大阪電気通信大学 通信工学科1年次キャリア科目で「タクナル」を導入 -- 自主的な姿勢を身につけるアクティブラーニング



大阪電気通信大学の情報通信工学部 通信工学科では、2019年度から、学生の主体性を育てるために株式会社リアセックの「タクナル」というアクティブラーニングを導入し、8人の全教員が、タクナルのファシリテーター(講師)研修を受けて、1年次キャリア科目の授業を行っています。

タクナルは、ケースメソッドPBL(Project Based Learning)という「実際に起きた事例を教材として、あらゆる事態に適した最善策を討議し、学習者が答えを導き出す」教育・研修プログラムです。




1年次キャリア科目のプロジェクト活動スキル入門の授業では、「無人島に一つだけ何を持っていくか」「おすすめのダイエット方法」などの身近な事柄をテーマに意見交換の練習を行います。イメージがしやすいこともあり、どのチームも各々自分の考えを伝えたり、相手に質問を投げかけるなど、活発に議論が交わされます。授業を通して、議論への抵抗感をなくし、多種多様な意見に耳を傾けることや、積極的な姿勢の大切さを知ることができます。

また、例年全体発表の場では、グループで1枚の模造紙に集まり書き込む形をとっていましたが、今年はコロナ禍の感染防止対策も踏まえ、BYOD(Bring Your Own Device)パソコンを活用して、Googleスライドでの共同作業を導入しました。

Googleスライドを利用することで、一定の距離を保ちながらも、同じファイルを同時に編集することができます。また、グループワークを通してOAスキルの向上にもつながります。
学生らは、企画を考えるために自身のパソコンやスマートフォンを活用して調べものをしたり、自分たちの意見をまとめて読みやすいスライドを作成するなど、積極的にワークに参加しています。

【関連リンク】
大阪電気通信大学 情報通信工学部 通信工学科
https://www.osakac.ac.jp/faculty/information/tcn/

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 大阪電気通信大学
法人事務局 広報部 広報課
住所:大阪府寝屋川市初町18-8
TEL:072-824-3325
FAX:072-824-1141
メール:kouhou@osakac.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大阪電気通信大学
ホームページ
http://www.osakac.ac.jp/
代表者
塩田 邦成
上場
非上場
所在地
〒572-8530 大阪府寝屋川市初町18-8

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所