLinear社のMxL15xxおよびMxL16xx 400MHzトランシーバー、MaxLinear社のMaxLin線形化テクノロジーは、従来のRANイノベーションとOpen RANイノベーションの両方を可能にするソリューションです。

Cree社の詳細について| Wolfspeed社とその製品については、https://www.wolfspeed.com/ をクリックするとご覧いただけます。MaxLinear社とその製品の詳細については、https://www.maxlinear.com/ をクリックするとご覧いただけます。

MaxLinear, Incについて
MaxLinear, Inc.(NYSE:MXL)は、接続性とアクセス、有線および無線インフラストラクチャ、産業およびマルチマーケットアプリケーション向けの無線周波数(RF)、アナログ、デジタル、および混合信号集積回路の大手プロバイダーです。MaxLinear社は、カリフォルニア州カールスバッドに本社を置いています。詳細については、https://www.maxlinear.com/ をご覧ください。

MxLおよびMaxLinearのロゴは、MaxLinear, Inc.の登録商標です。本書に記載されているその他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。

Cree, Incについて:
当社は30年以上に渡り、世界のシリコンカーバイド(SiC)技術及び製品の先駆者として、シリコンからSiCへの世界的な移行を牽引してきました。お客様はWolfspeed(R)製品ポートフォリオを利用して電気自動車、高速充電、5G、パワーサプライ、再生可能エネルギーと貯蔵、航空宇宙及び防衛関連のより効率的で持続可能な未来をサポートする画期的なテクノロジーソリューションを実現しています。当社は世界の半導体業界の中心を担い、テクノロジーの大きな変化を牽引していきます。同社の製品および会社情報については https://www.wolfspeed.com/ をご覧ください。

Cree(R)およびWolfspeed(R)は、Cree,Inc.の登録商標です。
本件に関するお問合わせ先
Karrie Lee
Techworks Asia Ltd
Email: karrie@techworksasia.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Wolfspeed
ホームページ
https://www.wolfspeed.com/

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所