大谷大学が「2021年度入学宣誓式」、および2021年度入学宣誓式に先駆け昨年実施できなかった「2020年度入学生」のための入学宣誓式も挙行



大谷大学(所在:京都市北区小山上総町)は、2021年度入学宣誓式を4月1日(木)に挙行します。式典は、新型コロナウイルス感染防止対策等を講じたうえで、4部制にて実施します。
また、3月30日(火)には、「2020年度の入学生」を対象にした入学宣誓式も挙行します。
2020年度の入学宣誓式は、新型コロナウイルス感染拡大による影響で実施できなかったことを受け、入学宣誓式を経験していない2020年度入学生をあらためて迎えなおしたい、という意図で実施するものです。




 本学では、2020年度の前期授業はオンラインを中心に実施しましたが、後期授業については、学内で定める感染予防ガイドラインの下、一部を除きすべての授業を対面形式で実施しました。
 原則対面形式で授業を実施したことで、教員と学生、また学生同士が実際に顔と顔を合わせ、同じ空間を共有することで人とのつながりの大切さを改めて認識することができました。

 そのほか、学生自身が主体となる活動として、新入生歓迎実行委員会が主催する新入生歓迎イベント「さくらんぼ」の実施も予定しています。
 2021年度入学生を対象に、大学生活への期待と不安を抱えた新入生同士が集い、入学前に親睦をはかることで不安を解消し、学生生活をスムースにスタートさせることができるよう、レクリエーションや、キャンパスツアーを予定しています。
 また、今後、同じ新入生歓迎実行委員会主催による新入生歓迎祭「若葉祭」の実施も予定しています。

 大谷大学は今後も、徹底した感染防止対策、および人と人との繋がりを大切にした学びの場を提供する、この両立を目指していきます。



 なお、以上の式典・企画につきましては、新型コロナウイルス感染症の状況により内容の変更、または中止とさせていただく場合があります。


■【2021年度入学宣誓式】実施概要
[挙行日] 2021年4月1日(木)

[会 場] 大谷大学 講堂
[概 要]
●第1部 10:30~ 
 文学部 真宗学科、仏教学科、哲学科 
 上記学科の編入学生
 大学院 真宗学専攻、仏教学専攻、哲学専攻

●第2部 12:15~
 文学部 歴史学科、文学科

 上記学科の編入学生
 大学院 仏教文化専攻

●第3部 14:00~
 社会学部 現代社会学科、コミュニティデザイン学科
 上記学科の編入学生

●第4部 15:45~

 教育学部 教育学科初等教育コース、教育学科幼児教育コース
 国際学部 国際文化学科
 上記学科の編入学生
 大学院 国際文化専攻、教育・心理学専攻



■【2020年度入学宣誓式】実施概要
[挙行日] 2021年3月30日(火)

[会 場] 大谷大学 講堂
[概 要]
●第1部 9:30~
 文学部 真宗学科、仏教学科、哲学科、国際文化学科

●第2部 10:30~
 文学部 歴史学科、文学科
 編入学生(全学科)

●第3部 12:30~
 社会学部 現代社会学科、コミュニティデザイン学科

●第4部 14:20~
 教育学部 教育学科初等教育コース、教育学科幼児教育コース
 大学院生(全専攻)

[備 考]
・2020年度新入生諸君へ/木越康学長メッセージ
 http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq0000089lu2.html
・2020年度入学宣誓式/2020年度入学生・第3学年編入生の方へ
 http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq0000089k1p.html


■【新入生歓迎パーティ「さくらんぼ」】実施概要
[開催日] 2021年3月23日(火)13:00~(予定)
[会 場] 大谷大学 西側キャンパス構内
[対象者] 2021年度入試で大谷大学に合格し、入学予定の方。
[備 考] 参加費無料。交通費は自己負担。


▼本件に関する問い合わせ先
企画・入試部 入学センター
後藤智道 山崎浩史
住所:603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8114
FAX:075-411-8160
メール:nyushi-c@sec.otani.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大谷大学
ホームページ
http://www.otani.ac.jp/
代表者
木越 康
上場
未上場
所在地
〒603-8143 京都府京都市北区小山上総町

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所