楽天コミュニケーションズ、フロスト&サリバン「2021ベストプラクティスアワード」を受賞

~「楽天コネクト Storm」 の先進性、成長性、顧客体験に高い評価~

楽天グループのICT事業会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長 CEO:平井 康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)は、「楽天コネクト Storm」において、米国大手リサーチ・コンサルティング会社Frost & Sullivan(本社:米国カルフォルニア州、以下「フロスト&サリバン」)が主催する「2021 ベストプラクティスアワード」の「ジャパン コンタクトセンター・カスタマー・バリュー・リーダーシップ・アワード」を受賞しました。

「ベストプラクティスアワード」とは、グローバルで注目されているさまざまな製品やサービスを対象にフロスト&サリバンが調査を行い、各分野で最も高い評点を獲得した企業に授与しているものです。楽天コミュニケーションズは今回、コンタクトセンターソリューションの分野で、専門知識やAIをはじめとする先端テクノロジーをクラウドを通じて柔軟に提供する「楽天コネクト Storm」の先進性、成長性、顧客体験が総合的に高く評価されました。

楽天コミュニケーションズは
20184月より、エンタープライズ向けの高い信頼性をもち、企業のDXを支えるコンタクトセンタープラットフォーム「楽天コネクト Storm」を提供しています。プラットフォームの汎用性の高さ、電話やメールに加え、チャットなど幅広いコミュニケーション手段に適応するためのオムニチャネル対応と、コンタクトセンターの規模に応じた柔軟な拡張性が特徴です。また、同サービスにおいては、コンタクトセンターの在宅化を支援する「在宅コンタクトセンターパッケージ」の提供を、20206月から開始しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響によりコンタクトセンターの在り方が問われている中、Withコロナ、Afterコロナを見据えた在宅コンタクトセンターの環境構築をサポートしています。

今回の受賞について、審査を行ったフロスト&サリバン
アジア太平洋地域 ICT部門カスタマーコンタクトリサーチ部長、クリシュナ バイディヤ氏は次のように述べています。「楽天コミュニケーションズは、専門知識に基づいたさまざまなニーズに対する深い理解があります。また、同社は、クラウド型コンタクトセンターシステムと通信技術を巧みに組み合わせており、長期に渡り信頼できるワンストップサービス提供事業者といえるでしょう。楽天コミュニケーションズの最先端技術に対する豊富な経験は、顧客への新しい価値提供を可能とし、力強い成長を確固たるものとしています」

楽天コミュニケーションズは今後も、最先端テクノロジーを融合させた革新的なサービスの開発を通じ、顧客のニーズに応じた価値創造を目指してまいります。

【楽天コミュニケーションズ株式会社について】

ビジョン『The New Value Enabler towards our Digital Society』のもと、従来からの固定系通信サービス(IP電話、インターネット接続サービス)に加え、モバイル、クラウドサービスなど今後の『Everything over Digitalization』を見据えたソリューションを提供する楽天グループのICT事業会社です。IP プラットフォーム上での音声やデータ、コンテンツやアプリケーション開発などの新たな可能性を創出すべく、さらなる事業展開の拡大を目指します。
詳細は
https://comm.rakuten.co.jp/をご覧ください

[
リリースに関するお問い合わせ]
楽天コミュニケーションズ株式会社 経営企画部
Email rcomm-pr@mail.rakuten.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
楽天コミュニケーションズ株式会社
ホームページ
http://comm.rakuten.co.jp/
代表者
平井 康文
資本金
200,000 万円
上場
未上場
所在地
〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-14-1楽天クリムゾンハウス
連絡先
0800-600-0000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所