SCIEX 新しい高分解能質量分析装置  ZenoTOF 7600システムを発表

新しいイオンフラグメンテーションと感度の向上により、ライフサイエンス研究およびバイオ医薬品開発に新たな可能性を提供します

June 17, 2021

マサチューセッツ州フラミンガム (2021年6月17日発表)— ライフサイエンス分析技術の世界的リーダーのSCIEXは、新しいLC-MS/MS高分解能質量分析装置であるZenoTOF 7600システムを発表しました。この新しいシステムは、これまでは生成できなかったデータの取得を可能とし、かつてないレベルで分子の同定、特性解析、定量分析を実現します。分析技術上の難題を解決し、新しい精密診断薬およびバイオ医薬品の開発推進を後押しするブレークスルーとなり得ます。

「世界中の科学者たちが抱く野心的な目標に到達するには、イノベーションとして大胆な変化を起こす以外にありません。質量分析におけるこの新しいプラットフォームと発想には、人々の視点を変え、生命に大きな影響を与える力があります」

-SCIEX社長 Joe Foxは述べています。

ZenoTOF 7600システムは、独自のZeno trapとElectron Activated Dissociation(EAD)によるフラグメンテーションを、市販製品として初めて搭載しています。Zeno trap Pulsingにより、直交TOFテクノロジーにおける従来のデューティサイクルの課題を克服し、最大20倍の感度を実現、重要でありながら存在量が少ない分子をルーチンで検出できるようにします。加えて、調節可能なEADフラグメンテーションにより、多種多様な化合物から新たな構造情報を見つけ出し定量化することができます。これは高分解能を利用するだけでは不可能な機能です。

「弊社の既存のワークフローに新たなフラグメンテーション技術を搭載し、かつ同時に感度をさらに高められるという事実は本当に素晴らしいことです。これは、データの生成方法や生物学的知見において大きな変化です」

-ノートルダム大学の准教授 Matt Championは述べています。

比類のない感度とEADフラグメンテーションの組み合わせは、バイオマーカーの発見とバイオ医薬品による治療における限界を、新たな領域まで押し広げます。

病気の発見と治療を進める上で、体内に存在する何千ものタンパク質、脂質、代謝物がどのように調節されて修飾されるかの理解が不可欠です。バイオマーカーとは病気になったときに変化する分子のことで、医師はこれを「炭鉱のカナリア」のような警告システムとして活用しています。これまで、バイオマーカー発見において解明できたことは、ほんの表面的な一部に過ぎません。ZenoTOF 7600システムはより多くの優れたバイオマーカーの発見に役立ち、適切な薬剤を適切な患者にタイムリーに投与するという、真の精密医療(プレシジョン・メディシン)に近づくことを可能にします。

ZenoTOF 7600システムでは、これまでのシステムに比べ最大で40%多くのタンパク質を定量し、5倍のスピードでサンプルを分析することが可能であり、大規模なバイオバンク研究に適しています。さらに、EADがもたらす新たな機能により、タンパク質が翻訳後にどのような修飾を受けるかがわかります。これはバイオマーカー研究において重要ですが困難であった分野です。

「EADの運動エネルギーを正確に調整する能力のおかげで、MS/MSスペクトルが最適化され、最高の定量精度が得られます。Zeno trap pulsingの利用によって感度も大幅に向上したため、翻訳後修飾の特性評価におけるこのアプローチの有用性がさらに高まっています」

-バック研究所の准教授 兼 質量分析センター所長 Birgit Schilling博士は述べています。

ZenoTOF 7600システムはリピドミクスにも変革をもたらし、EADにより、1つのスペクトルから個々の脂質の特性を完全に把握することを可能にします。これにより、これまでは不可能であったがんや炎症性疾患に関連する新しい脂質マーカーの発見を可能とし、個々の分子種を正確に同定・定量したりすることができます。

「私たちはこれまで、脂質分子種の二重結合の位置を特定し、側鎖の正確な位置を把握することはできませんでした。ZenoTOF 7600システムは、リピドームを上流から下流まで完全にプロファイリングできるという点で、本当に重要な進歩であると私は考えています」

-ユタ大学の研究准教授 James Coxは述べています。

生命を救う次世代のバイオ医薬品を迅速かつ安全に市場に送り出すためには、重要品質特性を迅速かつ包括的に分析する必要があります。EADによって初めて、バイオ医薬品の研究者はタンパク質の糖鎖付加パターンを正確に検出・定量すること、およびアミノ酸異性体を識別することができるようになりました。これらはいずれも、治療法が安全で副作用を引き起こさないことを保証するために重要です。

「バイオ医薬品企業の研究者がより複雑で洗練されたバイオ医薬品を開発する際、分析に関する課題もより複雑になります。こうしたバイオ医薬品の特性を日常的かつ正確に解析できるというEADの能力は、研究・開発の流れを変え、患者さんがもっと早くその治療を利用できるようにすることでしょう」

-SCIEX副社長 兼 CE&バイオ医薬品部門統括マネージャー Mani Krishnanは述べています。

ZenoTOF 7600システムの詳細についてはこちらからご覧ください。



SCIEXについて
SCIEXは、分子の精密な検出および定量のソリューションを提供することで、すべての人々の健康と安全を守り、発展させることを支援しています。当社は50年にわたって質量分析の分野をリードしています。1981年に世界で初めて市販化に成功したトリプル四重極装置を発売して以来、生命に影響を与えるような研究と成果を支える、画期的な技術とソリューションを開発してきました。

現在は、ライフサイエンスとテクノロジーの世界的イノベーターであるDanaher(NYSE:DHR)ファミリーの一員として、質量分析装置およびキャピラリー電気泳動装置に関する確固たるソリューションを開拓し続けています。当社のお客様は、環境災害への迅速な対応、疾病関連バイオマーカーのさらなる理解、診療所における患者ケアの改善、関連する医薬品の市場投入の迅速化、そして食品の健康と安全の維持を実現しています。

世界中のライフサイエンス専門家が、信頼できる回答を得て、人々の生命・生活に良い影響を与えるような決断を提示するために、SCIEXを選んでいます。

詳しくはsciex.jpをご覧下さい。



The SCIEX clinical diagnostic portfolio is For In Vitro Diagnostic Use. Rx Only. Product(s) not available in all countries. For information on availability, please contact your local sales representative or refer to www.sciex.com/diagnostics. All other products are For Research Use Only. Not for use in Diagnostic Procedures.

Trademarks and/or registered trademarks mentioned herein, including associated logos, are the property of AB Sciex Pte. Ltd. or their respective owners in the United States and/or certain other countries (see www.sciex.com/trademarks).

© 2021 DH Tech. Dev. Pte. Ltd. RUO-MKT-12-13460-A.
本件に関するお問合わせ先
株式会社エービー・サイエックス
事業戦略推進本部
jp_sales@sciex.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社エービー・サイエックス
ホームページ
https://sciex.jp
代表者
イネス ロ-ウェンスタイン
資本金
9,500 万円
上場
未上場
所在地
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35御殿山トラストタワー 21F

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所