北陸エリア初出店!ディスカウント型の食料品専門量販店 『食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店』  ~2021年6月30日(水)リニューアルオープン~


 ユニー株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:関口憲司、以下「ユニー」)は、ユニーが運営するオープン型ショッピングモール「アピタタウン金沢ベイ」の核店舗である「ピアゴ金沢ベイ店」(石川県金沢市)を全面改装し、2021年6月30日(水)に、「食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店」としてリニューアルオープンします。「食の殿堂 ユーストア」としては4店舗目、北陸エリアは初出店となります。
「食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店」外観


「食の殿堂 ユーストア」とは
 「ユーストア」は、1977年から2009年までの間、ユニーの当時の子会社が運営していた食品スーパーで、2020年に「食の殿堂 ユーストア」としてリバイバルオープンしました。「食の殿堂 ユーストア」は、食料品に特化し、ユニーが強みとする品質・鮮度にこだわった生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)と、ドン・キホーテの強みである一般加工食品・酒・お菓子を拡充し、徹底的な競合調査に基づいたディスカウント価格の食料品専門量販店です。愛知県にオープンした3店舗は、新たなニューファミリー層の獲得に手応えを得ています。

◆ 「食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店」の特長
面積を約2倍に拡大した精肉売場は、ニューファミリー層向けに商品のバリエーションを増やし、味付け肉や地元ブランド肉を新たに品揃えするほか、大容量パックも豊富に展開します。パン・日配品などの売場も約5割、塩干・鮮魚の売場は約2割拡大し、地域のお客さまのニーズにお応えします。青果売場は、新鮮な野菜を圧倒的なディスカウント価格で提供するほか、地場野菜やこだわりトマトのコーナーを新たに設けます。
このほか、商品仕入・価格設定・陳列・販売に至るまであらゆる権限を委譲されたメイト(アルバイト・パート)が、商品の特長・鮮度の見分け方・調理のコツなどを記載したPOPを商品に付けるとともに、「私が買うならこの値段!」という大胆な価格設定を行うことなどにより、利便性の追求だけでなく、アミューズメント性も追求した店づくりを行ってまいります。

◆コンセプトは「毎日、お買い得感が伝わる居心地の良いお店」
「アピタタウン金沢ベイ」は、物販・飲食・サービス・アミューズメントなどの約40の専門店で構成されており、3km商圏には、10代~40代の若年層・ニューファミリー層と1人世帯が比較的多く住んでいます。そのため、「食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店」は、「毎日、お買い得感が伝わる居心地の良いお店」をコンセプトに、購入頻度の高い食料品の「嬉しい安さ」、他にはない品揃えによる「新しい食の発見」、自由な発想で作られたPOPなどで構成された「楽しい売場」を実現していきます。また、良品質な商品をお求めやすい価格で提供する「廉価良品」の考え方に基づいた価格設定にすることで、従来の主な顧客である主婦層・シニア層はもとより、地域の幅広い世代のお客さまから最も支持される店舗を目指してまいります。

◆ 店舗概要
名   称:食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店
営 業 時 間:午前9時~午後9時
所 在 地:石川県金沢市無量寺四丁目56番地
交   通:公共交通機関/JR北陸本線「金沢駅」から北陸鉄道バスで金沢港クルーズ
             ターミナル行き「無量寺ベイパーク前」下車徒歩約3分
           車/北陸自動車道「金沢西IC」より約10分
            北陸自動車道「金沢東IC」より約10分
開 店 日:2021年6月30日(水)午前9時
売 場 面 積:1,588m2(直営部分)
建 物 構 造:地上1階建
商 品 構 成:食料品、生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)
駐 車 台 数:1,975台 / 駐輪台数:300台 ※アピタタウン金沢ベイ全体の台数です。
※店舗営業は、地域のお客さまに安心してお買い物をしていただくために、感染予防対策を徹底してまいります。

「食の殿堂 ユーストア金沢ベイ店」周辺地図







本件に関するお問合わせ先
■報道関係の方からのお問合せ先 
株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス 広報室
【電話】03-5725-7666 【E-mail】pr@ppih.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
(株)PPIH
ホームページ
 
代表者
吉田 直樹
資本金
2,300,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒153-0042 東京都東京都目黒区青葉台2-19-10
連絡先
03-5725-7532

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所